アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「時代劇」のブログ記事

みんなの「時代劇」ブログ

タイトル 日 時
時代劇、此処から先は
時代劇、此処から先はこちらのリンクから辿ってくださいませ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/09 22:46
平清盛「もののけの涙」(2012/03/18放送)
いやぁ、号泣した。 北の方様・明子=加藤あいちゃん。 そして、平田満さん、上川隆也さん、松山ケンイチ君。 もう、めっちゃ、いい、めっちゃいいっすよぉ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/09 22:04
平清盛「義清散る」(2012/03/11放送)
気がついたら、前回から3ヶ月貯まってました。 3ヶ月も間空いてしまうと、すっかり流れを忘れてしまってます。 で、なんか、よう・・・ヤスオウ的にはわからんなぁ〜。 あの時代もそうやし、何が描きたかったんかも。・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/09 22:03
濃姫(2012/03/18放送)
濃姫(2012/03/18放送) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/23 21:09
平清盛「ふたりのはみだし者」(2012/03/04放送)
平清盛「ふたりのはみだし者」(2012/03/04放送) なんやろ、めっちゃおもろい、宮中のいざこざとか。 そんな中出てくるはみ出し者ね、松田翔太君=後白河法皇なんや。 先週の山本耕史君といい、今週の松田翔太君と言い、キャスト豪華やなぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/04 20:48
平清盛「宋銭と内大臣」(2012/02/26放送)
面白いなぁ〜。 前半は、田中麗奈ちゃん。 かわいいし、面白いし、まぁ演出いい感じなんかな? 演出といえば、というか、演出のせいかどうかはともかく、兎丸=加藤浩次さん。 キャラ的にはめっちゃええんやけど、関西弁だけが・・・ですわ。 めちゃイケでも突っ込まれてたけどね。 で、今回、山本耕史君。 実は山本耕史君、お芝居でもドラマでもじっくり観た・視たことないんですよね。 バラエティや、番宣で視る限り、まっちゃええ印象なんで、今回ジックリ楽しく、視たいです。 あ、あと、明子=加藤あいち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/27 23:11
平清盛「光らない君」(2012/02/19放送)
一週遅れてます。 今回のサブタイトル、そっかぁ、そういうことね。 な感じの時子=深キョン、いい感じですわぁ〜 時子の役が、深キョンイメージです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/26 22:15
平清盛「西海の海賊王」(2012/02/12放送)
松山ケンイチ君、いいッス! 海賊船中での闘い、忠盛の前での闘い。 朧月の話も相まって。 そこへねぇ、忠正=豊原功補さんとかもう、めっちゃええ、涙モンでした。 あと、個人的には、麗奈ちゃんと恭子ちゃんが同じお話に出てくるのが、ツボです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 20:31
逃亡者おりん2 第3話(2012/02/04放送)
くノ一二人の下手っぷりが面白かったですよ。 でも演出と違ったら、引くけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/06 23:29
平清盛「海賊討伐」(2012/02/05放送)
テンコ盛りすぎますなぁ〜、面白すぎますなぁ〜 まずは清盛=松山ケンイチ君、義朝=玉木宏君、佐藤義清=藤木直人の3人が合するとこ、ね。 そのあと、平家は西へ、源氏は東へ。 それから、阿部サダちゃん、いい感じやわ〜 他にもね、上川さんとかもう、脇役含め良すぎ!です。 そんななかでも良かったのは、宗子=和久井映見ちゃん。 朝廷の色事との対比において、もう、泣いたよ。 朝廷、歴史は繰り返す、なんかなぁ。 この時代、あんまり知識が無いんで知らん、せやから余計に面白い。 そんな興味あるけど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/05 19:55
平清盛「殿上の闇討ち」(2012/01/29放送)
視聴率がも一つやそうで、面白のにね。 まぁよくあることやけど、「前がいい」と「今が悪くても」いい数字が取れる。 でも、「前が悪い」と「今がよくてもなかなか数字が取れない」らしいです。 ま、それはさておき。 今回はもう、金田明夫さん、中村梅雀さんといった、サブの人たちがめっちゃよかったです。 で、止めが、第一話から思うてましたけど、中井貴一さん。 忠盛と清盛の最後の氷解、いんやぁ〜、ほっこりモンですわ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/31 21:17
逃亡者おりん2 第2話(2012/01/28放送)
望月誠之助君、いいキャラですね。 彼、望月誠之助=渡辺大君、って、渡辺謙さんのお子さんなんですね。 キャラ的にめっちゃいいよ、前の弥十郎とはまた違う、旅の供連ですね。 CM込の30分になってしまったけど、30分できちんと「一話完結」させつつ、次につないでるね、面白いです。 あと、もう、今更ながらですけど、30分になって余計に感じるのが、音楽の良さ、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/29 21:02
水戸黄門「楓に惚れた手筒花火師(吉田)」(2011/09/05放送)
雛形あきこちゃん、かっこええかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/28 19:20
水戸黄門「狙われたもてなしの宿(浜松)」(2011/08/22放送)
今回も・・・泣いたね。 楓、いいよぉ〜。 あの「あ〜レぇ~〜」からの切り返しは面白かった。 千代=寺島咲ちゃんが、魚屋の仙太に駆け落ちを迫るシーンがね、なんとも言えない、たまらんかんじでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/28 19:19
水戸黄門「家族愛にまさる宝なし(藤枝)」(2011/08/15放送)
泣いたね。 よ〜っく思い起こしてみると、時代劇でお百姓が描かれることって少ないのよね。 今回はそんな少ないうちの一回。 ぶっちゃけ、「今の時代に生まれてよかった」って思いますよ。 お里の吉田里琴ちゃんに泣かされたなぁ〜。 って思ってネットで調べたら、過去にも出てたんやね、おなじ「おさと」って役で。 きっと名前の「里琴」の「里」からきてるんやろうね。 予想通り、っていうてもまだまだ子供12歳ですけど、いい女優さんになってほしいです。 ここんとこ水戸黄門では、子役に泣かされっぱなしで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/28 19:18
水戸黄門「海道一のじゃじゃ馬娘(清水)」(2011/08/08放送)
いやぁ、土屋アンナちゃん、めっちゃカッコエエ〜。 そんなかっこええお蝶=土屋アンナちゃんに泣かされたのは当然、あのシーン。 お父つぁん英三郎=平泉成さんが、真実を語ったシーンを隣の部屋で聞いて、号泣してるシーン、ですよ。 もう、めっちゃよかった。 それから、いつもの通りの大立ち回り、ご隠居と格さんの会話にも泣かされましたよ。 いやぁ、よかった! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/28 19:17
平清盛「源平の御曹司」(2012/01/22放送)
嫉妬・挫折・再生、うわぁ〜、めちゃ面白いわ。 男同士の嫉妬ね、女同士の嫉妬、男と女、立場(朝廷と武士)の嫉妬。 それに、「自信と過信」。 そこに、挫折を織りまぜて、まぁ、めっちゃ面白い。 それに、色んな三角関係もあって。 「俗な三角関係」的(例えば「白河法皇・鳥羽上皇・璋子」)なやのうて、朝廷・源氏・平氏、とか、母・自分(清盛)・弟(家盛)とか、清盛・海賊・民、とかね。 なんかもう、めっちゃくっちゃ面白いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/25 02:07
逃亡者おりん2 第1話(2012/01/21放送)
http://www.tv-tokyo.co.jp/orin2/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/22 19:29
平清盛「無頼高平太」(2012/01/15放送)
伊東四朗さんがいい! 普段バラエティとかで視ると、めっちゃええ人やのに今回、めっちゃ悪い、ほんと「妖怪」的で、めっちゃいい。 せやのに先週の吹石一恵ちゃんといい、もうお終い〜、残念。 そして、主役の松山ケンイチ君。 目がいいね。 いや、楽しみですよ、今回の大河は。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/21 23:49
逃亡者おりん 最終章(2012/01/12放送)
逃亡者おりん 最終章 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 23:27
平清盛「ふたりの父」(2012/01/08放送)
(公式サイト) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/08 22:16
水戸黄門「女スリがさがした秘密(三島)」(2011/08/01放送)
この第43部始まって一番の号泣ですよ。 ご老公の怒り、助さん格さんも怒り、弥七親分も、楓も、いやいや、視てるみんなも怒ってますよ! 先々週に続き子役の子(今回は男の子やけど)、出番短いけど、しっかりしてたよ。 でももう、何はともかく、メッチャ良かった〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 21:41
水戸黄門「助が出会った女幽霊(真鶴)」(2011/07/25放送)
志乃の気持ちは、ちょっとヤスオウには分かりませんでした。 いや、分かりたい、っていうか、う〜ん・・・女心は難しいなぁ〜 でも、ラストの助さんと楓の涙は、わかるなぁ〜 その一方で、格さん、面白かった。 幽霊怖いのに、「助さん、言ってやれ」って (*^.^*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 21:40
水戸黄門「名馬が守った父娘の絆(平塚)」(2011/07/18放送)
子役のおこま=熊田聖亜ちゃん、しっかりしてるわぁ〜。 めっちゃ上手やし、涙を誘われたよ。 観てへんねやけど、「さや侍」にもでてたんやね。 それと、お父つぁんの松岡左馬之介=堤大二郎(風間トオルさんの前の、上様・綱吉でしたよね)さんも、怒りで顔を震わすあたりなんか、めっちゃええ演技。 もう、ゲストの名演技に泣かされました〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 21:39
水戸黄門「人情長屋で待つ女(品川)」(2011/07/11放送)
途中の浴衣の話、感動しました〜 英次=永島敏行さん、朴訥とした大工、めっちゃええ。 あんまりこんな感じの永島敏行さん、視たことないです。 その英次との絡みが多かった、弥七親分と楓も、よかった。 ラストの楓の涙、よかった〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 21:38
水戸黄門「家族おもいの武士魂(江戸)」(2011/07/04放送)
水戸黄門 第43部 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 21:37
塚原卜伝「卜伝 見参」(2011/11/13放送)
ここまで面白かったのに、最終回は結構ガッカリでした・・・ あんまりね、否定的なコメントはしない方なんですけど、前回まで面白かっただけに、ちょっと〜、ねぇ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/13 21:26
塚原卜伝「一つの太刀」(2011/11/06放送)
今日での新右衛門と鹿乃=京野ことみちゃん、よかった〜 なんか、こういうの視ると、そっかぁ、せやから時代劇好きなんやぁ〜、って、再認識します。 気がついたら十年ですか〜、鹿乃ももう、年頃過ぎてしもうてるやん。 でもいつからか、新右衛門が心のなかで大きくなってきてたんでしょうね。 せやからこそ、の、鹿乃の別れのときの表情、メッチャよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/10 00:27
江 姫たちの戦国「淀、散る」(2011/11/06放送)
涙、でした。 初、千、サキ、治長、秀頼、淀、秀忠。 もう、みんなの涙が、涙を誘いました。 大坂城内、秀忠の陣、家康の陣、それぞれのドラマ、それぞれの人間関係、メッチャ面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/06 19:32
ハロウィン
最近、ここ数年かなぁ〜、「ハロウィン」、日本でも定着してきた? ま、ヤスオウは「ハロウィン」の楽しみ方を知りませんが、何か? そんな「ハロウィンナイト」、しかも週明け月曜日から早速、遅くまで仕事でしたよ。 とは言え、ちょっと前、ここ数週間前の、自分でも「何やってんにゃろ?」「何か 仕事してる、って気がせぇへん」的なお仕事内容ではなかったから、月曜日やけど、頑張れたぞ〜、エライぞ自分! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/31 23:51
江 姫たちの戦国「大阪冬の陣」(2011/10/30放送)
面白い、けど、話の作りに粗い部分としっかり描かれてる部分にちょっと差があり過ぎます。 というか、大坂はしっかり描かれてるけど、江戸が・・・ というか、もうここまでくると、「江」を主役に置いて一年大河、ってのに無理があった気がします。 「江」でなければね、面白いよ。 向井理君演じる秀忠とか、なかなか面白いもん。 家康=北大路欣也さんも、淀=宮沢りえちゃんも、秀頼も初も幸村も。 やっぱり・・・上野樹里ちゃん、頑張ってるんやと思うけど、江の幼少時代はよかってんけど、ここにきてやっぱ、厳しい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/30 21:32
塚原卜伝「最強の敵」(2011/10/30放送)
ゲストの榎本孝明さん、ごっつええ〜。 まさに「最強の敵」でしたよ。 技と言い、心と言い。 で、来週、いよいよ「一の太刀」、へ繋がるんですね。 いや、面白い! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/30 20:37
塚原卜伝「一拍子の太刀」(2011/10/23放送)
若い卜伝、今まで読んだ本ではあんまり描かれてへんかったんで、凄く面白いです。 武蔵と似てて、でも異なる卜伝。 武蔵は若年の頃、まさに巌流島までがクローズアップされるけど、卜伝は晩年、斗かわんようになってからの方が、クローズアップされてるように感じます。 「勝つ」というより「負けない」。 でもそこに至るまでは、ってことで、若いころの卜伝、気になります。 せやから今回のドラマ、面白いわぁ〜。 今回のサブタイトルは「一拍子の太刀」。 でも有名なんは「一の太刀」、それって今回、えがかれるん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/30 20:36
塚原卜伝「将軍暗殺」(2011/10/16放送)
塚原卜伝を描くだけあって、毎回チャンバラは欠かせません。 やっぱチャンバラは面白い〜っ! でもね、チャンバラだけでなく、ロマンスも描かれそう〜 鹿乃=京野ことみちゃんとの、ね。 こちらも楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/30 20:35
江 姫たちの戦国「親の心」(2011/10/16放送)
最初前半、随分話の展開が雑やなぁ〜、って思いました。 でも、その雑さにも意味があったんやね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/21 00:54
塚原卜伝「御前試合」(2011/10/09放送)
前回はね、堺雅人君のこと書きましたけど、今回は真尋=栗山千明ちゃん。 いやぁ、めちゃくちゃ美人っす。 キル・ビル、思い起こすと衝撃でしたね〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/15 06:33
塚原卜伝「鹿島の太刀」(2011/10/02放送)
面白い〜っ! 昔は全然知りませんでした、「塚原卜伝」って名前。 でも、劇団☆新感線から始まって、昔好きやった女の子に勧められた隆慶一郎さんを読むようになってから、山田風太郎さん、柴田錬三郎さんとかね、色々読み漁っていくうちに、外せへん人物ですよ、塚原卜伝。 上泉伊勢守とかね、愛洲移香斎とかね、ちょっと先では柳生石舟斎とか。 学校で習う日本史にはまず出てこない、歴史上の超有名人ですよ。 特に伝奇モノでは、欠かせませんよ。 卜伝と武蔵、同じ回国修行、同じように「負けなし」、でもそれぞれ違... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/15 06:31
江 姫たちの戦国「運命の対面」(2011/10/09放送)
前回の感想で書いたとこやのに、今回時の流れが早いね。 国松誕生。 しかも、竹千代がね、父母と交われない寂しさがちゃんと描かれてます。 父母ともに国松を相手にしてるのに、竹千代は相手にしてもらえず。 でもって来週・・・ですよね。 一方大阪、秀頼。 二条城での会見、これが良くも悪くも命取り。 あんな聡明な態度で古狸に会っちゃダメだよ〜。 秀吉以上に聡明なだけに、家康に脅威を感じさせちゃうよ〜、ってまぁ、史実らしいので穿っった描き方はでけませんわね。 面白なってきた〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/10 00:05
江 姫たちの戦国「最強の乳母」(2011/10/02放送)
やっぱ、吉俣良さんの音楽、ええわぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/10 00:04
江 姫たちの戦国「千姫の婚礼」(2011/09/25放送)
先週はちょっと・・・ で、OPでキャストに芦田愛菜ちゃんの名前を視て「・・・」って。 天下のNHKがなんか芦田愛菜ちゃん人気に便乗しすぎちゃうん? それやったら、最初のほうでね、茶々役やったの、もっとのばしたらよかったのに〜、とか。 何よりも、まぁ天才子役ですよ、上野樹里ちゃんが完全にかすんでしまいますよね(実際かすんでたし)。 使い方はまぁおいといて、芦田愛菜ちゃん、メッチャさすがです。 ま、その、芦田愛菜ちゃん含め、今週はよかったですわぁ〜 最後(!?)の三姉妹の会合、その後ろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 20:22
江 姫たちの戦国「幻の関ヶ原」(2011/09/11放送)
大津城、京極家での竜興・初がよかったです。 それと、ここに来てやっと、秀忠=向井理君、いい感じが出てきました。 総大将としての悩み、ね。 関ヶ原に間に合いそうにない、笑い、ね。 あれは、めっちゃ面白いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/19 19:13
江 姫たちの戦国「姫の十字架」(2011/09/04放送)
久し振りに面白かったです。 ここ2ヶ月、視てたんですけど、ぶっちゃけあまりにお粗末な感じがしたんで、感想も書いてませんでした。 でも今回は久し振りに、よかったです。 秀忠が総大将に任じられた後の、秀忠とお江。 細川忠興が会津出陣時にガラシャ様にかけた一言は、はじめ「あれ?」って思ったけど、この、今回のドラマのラストへの伏線としてはよかったですよ。 うまいことつながってたし。 ラスト直前の家康もね、秀忠を生かしたい。 「生かしたい」ってのは、文字通り「生きて」ってのと、独り立ちさせる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/13 00:45
劇場版仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル(2011/08/06, 梅田ブ
劇場版仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル(2011/08/06, 梅田ブルク7 シアター6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/07 17:00
江 姫たちの戦国「利休切腹」(2011/06/26放送)
途中までは「話が雑やなぁ・・・」って思うてたけど、秀長の死のあたりから、うん、やっぱり面白い、って思いました。 旭といい、秀長といい、秀吉の肉親への愛情の深さは、やっぱ、いい、です。 大河で描こうとしてることと、おいらが感じてること、ズレてるのかもしれんのですけどね、今まであんまり秀吉って人物像にいい印象を持ってへんかったおいらですけど、この「江」で始めて、印象良くなりました。 「切腹」もね、これはいろんなとこで既に論じられてることらしいんでおいらも知ってるんですけど、武士でもない利休に切... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/29 22:13
JIN − 仁 − 最終章 後編(20110/06/26放送)
最後の最後まで、もう、めっちゃよかった〜 ~\(ToT)/~、大々、大号泣です。 もう、間違いなくおいらてき歴代よかったドラマBEST3 入り、です。 もう、ね、仁先生=大沢たかお君といい、咲=綾瀬はるかちゃんといい、他のみんなもぜぇ〜いん、笑顔がめっちゃイイ。 笑顔だけでなく、もう、喜怒哀楽、表現がめっちゃイイ。 最後現代に戻ってからも、大沢たかお君がめっさよかった! こんなに視てて気持ちのいいドラマは、ひっさしぶりでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/28 00:04
江 姫たちの戦国「人質秀忠」(2011/06/19放送)
江 姫たちの戦国「人質秀忠」(2011/06/19放送) 秀次、秀勝、秀忠、三成、官兵衛、利休といったところの人間関係の伏線が張られてて面白かった今回です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/23 21:00
JIN − 仁 − 最終章 前編(20110/06/19放送)
JIN − 仁 − 最終章 前編(20110/06/19放送) ここんとこ日曜日は、日曜日に「江」視て、月曜日に録画しといた「JIN 」視て、やってんけど、いよいよラストなんで、JIN を先回ししました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/19 22:32
JIN − 仁 − 第九話(20110/06/12放送)
JIN − 仁 − 第九話(20110/06/12放送) やっぱ佐藤隆太君は、笑顔が似合うね。 この「JIN」で、初めて笑顔を視た気がします。 それと、小出恵介君も。 道中咲と仁先生と出会ったとき、あの時の笑顔は最高やね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 23:31
江 姫たちの戦国「父母の肖像」(2011/06/12放送)
今週は、おいら的視方としては、最後の最後、向井くんがすべて持っていったよ。 あんな秀忠は、初めて。 いやぁ、めっちゃ気になる〜っ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/12 20:01
JIN − 仁 − 第八話(20110/06/06放送)
JIN − 仁 − 第八話(20110/06/06放送) 東と西で、新しい命が生まれました、くぅ〜、泣かす、泣かすわぁ〜。 鼻水ジュルジュルです ~\(ToT)/~ もう、お話も、音楽も、アングルも、何もかも、メッチャええ。 視てて、こない力入るかぁ〜、って位、野風の出産シーンは力入ったよ。 肩凝ったよ。 仁と龍馬の友情が素晴らしいよ。 その結果、新しい歴史も生まれたよ。 大政奉還経て、竜馬暗殺まで一ヶ月、こっちの歴史はどうなる? もう、予告編から気になる〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/06 21:34
江 姫たちの戦国「豊臣の妻」(2011/06/05放送)
大竹しのぶさんが、めっさよかった! 秀吉=岸谷五朗さんが、「茶々にややができた」と言うてたシーンの大竹しのぶさんの表情っていうたら、もう、メチャクチャ上手い、としか言いようがないです。 あと、初。 お市の方の遺言守ったね。 姉と妹をつなぐことができるのは、初だけ、やもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/05 19:55
JIN − 仁 − 第七話(20110/05/29放送)
毎回毎回、泣かすわぁ〜。 今週もまたまた号泣ですよ。 龍馬との友情から始まり、龍馬との友情に終わった今回。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/30 22:40
江 姫たちの戦国「茶々の恋」(2011/05/29放送)
宮沢りえちゃんと岸谷五朗さん、めっちゃ、めっちゃいいっ! 田渕久美子さんの本も、いい〜 今回一番のシーンは、秀吉が大坂城にもどってきた際の茶々との再会の場面。 あの時、秀吉が入ってくるのを待ってる茶々の、秀吉が入ってきた瞬間の表情といったら、もう、宮沢りえちゃん、メチャクチャ上手いよっ! サイッコウの表情でした。 そしてラスト、満月バックの二人の抱擁シーン。 ぶちゃいく(なはず)の猿と茶々、まるで義経と静御前のような〜、めっちゃ美しいよ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/29 20:39
JIN − 仁 − 第六話(20110/05/22放送)
早いなぁ〜、もう六話です。 じっくり長く楽しみたいのにね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/23 22:50
江 姫たちの戦国「初の縁談」(2011/05/22放送)
前回もそうでしたが、今回もまぁ、めっちゃ面白い。 茶々が秀吉に会いに行く前に、ちらっと江の寝姿を見る所なんか、なんかこの先の伏線に思えるし。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/22 20:33
JIN − 仁 − 第五話(20110/05/15放送)
「大和屋っ!」 最高の、大向うでしたよ。 ちょっと今までと違うて、JINがこの時代にやってきた理由を問うような話でした。 でも、それは、このドラマだけの話では無いよね。 なんやろなぁ〜、「自分に出来ること」。 自分に「しか」できないこと、と違うて、「自分にできること」。 考えさせられるわぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/21 22:27
江 姫たちの戦国「恋しくて」(2011/05/15放送)
ラスト数分が、もう、メチャクチャ面白いやないですか〜っ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/21 22:25
JIN − 仁 − 第四話(20110/05/08放送)
またまた貯まってます。 で、またまたビデオ録り貯めがモノをいいます。 ま、それは兎も角、やっぱ今回も、号泣です。 面白いわぁ〜。 東(江戸)と西(京)、仁と龍馬、長州と薩摩。 仁と咲・・・これはこれで、気になる。 この気になり方がね、ドラマとはちょっと違って、なんやろなぁ〜、ええ表現が浮かばんねんけど、いいんですよ〜、おいら、好っきゃわぁ〜、せやからこそ、泣かされるわぁ〜。 あと、JIN、firstシリーズからせやねんけど、音楽もいい〜っ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/21 22:24
江 姫たちの戦国「家康の花嫁」(2011/05/08放送)
ここ数週にわたってのネタ振りが効いてきてますね。 かたくなやった茶々=宮沢りえちゃんの心が、少し秀吉に傾きつつあります。 ラストの、江に対して茶々が放った台詞のあのシーン、スローモーションとあそこで流れた音楽が、まぁいい!、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/21 22:23
江 姫たちの戦国「関白秀吉」(2011/05/01放送)
小学生の頃を思い出しました。 小学生、5年生?6年生?忘れたけど、歴史の授業とか、そのころ小学生向けの偉人伝とかで、秀吉のことを知って学んだ時のこと。 その頃の秀吉のイメージは「成り上がり」というより、「努力して出世した人」。 ま実際とのころ、その通りなんですけど、日本人的には「努力」って言葉、好きですもんねぇ〜。 戦国乱世を天下統一した人ですから。 まさに前回、今回のお話は、そんな所を描いてますね。 大人になってから秀吉よりは信長・家康の方が好きになったおいらでも、秀吉の良さを感じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/21 22:22
JIN − 仁 − 第三話(20110/05/01放送)
こういう時は、ビデオ録り貯めがモノをいいます、とは言え・・・ しまったよ、失敗ですわ。 視た後、消してしまってた。 今回の「FINAL 」だけやなし、firstシリーズも、全部残しといたらよかったぁ〜 って思って検索したら、見つけたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/05 22:43
JIN − 仁 − 第ニ話(20110/04/24放送)
あぁ、今回も、泣くわぁ〜、ってか、これから先もずっと泣くんやろなぁ〜。 めっちゃいい、咲=綾瀬はるかちゃんはかわいいし、なんか、この時代劇に合わせて、めっちゃええよっ! いっときでもね、受験するときに医学部って、頭によぎったおいらからすると、おいら的にはやっぱ、医者ならんでよかったなぁ〜て思いますわ。 学校とかの「先生」もせやけど、やっぱり、志がある人でないと、医者とか先生とかは、なったらアカン、って思うもん。 昔、親友がねぇ言ってたことを思い出しました。 あ、話それたけど。 やっぱ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/05 21:12
江 姫たちの戦国「猿の正体」(2011/04/24放送)
面白かったですねぇ〜。 ここまでひょうきんで、かつヒールで描いてた秀吉を、今回ばかりはええように描いてて。 秀吉の周りから描いて、最後、江まで取り込んでしまう、まさに「人たらし」。 この「人たらし」術を描いてるのが、後々の伏線なんでしょうか? だとしたら、ほんとに、面白いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/04 22:32
江 姫たちの戦国「離縁せよ」(2011/04/17放送)
お仕事忙しくて、3週遅れです。 ここ数年の大河、主役より脇の方々にばっかり目がいってました。 今回もそう。 せやけど、今回は初めて、主役の江に目がいきました ラストね、よかった〜、泣かされたぁ〜 秀吉の岸谷五朗さんもよかったけど、江の上野樹里ちゃん、よかったです〜 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/03 23:42
JIN − 仁 − 第一話(20110/04/17放送)
JIN − 仁 − ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/17 23:07
江 姫たちの戦国「花嫁の決意」(2011/04/10放送)
もう、泣ける台詞が散りばめられまくり〜、でした。 先週はね、茶々=宮沢りえちゃんと、秀吉=岸谷五朗さん、って書きましたけど、今週はおいら的にはおね=大竹しのぶさんと、初=水川あさみちゃんでした。 初はねぇ、やっぱりしっかり者の姉と、そうは見えへんけどしっかり者の妹の間で、ともすれば「末っ子」的な感じなのが、いいです。 茶々、初、江、そしておね。 「姫たちの戦国」って、そんな感じがしました。 ラストはちょっと、面白かったけどねぇ〜、大河でそこ描くんや、って )*^o^*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/13 01:49
江 姫たちの戦国「茶々の反乱」(2011/04/03放送)
サブタイトル通り、今週はお茶々=宮沢りえちゃん。 三姉妹の中でやっぱり、格段に上手いです。 凛とした感じが、凄くいいです。 そして、ちょっと気になってたんですけど、今回の秀吉役の岸谷五朗さん。 なんか、すっごく、オイラ好みです。 ひょうけた所と、腹黒い・・・というとちょっと誤解を招きますが、あの二面性を見事に演じきってらっしゃって、今までドラマで視た秀吉像と違って、おいらがここ何年かで読んでイメージしている秀吉像に、一番近いんですわ。 なんか、めっちゃ、ええ。 ダメなのは、ちょっと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/09 22:40
江 姫たちの戦国「猿の人質」(2011/03/28放送)
色々伏線有りまくりで面白かったんですけど、最後! 猿のね、下心に気づいた江・ねね・京極竜子、この時にね、抜群のタイミングでかかった音楽。 そこまででもめっちゃええのに、それを一気に、大幅に上回る演出の一つですよ。 めっちゃええぇ。吉俣良さんの音楽。 その直前まではね、茶々=宮沢りえちゃん、やっぱ後の次女三女と違って、っていうのと、こっから先の史実を踏まえてねね・京極竜子とのシーンが面白かったのと、やっぱ、お市の方様=鈴木保奈美さんが居なくなったら、支えるのは宮沢りえちゃんやなぁ〜、と。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/27 22:13
水戸黄門「お命頂戴!御老中(江戸)」(2010/03/21放送)
新・水戸黄門、最終回! 格さんがご老公のもとを離れるのを嫌がってましたぁ〜、いいね、格さん。 そして、久し振りのお絹登場、もうすっかり、おかみさんでした・・・が! 昔の血を騒がせて、ご老公にたしなめられる始末。 お絹にはねぇ、この先も、第一話とか最終話とかに、ゲスト出演してほしいです、むかしの弥七の奥さんみたいに。 あ、お絹と楓の出会いのシーンはよかったです。 さ、西山荘に戻って一休み。 また三ヶ月位経ったら、旅の虫が収まらずに、世直しの旅に出るはず。 しばらく旅の疲れを休めてく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/24 02:00
江 姫たちの戦国「わかれ」(2011/03/20放送)
前回予告で思ったとおり、号泣〜 今週は、鈴木保奈美さん、宮沢りえちゃん、左時枝さん、大地康雄さんが、メッチャ。よかった 宮沢りえちゃんはね、やっぱあの三姉妹の中では一番上手い、です。 しかも長女として、凛として、最後も初と江を打き抱えてね。 大地康雄さん、今までね、柴田勝家って、良くも悪くも印象が薄いんですよ。 それが今回の勝家、これまためっちゃイイ。 左時枝さんは、お市の方様と三姉妹の「わかれ」の横で声あげて大泣きされてたシーンが、これまたもう、めちゃくちゃいい! そして、やっぱ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/20 22:31
水戸黄門「温泉宿の印籠泥棒!(碓氷峠)」(2010/03/07放送)
格さんが印籠、盗まれました、まぁ一世一大の不覚。 腹斬っても追いつかない。 しかも! その盗人(胡麻の蠅)に、ご老公も騙されて。 まぁこういうの、ご老公いっちゃん腹たてますよね。 そこが面白い〜 そのうえ、竹中直人さんってまぁ、素晴らし役者が絡んで、もうめちゃめちゃ面白かったです。 立ち回りでね、久し振りに「風の鬼若」のテーマが聞けた、うれしい〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/08 01:37
江 姫たちの戦国「養父の涙」(2011/03/06放送)
予告編まで含めて、ジュルジュル涙々(ToT)です。 何回も書いててくどいかもしれませんが、田渕さんの本+吉俣良さんの音楽が、めちゃめちゃいいっ! そして、ね。 鈴木保奈美さんと宮沢りえちゃん。 お市の方様の「わたしはあなたの妻ですよ」って台詞は、可愛すぎます。 母として妻として女として・・・十年休んでた女優さんとは思えへんっ。 茶々の台詞は、これ、結構キーワードやって思ったのは、思い過ごし? 「私は心を変えました」 やったっけ?これ、長い今回の大河で、意味あるよぉ〜 彼女もね、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/06 21:39
水戸黄門「恋でつないだ権兵衛峠(伊那)」(2010/02/28放送)
やっと、追いついた〜。 雛=楓、怒ってましたね〜、花嫁=佐藤藍子ちゃんを守るときの厳しい顔、よかったです。 今週の悪役六平さん、あながち「悪」やなかったよ。 権兵衛=前田吟さんが、お上に頼らず道を切り開いたのと同様、お上任せはイカン、って思ったその気持に、間違いは無いと思うんよねぇ〜。 ただ、取った手段がよくなったね。 あとは・・・今週、ちょっと脇がひどかったです、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/05 02:03
水戸黄門「千客万来!代筆美人(桑名)」(2010/02/21放送)
むっちゃよかったす〜 若村麻由美さん、昔から、そう、斬九郎の頃から好きやったけど、歳とってもきれいで、かわいいっす。 甚六・おちょう、最後なんかねぇ〜、もうすっかりいい夫婦でしたよ〜 で、そのおちょうがやってた代筆ですけど、吉原の花魁に〜って依頼があった時のご老公っ! さっすが、かつてはプレイボーイ、いやぁお見事です。 いっぽう甚六と一緒の格さんは、と言ぅたら、あの朴念仁の格さんが甚六をからかってましたよ、笑った(^o^) その格さん、立ち回りで刀持ったよ、格さんに刀持たしたらあかん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/05 02:02
江 姫たちの戦国「初めての父」(2011/02/27放送)
今週は、大地康雄さん、カッケェ〜っ! あの江をね、叱るシーン。平手打ち。 ありがちやけど、「親を心配させた」やったら、シラ〜ッてなるところでした。 そこをね、足軽かな?の命をかけて論し、三姉妹までちゃんと諭して。 その前までがコミカルやっただけに、大地康雄さんもいいし、やっぱ田渕さんの本もいいよね。 やっと家族になれたよね・・・でも。 時代物はね、その先を知ってるから、これが束の間の、って思うたら、泣けてきたぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 21:11
水戸黄門「さらわれた黄門さま(琴平)」(2010/02/14放送)
皿割れた黄門様・・・もとい、拐われた、です。 ま、助さん格さんがご老公を「老人」扱いするから、こんなことになるんですよっ。 いつものよくあるパターンです。 今回の助さん格さんになってからは、初めて、かな? ご老公も、ただ捕まったままでは終わらず、またまた芝居心といいますか、ですね。 渡辺哲さん、かっこよかったです。 それと福本清三さん、街道筋の茶店の主ですかぁ〜、似あってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 18:25
水戸黄門「一触即発、お家騒動(高松)」(2010/02/07放送)
追いついてないけど、貯まってたのであっぷします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 18:24
江 姫たちの戦国「母の再婚」(2011/02/20放送)
今回も、面白い。 で、お市の方様=鈴木保奈美さん、カッケェ〜っ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 23:31
江 姫たちの戦国「光秀の天下」(2011/02/13放送)
いやぁ、おもしろい。 ビックリするくらい、面白いです。 田渕久美子さんの本、えぇなぁ〜。 四回泣きました、ま、それはどうでもええとして。 今回いっちゃん面白かったのは、、光秀が信長を討った理由。 「分かりません。」 この解釈、スゴイですわ〜、もぅ、サイッコーに面白い。 本の書き方にもよるとおもうけど、今回の、これまでの「江」の展開からしたら、まぁ見事です、めっちゃ納得です。 あと、市村正親さんの光秀、よかったす〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/19 20:40
水戸黄門「内蔵助殿、助太刀致す(赤穂)」(2010/01/31放送)
いやぁ、面白かったよ〜 吉良まで絡めて、ねぇ。 大立ち回り、表門・裏門とか、太鼓、呼び子の笛とか、パロディ面白すぎ。 忠臣蔵好きなおいらにとって、ツボは太鼓。 八に任すから、山鹿流とちゃうんよねぇ〜 右近さんが「こちらにおわすお方を・・・」の決め台詞。 いやぁ、面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/11 22:39
江 姫たちの戦国「本能寺の変」(2011/02/06放送)
面白かったぁ〜! わずか一話(実質40分位)で、見事に本能寺の変を描いてました。 あの日付・時刻をテロップで頻繁にだして、その時が近づいてる感だすのは、めっちゃよかったです。 そして六月二日未明の本能寺。 ここは信長=豊川悦司さんの最期、朝日に向かって消えていくところと、森三兄弟、特に蘭丸、よかったですよ〜 そして舞台変わって堺では、伊賀越えのために、侍女が家康に江を託すところが泣けました〜 っていうか、そっからの伊賀越えでの馬。 江の後ろに信長、これ、、へたしたらこのシーンで・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/06 21:16
江 姫たちの戦国「本能寺へ」(2011/01/30放送)
いやぁ、やっぱ、面白い。 今週は特に、お市の方様と信長のシーンが最高でした。 この手の話、やばいです、おいら的には。 (今日の・・・東京に比べると二週遅れの「ワンピース」もせやったけどっ!) それと、市村正親さん、いいですねぇ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 21:24
水戸黄門「命を張った弥七の度胸(松江)」(2010/01/24放送)
近衛様の代参、あっさりすみましたねぇ〜、それが道中手形の目的やったはずやのにっ。 今週のゲスト、隆大介さん、いいですねぇ〜 おいらが時代劇好きになった忠臣蔵で、清水一学を演ってらっしゃってから、結構好きですわ。 そして、弥七。 そうなんよねぇ〜、新シリーズなん、すっかり忘れてたよ。 最後のナレーションで、ご老公が弥七の新しい一面知った、って台詞で。 孝太と弥七、よかったよかった。 宍道湖の別れはちと、涙〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 00:33
水戸黄門「美人絵師が描いた復讐(鳥取)」(2010/01/17放送)
田んぼに水が帰ってきたヨォ〜 ~\(ToT)/~ あの水戸黄門のテーマのピアノバージョン、いいですねぇ、いい! あの曲、涙誘いますわぁ〜 ゲストの国分佐智子ちゃん、何回目かの水戸黄門出演、もうすっかりお馴染みです、おいら的には。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 00:32
水戸黄門「ズバッ怒りの道場破り(篠山)」(2010/01/10放送)
年が改まって、OP、変わりましたね。 重厚でかつ豪華な感じ、何より、歌がよくなった(^o^;) ぶっちゃけ昨秋以来の新シリーズ、歌が歌詞棒読みやったもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 00:32
水戸黄門「大晦日、都で悪の大掃除(京)」(2010/12/20放送)
師走の京都にご老公一行ご到着。 雪降って・・・寒いよ。 高松の娘、お鈴の祝言話を聞いたときの助さん、最高でした。 次回は、予告を視るかぎり、ゲスト豪華ですね〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 00:31
水戸黄門「茶壺に追われた御老公(信楽)」(2010/12/13放送)
「陶片木」! 格さん〜、真ん丸いお月様見て、まんじゅうですかぁ〜 おもろいなぁ〜 おもろい、って言うたら、ケロンパ=うつみ宮土理さん。 こちらも、ちょくちょく視ますが、ええ味です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 00:31
水戸黄門「悪事を見ぬいた鑑定人(敦賀)」(2010/12/06放送)
今までやったらお絹がやってた役どころ、今回は楓(=雛形あきこちゃん)が、おねえちゃん。 ま、「瞼の母」には、ちょっと若いもんね。 鞠山藩の若君、エライ! あぁいう立派な若君ばっかりやったら、いいのにね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 00:30
水戸黄門「死ぬ気で生きろ!(丸岡)」(2010/11/29放送)
年末・年始に特番がいっぱいあったんで、もうすっかり録り貯め状態で止まってました。 二ヶ月分、一気にアップします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 00:29
江 姫たちの戦国「父の仇」(2011/01/16放送)
もう、いきなり三姉妹、大きくなってるし。 もうちょっと芦田真奈ちゃんでみたかったなぁ〜、とか思いつつ。 お市の方様と娘三姉妹、もう視てるだけでも華やかでしょ、それだけで十分でしょ、って思ってたら! 今週は、お初=水川あさみちゃんに号泣でした。 そのちょっと前、ね。 信長との対面の時の音楽がタイミングも音楽もカッコよくて、その後やったからね。 もう、後半取り乱して母お市の方に縋りつくお初、よかったぁ〜、涙っすよ。 そして、信長の描き方。 今までおいらが視た時代劇で、一番カッコイイ描... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/16 22:42
江 姫たちの戦国「湖国の姫」(2011/01/09放送)
江 姫たちの戦国 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/15 01:39
新春ワイド時代劇 戦国疾風伝 二人の軍師(2011/01/02放送)
テレビ東京恒例のお正月、新春ワイド時代劇。 今回は、竹中半兵衛と黒田官兵衛ってまた、ちょっと時代劇好きのツボをクスグルような、いいですねぇ。 逸話もたくさん盛り込まれてて、面白かったです。 でも、年々この「新春ワイド時代劇」、放送時間が短くなっていってるのがちょっと残念です。 今回も、もうちょっとじっくり、話を展開して欲しかった部分もあるしね。 展開がちょっと早すぎて、そこがちょっとだけ残念。 でも、面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 18:20
龍馬伝「龍の魂」(2010/11/28放送)
ここに来て、亀ちゃん? ま、それは置いといて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/29 00:21
水戸黄門「じゃじゃ馬姫の逃避行(金沢)」(2010/11/22放送)
「ミキティー!」、です、藤本美貴ちゃんがゲストです。 結婚してから歌番組以外に結構出演してて、いい味出してますよね。 で、今回、水戸黄門に登場です。 じゃじゃ馬姫、始まりからは、最後に泣くとは思いませんでした。 まぁ、お姫さま、かわいい・・・ 水戸の大おじ様、ですかぁ〜、くぅ〜っ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/23 01:59
龍馬伝「大政奉還」(2010/11/21放送)
もエピローグのためのプロローグ、ですね。 とうとう、大願・大政奉還、成し遂げられましたよ。 これがあったからこそ、の今の日本かもしれません。 でも、でもねぇ〜。 「権力」っていうんでしょうか、それを望んでたんは、徳川だけや無かったんですねぇ〜、ってのがわかったのが、ラスト数分。 そして、いよいよ! 次回が最終回です。 あぁ。勿体無い。 「龍馬伝」なんでね、来週が最終回なんはしゃぁないけど、幕末〜明治の、一番知りたい、面白いところが無いまま終るんやろか? エピローグで語られるんや... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/21 20:39
水戸黄門「助さんに見た父の面影(富山)」(2010/11/15放送)
新水戸黄門、今回ようやくミッキー、東幹久さんの助さんが主役です。 その助さんとゲストのお花ちゃん(=小林里乃ちゃん)がね、「最後に」って。 ラストでボロ泣き〜 いやぁ、泣かすわぁ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 01:32
水戸黄門「暴かれたヒスイの謎(糸魚川)」(2010/11/08放送)
あの娘さん(=内田もも香ちゃん)がね、かわいい。 見た目もせやけど、あの性格がね、いいよねぇ〜 で水戸黄門のサイトで探したら、過去にも出演されてるんですね。 宝塚出身、そら・・・きれいやわ。 巨悪が残ったのが残念ですけど、今回も悪い奴退治! そうそう、殺陣視ておもったけど、楓・雛形あきこちゃん、なかなか、ですやん〜っ! シリーズ、今回だけなんやろか、次からも出るんやろか? お銀・お絹の由美かおるさんがはなれたんで、雛にレギュラーなって欲しく思いましたよ、今回の殺陣視て。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 01:31
水戸黄門「剣に勝つ、医は仁術(高田)」(2010/11/01放送)
サブタイトル通り、「剣に勝つ、医は仁術」でしたね。 「友情!」 うん、大好きな言葉です。 しかも、二人(良庵・京ノ進)、二人とも若いから、また!いいねっ! ゲストの三浦浩一さん、いいわぁ〜、あの勘定奉行に会いに行ったシーンの堂々っぷり! カッチョエェ。 助さん格さん、それから楓もよかった〜。 大立ち回りの後、ご老公が寄った京之進のお母さんの台詞には、ご老公も目頭熱くなりましたっ、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 01:29
水戸黄門「その縁談一肌脱ぎます(上田)」(2010/10/25放送)
あぁ、また泣いた。 楓=雛、めっちゃ可愛い、ってより、愛おしいよね〜 志津=ゲストの今村雅美ちゃんがまた、いい娘やから、楓はまぁ、そうせざるを得んよねぇ〜、それがまた、涙、涙ですよ〜 ~\(^o^)/~ いやぁ新キャストの水戸黄門、先週も書いたけど、ほんと今までとは違う、成長物語です〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 01:28
水戸黄門「許すな相撲を汚す奴」(2010/10/18放送)
水戸黄門「許すな相撲を汚す奴」(2010/10/18放送)いやぁ、泣きツボです。 兄弟モノ(今回は兄ちゃん(あんちゃん)と妹)でしたけど。 北川弘美ちゃん、よく出てくるね、可愛くていい。 ま、それはさておき。 辰五郎&お初以外にも、あと二組の兄弟がいますね。 その二組とは、ご老公一行。 一組は、弥七と楓。 お絹と違って楓、まだまだ抜けてる、アマイところがありますね。 それを弥七がカバーする、ってのが、妹を見守る兄、って感じ・・・あ、でも姪っ子かもね。 そしてもう一組は、助さん&... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 01:27
水戸黄門「お前は助さん 俺は格さん(江戸)」(2010/10/11放送)
さっ!こないだは「龍馬伝」一気、でした。 今回は「水戸黄門」一気、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 01:26
龍馬伝「土佐の大勝負」(2010/11/14放送)
もう、来週も再来週も、大泣き ~\(ToT)/~ なんでしょね。 もちろん、今週も大泣き、っすよぉ〜 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/14 20:53
龍馬伝「龍馬の休日」(2010/11/07放送)
残る三話へ向けての小休止。 やねんけど、まぁ、泣かす、泣かすねぇ〜 号泣よ、もう。 お龍も、三吉さんも、長州も元騎兵隊も、乙姉やんも。 弥太郎は弥太郎で、とうとう、と言うべきか、いよいよ、って言うべきか。 動いたし。 弥太郎〜、メッチャエエ〜 それにしても、お龍=真木よう子ちゃん、すっげぇいいっす。 今回の大河ね、毎回毎回視終わって思うんですよ、わずか45分にめっちゃ中味濃い、充実してる、って。 いやぁ、感想書くのも大変です (^o^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/07 21:05
龍馬伝「雨の逃亡者」(2010/10/31放送)
また、また、号泣〜 ~\(ToT)/~ みんな、一生懸命生きてるよね、ってのが、伝わってきますよ、心打たれますよ〜。 弥太郎と龍馬の別れのシーンは、あの「雨」でわからんようなってたけど、龍馬は泣いてたよ、きっと。 だって、龍馬は弥太郎このと、好きやったもんね。 それから、おもと。 最後の最後、今はね、海外に逃れるしか無いけど、きっと龍馬が「みんなが笑って暮らせる」世の中作ってくれて、いつかもどってこれるってこと、信じて! う〜ん、やっぱ泣きますわ〜。 で、ここ数回はほんま、面白いで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/02 02:39
龍馬伝「船中八策」(2010/10/24放送)
いやぁ、どんどん面白くなってきたぁ〜っ! みんな、動き出しましたよ。 まずは、弥太郎、いよいよっ!って感じです。 それと、これまでずっといがみ合ってた・・・どころの話やない、後藤象二郎と龍馬の関係も、大転換。 これ、前回からの流れやと思うけど、これまでずっと、ヒールやった後藤象二郎、ここにきて、めっちゃええ味だしてます。 それから、新選組vs龍馬。 今回直接対決、ありました。 近藤勇役の原田泰造さんの、ギラギラした目、いいですねぇ〜、ゾクゾクしますわ。 それから、上川さん=中岡慎... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 02:38
龍馬伝「いろは丸事件」(2010/10/17放送)
龍馬の進む道、どんどん大きくなっていきますね。 それと共に、敵もどんどん増やしていって、ますます危なくなってるよ、その身が。 紀州相手の大喧嘩、ラストは逆恨みやったけど、まぁ、これからますます狙われるよ〜。 ってことで、いよいよ佳境に入ってきたね。 残り数回、クライマックス、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 02:36
龍馬伝「さらば高杉晋作」(2010/10/10放送)
高杉晋作、おおきな星がひとつ、堕ちましたね。 晋作を巡る木戸・龍馬・おうの・騎兵隊、みんな、泣かしてくれます〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 02:34
龍馬伝「清風亭の対決」(2010/10/03放送)
薩長土連盟に近づきましたよ。 清風亭の対決はもう、緊張感ありましたね〜 そのまえに、丸山にひょっこり現れた龍馬、その直前の弥太郎とお元の会話もよかったですわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 02:33
龍馬伝「馬関の奇跡」(2010/09/26放送)
さ、今度は昨日放送分まで、最終章一気。 最終章は、ラスト1年、カウントダウンです。 最終章に入って今までに無かった音楽も混じってきて、ほんと、今回の大河、面白いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 02:33
龍馬伝「霧島の誓い」(2010/09/19放送)
エピローグ兼プロローグな今回、意外に内容ぎっしりです。 もう後半、霧島の話は前回?って思ってましたよ。 弥太郎も、幕府も、長州も薩摩も、亀山社中も、動き出した、動かざるを得なくなった、いよいいよ最終章突入〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:10
龍馬伝「龍馬の妻」(2010/09/12放送)
前回が緊迫感溢れるお話やったんで、今回はちょっと、落ち着きました。 落ち着いたけど、泣かされましたよ。 お龍=真木よう子ちゃんの、「いやいや」にね。 さぁ、次回で、第三部お終い、です。 時代が本格的に、動き出しそう〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:09
龍馬伝「寺田屋騒動」(2010/09/05放送)
めちゃくちゃ盛り上がってきましたやん。 お登勢とお龍と三吉さん、にもう、終始泣かされっぱなし。 伏見奉行の寺田屋踏み込みからは、緊迫感あふれて、もう、めちゃくちゃ面白かったですよ。 音楽も、ええタイミングで入りますよねぇ〜。 あぁ、泣きすぎて、鼻詰まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:08
龍馬伝「薩長同盟ぜよ」(2010/08/29放送)
お徳、お登勢、お龍の三人の女に泣かされ。 最後は、筧さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:05
龍馬伝「侍、長次郎」(2010/08/22放送)
切ないですわぁ〜、悲しいですわぁ〜 長次郎が亡くなりました ~\(ToT)/~ ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:04
龍馬伝「亀山社中の大仕事」(2010/08/15放送)
いやぁ、まさに、おお仕事、ですよ。 前半大泣き、でした。 う〜ん、酔いながら視てたんで、ってかんじです、でも、めちゃくちゃ面白いですよ〜、第三部! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 21:39
龍馬伝「狙われた龍馬」(2010/08/08放送)
いやぁ、前回予告通り?いや、それ以上、メッチャオモロい〜 中盤は、重太郎先生=いっけいさん。 さすがの達人、龍馬以上に反応素早いもんね。 で、妹思いなところがまた、いいんですよぉ〜。 それでいて、ほんとは龍馬の人柄に惚れた自分をね、認めてるところがいいですわぁ〜 あの寺田屋シーンは、ほんまヨカッタ、です。 龍馬、重太郎=渡辺いっけい、近藤勇=原田泰造さん、お龍=真木よう子ちゃん、登勢=草刈民代さん、もう、めちゃくちゃいいしーんでしたよ。 その中で、真木よう子ちゃん、「朧」からこっち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 21:38
龍馬伝「西郷はまだか」(2010/08/01放送)
泣いた〜、薩摩で西郷が藩論まとめて「下関に向かう」って言うた時! ここ、めっちゃよかった、めっちゃ感動した・・・のに、なぜ? 隠密にバレたから?何何、気になる? 次回は久しぶりに京、お龍や重太郎の顔も見れそうで、楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 21:38
龍馬伝「龍馬の秘策」(2010/07/25放送)
前回からの長崎で、話が急に動き出した、って感じですね。 今までの話から、一気に「幕末まっしぐら〜」って感じですわ。 なにより、活気があるってのが、伝わってきて面白いです。 薩摩と長州、いやぁ、楽しみ・・・いきなりですなぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 21:37
龍馬伝「新天地、長崎」(2010/07/18放送)
まもなく今年の大河も終わります、ってことで、一気に視ました、まずは第三部、です。 ここから先は、おいら的には池宮彰一郎さんの「高杉晋作」しか知りません。 そんな高杉晋作がいきなり出てくるし、ま、なによりサブタイトル通り「新天地」で、しシリーズで、今までとガラッと変わって、面白くなってきました。 海軍操練所ではしっくり来てなかった陸奥もしっかり龍馬の仲間になってるし。 裏でイギリスが仕掛けようとしてる戦争、これ、どうなるんでしょ? グラバーさん、何か動くんかな? とか、ね〜 面白くな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 21:36
龍馬伝「武市の夢」(2010/07/11放送)
終わったね。 第二部が、ってのもあるし、オイラの知ってるとこ(=IZO で知ったこと)も、終わり、これから先は、ほんとオイラの知らない幕末です。 大殿様はようわからんかった・・・ けど、牢屋での武市・弥太郎・龍馬のシーンはよかったね。 以蔵の最期も、佐藤健君の表情、すごくよかったです。 さぁ、次から第三部、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/23 21:54
龍馬伝「龍馬の大芝居」(2010/07/04放送)
よかったわぁ〜。 坂本家での最後の朝餉と別れ。 それからの大芝居。 大芝居後の、弥太郎との別れ。 いや、めちゃくちゃよかったよぉ〜 ~\(ToT)/~ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/22 01:03
龍馬伝「西郷吉之助」(2010/06/27放送)
今週もまぁ、弥太郎=香川照之さん、ですわ。 まぁ、ほんとこの「龍馬伝」での弥太郎、よすぎ! あと、以蔵=佐藤健君も、いいですねェ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/12 22:04
龍馬伝「寺田屋の母」(2010/06/20放送)
「寺田屋の母」ってサブタイトルですけど今回は、土佐での弥太郎と武市半平太のシーンで号泣させられました。 やっぱすごいね、香川照之さん。 母≒お登勢とお龍の話も、海軍閉鎖の話も吹き飛ばしてしまう位、強烈なインパクトを与えてくれますっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/05 21:48
龍馬伝「愛の蛍」(2010/06/13放送)
えぇっと、すっかり浦島太郎です、4ヶ月遅れです。 がっ! すぐ思い出しましたよ、これまでのおはなし。 それから今回、「愛の蛍」ですかぁ〜。 めっちゃぴったりのサブタイトルやん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 20:46
水戸黄門「悪い奴らの夢の跡!(薩摩)」(2010/06/28放送)
シリーズ最終回、そして、助さん格さんお絹最終回です。 今回のシリーズはね、時代劇らしからぬ、ちょっと新しい感じがして面白かったです。 最終回の今回も、視応え十分でしたよ。 隼人は見事決着つけましたし。 堂島のお大臣の最後のシーンだけが、ちょっと〜ちゃちな感じやったのが残念ですけどね・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/02 10:13
水戸黄門「夢にまで見たお母さん(大坂)」(2010/06/21放送)
新吉=伊澤柾樹君と、そのおっ母さん・お松=青山倫子ちゃん、そしてお松が後添えとして入った廻船問屋の娘・お千代=里田まいちゃん、よかった〜 旦那彦蔵=佐川満男さんとお松とお千代のシーンは涙々、で新吉がお松を「おっ母さんじゃない」って言いながら「おっ母さん〜」って、ねぇ、もう、大号泣でしたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/02 10:12
水戸黄門「親子手まりで大勝負(和歌山)」(2010/06/14放送)
う・・・まもなく42部、始まっちゃうよぉ〜・・・ すでに視てたけどアップ忘れてたんんで、これから3連発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/02 10:11
水戸黄門「女意気地とイブい奴(新宮)」(2010/06/07放送)
今週は立ち回りも無く、でもほのぼのしたお話でした。 左とん平さん、いいねェ〜、めっちゃ癒し。 最後の最後で松太郎たちのところにやって来てご老公の正体をしゃべってしまうところなんか、ほんまに、いいわぁ〜 その直前、ね。 松太郎とお佐和=井上和香ちゃんの仲がまとまったことといい、海鮮問屋のだれやったっけ?仲違いも水に流して、これぞ「八方丸く」収まったよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/26 19:25
水戸黄門「貞淑妻の意外な過去(奈良)」(2010/05/31放送)
今回、ご老公危機一髪なシーンが多いですねぇ。 夢幻斎、今までの敵より用意周到。 隼人が居なかったら・・・って思うと、ゾッとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/07 19:43
水戸黄門「にせ者殺到!孫探がし(鳥羽)」(2010/05/24放送)
お勝役の子、小林さりちゃんですか、明るく元気な子でしたね。 ぶっちゃけ「下手っぴやなぁ〜」って思いましたけど、元気さでカバー、ですね。 ネットで探したら、京都出身ですかぁ〜、同郷、頑張ってね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/05 21:17
水戸黄門「若殿守った鰻屋小町!(浜松)」(2010/05/17放送)
浜松到着〜、新吉のおっ母さんとの再会か〜、と思いきや、残念。 新吉、カワイそうだわ〜 ちょっとねぇ、もらい泣き。 会えるといいね、おっ母さんに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/03 00:36
水戸黄門「情けを知った刺客の女(府中)」(2010/05/10放送)
「お兄ちゃん」、最後の茜=雛形あきこちゃんの台詞で、ドッと涙でした。 雛、めちゃイケとはまた違う一面、改めて、やっぱり美人でカワイくて、いいですねぇ〜。 次回第42部レギュラー、楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/01 21:46
水戸黄門「湯の里守れ!美人女将(箱根)」(2010/05/03放送)
「ちぇすと〜」、隼人、ええところで出てきますねぇ〜。 弥七の「借りとくぜ」にほんの僅かな笑み残して去って行く、かっこええよっ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/31 22:14
水戸黄門「過去を消した謎の女!(鎌倉)」(2010/04/26放送)
今回シリーズのOP、毎回変わる? 今回は鎌倉舞台やったんで、鎌倉の名所・名産がOPで流れてました、新しい試みやね〜 さてさて、早速新婚の助さん夫婦、ネタにされてます。 今までやったらね、ご老公の「歳」のこと、助さんと格さんがネタにしてたのに、ね〜。 その助さんの愛妻・美加(=須藤温子さん)、めっちゃええキャラ。 愛すべきキャラやし、これでないと、ご老公一家の嫁は務まらんね、頑張れ美加!、応援します。 ストーリーは、有名な駆け込み寺東慶寺。住職は「りつ」こと、白木万里さん。 人の良さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/30 23:44
水戸黄門「恋と嵐の江戸の春(江戸・後編)」(2010/04/19放送)
前編・後編、続き視です。 「恋」、これ、助さんの結婚話のことでは無かったんですねぇ〜 源之助と蔦吉のことやったんですねぇ〜。 しかし今回は、冒頭浜辺のシーンから、何度も何度も、ご老公一行が危機一髪、面白い展開でした。 この後も、虚空無限斎や東条隼斗が絡んでのお話、楽しそうです。 新メンバー、新吉、かわいいね。 八兵衛よりよっぽど芝居もしっかりしてる気がする〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 23:56
水戸黄門「恋と嵐の江戸の春(江戸・前編)」(2010/04/12放送)
気がついたら「第41部」放送終わってた。 「助さん結婚!」、こんな大ニュースを5ヶ月以上も遅れて知るなんて〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/26 23:24
龍馬伝「龍という女」(2010/05/30放送)
弥太郎の言葉がね、響きました。 「IZO」で源兵衛さんが以蔵に言ったのと同じ言葉やもんね。 どんなに慕うてても、つきまとわれるとうっとうしくなる、的な。 それが半平太に投げかけられた言葉、ってのがミソです、おいら的に。 それから今回は、なつ(臼井あさ美ちゃん)と以蔵(=佐藤健君)。 長次郎(大泉洋さん)と徳(=酒井若菜ちゃん)。 そして、サブタイトル通り「お龍(=真木よう子ちゃん)」、いずれ龍馬の嫁、ですよ。 三者三様(六者六様?)な感じ?いいです、マジいいっすよ〜。 真木よう子... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/30 21:26
龍馬伝「故郷の友よ」(2010/05/23放送)
いやぁ、いい。 ますます面白ぅなってますね。 まぁ、月9とかのドラマと違うて、持っていき方は兎も角先が分かってるのが、更にその先が哀しいのが分かってるのが、視てて何やろ?来ますねぇ〜 それが顕著やったんは、武市家最後の朝餉ですよ。 半平太と富が会話交わしてる所から先が分かってるのに、そこへ呼び出しがかかるってのは、ここ、メッチャ泣いたよ〜 ~\(ToT)/~ ここからラストへの流はリズムあってよかったわぁ〜、岩崎家のシーンね。 そして最後、以蔵が「龍馬〜」って。 そのまま切れずに次... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/23 21:39
龍馬伝「収二郎、無念」(2010/05/16放送)
たった一話の中で、激しいよ〜振り幅が。 土佐と大阪・勝塾。 大阪の勝塾ではね、なんかめっちゃエネルギー感じるし。 凄く前向きな感じがするし。 一方場面が土佐になると、凄く厳しいし。 その振り幅の大きさが、今回の大河の面白さでもあるね。 それから、勝塾で、兄権平さんと龍馬の再会シーン、おいらが大好きなパターンです。 そんな中の二人の台詞のキーワード、「10年後」「命大事に」ってのが、響きます〜 あと、「岩崎家の人々」。 弥太郎・喜勢の会話・・・「占い」、オモロい、笑たぁ〜メッチャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/16 21:41
龍馬伝「攘夷決行」(2010/05/09放送)
終盤の半平太と龍馬の対話シーン、それから後の収二郎投獄、以蔵に追っ手がかかるシーンにかけて、もう涙無しでは視れませんわ。 前半もけっこうおもしろかったけど、やっぱ後半・終盤ですね。 まだまだ一年通したら残りの方が多いけど、土佐藩的には、勤王党・半平太・以蔵的にはクライマックスが近づいてる気がする〜。 そこ越えたら、おいらのよく知らんとこに入っていくなぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 21:40
龍馬伝「海軍を作ろう!」(2010/05/02放送)
もう、誰が「善」でも誰が「悪」でも無い、ですね。 ここにきて武知半平太、視ててちょっと切ないです。 以蔵はともかくね、収二郎や勝塾に行った党員は、それぞれ自分の道、見つけて、結果放れてしまいますよね。 う〜ん、切ない。 以蔵もね、これからどうなっていくのか、気になりますし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 21:50
龍馬伝「怪物、容堂」(2010/04/25放送)
今回は改めて、この大河の音楽と音楽の使い方のよさ・うまさにやられました。 その、最たるシーンは、千葉道場! 重太郎=渡辺いっけいさんの妹思いに涙し。 そしてご老公・・・いやいや、定吉(てっきり周作やとおもってた、子天狗の方やったんやね、そらそうか、時代的に)の父としての思い。 なにより佐那、貫地谷しほりちゃん。 龍馬に面を打たれた時の、面越しの表情は、最高でしたよ。 あと、もう一つ、音楽ってことでは、富が半平太からの手紙読んでるシーンも。 音楽と放れるけど今回は坂本家の人々、弥太郎... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 00:27
龍馬伝「勝隣太郎」(2010/04/18放送)
千葉道場へ戻ってきてから松平春嶽に会うまで、勝隣太郎に会うまでのドラマの進み方はめっちゃテンポあって面白かったです。 そして最後は、咸臨丸! 龍馬=福山雅治さんの、子供のようなはしゃぎっぷりが、めっちゃよかった。 ラスト数分は、ほんま、龍馬同様、わくわくしながら視たよ〜 いやぁ〜、ほんま、面白いわ〜、龍馬伝。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/20 21:47
まっつぐ〜鎌倉河岸捕物控「カタキ討ち」(2010/04/17放送)
久しぶりに土曜時代劇、視てます。 『まっつぐ〜鎌倉河岸捕物控』 出張が多くて、ビデオ貯まる一方やったんと、気が付いたら番組開始を見落としてた、とかでね、しばらく視てへんかったんですわ。 で、おいら的久しぶりの土曜時代劇、面白いですわぁ〜 「青春時代劇」って感じ? ちょっと前の金曜時代劇、木曜時代劇とはちゃいますねぇ〜。 ここ数作も、若い役者さんで作ってたみたいなんで、視逃してたんがちょっと残念に思わされましたよ、この1回視ただけで。 (時代劇チャンネルでチェックかなぁ〜) 大人(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/19 23:14
龍馬伝「ふたりの京」(2010/04/11放送)
放送に、追いついたぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 23:27
龍馬伝「お尋ね者龍馬」(2010/04/04放送)
第二部が始まりました。 前半は龍馬です。 弥太郎の言葉や無いけど、変わった、で大きくなった〜。 なんか、めっちゃでかいぞ、龍馬! 福山雅治さんがかぁ〜んなり、GOODですわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/13 00:06
龍馬伝「さらば土佐よ」(2010/03/28放送)
ぶぅわぁ〜 ~\(ToT)/~ って感じですよ、大泣きですよ、号泣ですよ、坂本家の人々。 それから、弥太郎に会いに行った龍馬、カッチョエェ〜 今迄ね、弥太郎がすんごいインパクトあったんやけど、ここ数回はもう、龍馬=福山雅治さん、っすね! もう、ひたすら面白いし、まだ一年の四分の一ですよ。 まぁ正月の第一話からはまったく想像でけん面白さですわ、視るの止めんでよかったぁ〜、おいら視だした大河で今、いっちゃん、面白い〜、と思うわぁ〜 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/10 00:54
龍馬伝「暗殺指令」(2010/03/21放送)
今回も、またまた、お〜っもしれぇ〜 ~\(^o^)/~ なんなん、この面白さっ! いやぁちょっと、たまらんよぉ〜 特にラストの龍馬=半平太、弥太郎=象二郎のシーンは、切換含めてもう、いいっ! 面白さに涙です〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/07 00:17
龍馬伝「土佐沸騰」(2010/03/14放送)
お〜っもしれぇ〜 ~\(^o^)/~ 今週はもう、ひたすら「龍馬=福山雅治さん」ですわ。 いやぁ、龍馬、大きい。 途中ね、龍馬、捨て身なんかな? 加尾を失ったから「自棄」になってんのかな、って思ったけど、違うたんやね。 死んだら何にもならん、って。 半平太と弥太郎の嫉妬の種類が違うのも、面白いし。 弥太郎は兎に角アグレッシブ。 半平太はやっぱり、「陰」な部分がある・・・けど、半平太には半平太なりの信念・正義もあるように、思ったよ。 まぁ、兎に角、面白くなってきたよ、面白い〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/06 00:49
龍馬伝「引きさかれた愛」(2010/03/07放送)
いやぁ、泣いたわぁ〜。 龍馬も加尾も収二郎も、そして半平太も。 なんやろ、やるせない?なんか違うなぁ、どう表現したらええんかわからんけど、やっと龍馬と加尾が夫婦約束したのにね。 でも収二郎も、今までの「龍馬はあかん」ってだけやのうて、加尾の、下士のおなごやからこその、加尾の幸せを考えての行動やったんやし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/28 22:18
龍馬伝「命の値段」(2010/02/28放送)
モテる男(=龍馬)はツライのぅ〜。 佐那様=貫地谷しほりちゃん、す〜っかりカワイく、女らしくなっちゃってました。 いっけいさんとの絡みが笑えた〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/26 22:43
龍馬伝「弥太郎の涙」(2010/02/21放送)
弥太郎=香川照之さん、ほんまええわぁ〜。 もう、強烈すぎるよね。 あのエネルギーは、ホント凄い! それから、龍馬伝、視るにつけ、当時の差別社会の悲惨さが伝わってくるわ〜。 その悲惨さが、明治維新に繋がったんかなぁ〜、って考えさせられますっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/23 23:05
龍馬伝「遙かなるヌーヨーカ」(2010/02/14放送)
もう、なによりもラストの土佐の海岸。 ここでの龍馬が「夢」を語る姿、龍馬の「夢」引きこまれる坂本家の人々、いやぁなんやろ、ほのぼのしてるし、その「ほのぼの」だけやない、なんとも言えんええ感じ、ですよ。 泣きましたよ。 で、龍馬=福山雅治、いいわぁ〜。 正直始まるまでは、期待しつつも「どうなんやろ」って思ってたけど、ことのほか、いいです〜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/17 00:32
龍馬伝「松陰ははどこだ」(2010/02/07放送)
録り貯めしてんのに、またちょっと間が空いてしまいました。 けど前回思い出したよ。 前回から、やっと、といいますか、急に、と言いますか。 面白くなってきたよぉ〜 今回は松陰先生=生瀬勝久さん、と千葉道場に龍馬が復帰するところ、もう、めっちゃめっちゃ面白かったよ。 生瀬さんの松陰、めっちゃカッコよかったです。 今までおいらが観てきた・視てきた生瀬さんの中で、いっちゃんカッコえぇ〜。 ちょっとね、しびれたよ。 それから千葉道場、鬼小町・佐那=貫地谷しほりちゃんが、これまためっちゃカワイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/15 22:02
龍馬伝「黒船と剣」(2010/01/31放送)
いやぁ、面白くなってきました。 時代が動き出しましたね。 そんな今回、おいら的には、兄上重太郎=渡辺いっけいさんと、乙女姉やん=寺島しのぶちゃん。 重太郎がね、佐那に「龍馬と夫婦になって」云々のくだり、めちゃめちゃ微笑ましてくよかったよ。 それが故にね、最後定吉=里見浩太朗さん(ご老公?)と龍馬の立ち会い直後、佐那の気持ち思って目に涙浮かべてる重太郎〜、いいわぁ。 そして、姉やん。 龍馬のウソの手紙見抜いてね、叱咤する姉やん。 兄上重太郎、乙女姉やん、視ててね、弟持ってるおいらとし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/04 23:14
龍馬伝「江戸の鬼小町」(2010/01/24放送)
今週は「転」。 龍馬にとっては、初めての藩外、江戸。 そこで初めて藩外の藩士、桂小五郎=谷原章介さんと出逢ったし。 土佐では半平太が人を集め出したし。 そんな一方で弥太郎も塾を開いて、そこに加尾が顔を出したし。 江戸では龍馬が入門した千葉道場、「鬼小町」佐那=貫地谷しほりちゃんが、龍馬との出逢いで変わったし。 そして、ラスト、いよいよ〜、って感じです。 「日本」に取っての「転」ですよ。 あのラストの江戸の騒擾、よかったねぇ〜。 当時の鎖国日本に現れた黒船。 多分今では想像でき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/03 22:35
龍馬伝「偽手形の旅」(2010/01/17放送)
第一話から気になりながら書いてへんかってんけど、岩崎弥太郎=香川照之さん、がいいです。 「いつの大河やったけぇ〜」って思ってネットで探したら、そうそう「巧妙が辻」でした。 そん時も、「いいなぁ」って思ってたんでね。 今回は、かんなりひねくれ者役です。 「ひねくれっぷり」が徹底してるし、頭の良さの自信の程も凄いモンがある、そんな岩崎弥太郎は、ナレーション(思い出語り)役でもあるから、かんなりのキーマンなんですね。 いやほんと、いいわぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/02 23:06
龍馬伝「大器晩成?」(2010/01/10放送)
今回も、初回同様らすと10分でした。 ほんと、途中まで、正直退屈というか、視てる気持が盛り上がらん、というか。 でもラスト10分、しっかり盛り上げてくれます、ってことは、それまでの伏線というか、作り方がいいんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/01 20:10
龍馬伝「上士と下士」(2010/01/03放送)
やっと、今年の大河、視始めました、相も変わらず1ヶ月以上遅れてますけどね〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/12 22:59
JIN − 仁 − 最終話(2009/12/20放送)
「予告だけで、大泣きの予感!」って思ってた、まさにその通りでした。 いや正直、初回の謎は・・・?、なままな部分はあるんやけど、そんなんもう、どうでもええよ〜、って感じ。 今まで仁に関わってきた人たちが最終話、みんな出てきてみんなで助け合って。 で、みんな輝いてるし。 仁、ずっと幕末でひとりぼっちやったけど、これでホントにみんなと絆ができて、よかったし。 とかなんとか色々書いてるけど、ホント言葉で書き表せないですわ、おいらの文章力では。 ホント、めちゃめちゃよかった〜、ホント面白かった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/03 23:27
水戸黄門「恋しい父は悪の手先!?(島田)」(2009/12/14放送)
ご老公の目に涙、ですよ。 そらぁ〜、見てるおいらも涙しますよ〜って。 子役の賢太郎と、お父さん=三浦浩一さん、もう、よかった〜 それとお姉さん・おきみ=松下萌子ちゃんも、よかったし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/02 22:23
JIN − 仁 − 第十話(2009/12/13放送)
逆回転してた時計の針が、もとある方向へ動き出した、そんな感じですかね。 咲=綾瀬はるかちゃんの真っ直ぐさがすごく良くって、仁を諦めて、仁が出て行くのを見送った涙、それ視ておいらも涙、ですわ。 そして最後、龍馬=ウッチーと仁=大沢たかおくん。 ここも、涙無くして視れませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/01 21:45
水戸黄門「鬼の継母と意地悪姉妹(大垣)」(2009/12/07放送)
水戸黄門版「シンデレラ」、です。 先代一文字屋の娘・おさよ=於保佐代子ちゃん。 彼女、目がいいですね、おいらの好きな目です。 で、おさよ、いい娘ですわ〜 継母・姉妹にいじめられてね。 でも口入屋の娘として人足を心配する、ほんと、いい娘。 そして、文字通り白馬に乗った王子様、いや、お殿様、ですよ。 殿様もよかった〜、あぁいう殿様が居ると、藩も安心して任せられますよ、ね、ご老公様〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/31 19:26
JIN − 仁 − 第九話(2009/12/06放送)
咲=綾瀬はるかちゃんも、恭太郎=小出恵介くんも・・・橘家の兄妹は、恋に関しては悲しいね。 でもそれは、野風もそうなんやねぇ。 で、後半火事騒ぎ、山田先生、佐分利先生、蘭学と対立してた漢方の先生、め組辰五郎親分、命がけの心意気 またぁ〜、涙ですよ〜、鼻かみすぎて、真っ赤。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/30 23:52
水戸黄門「暴かれた芭蕉の正体!?(山中)」(2009/11/30放送)
俳人芭蕉は実は忍びだった・・・! ってまぁ、よく知られた伝奇ですよね。 今回は久しぶりにご老公が狙われて、緊迫感のあるお話、緊迫感のある大立ち廻り、面白かったですよ〜 安部麻美ちゃんもかわいかったし、曽良もやっぱ、なんか感じええし。 緊迫感とホノボノ感、てても面白かったぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/29 23:18
水戸黄門「質実剛健 わが道を行く(金沢)」(2009/11/23放送)
黒金清兵衛=西郷輝彦さん。 いやぁ、視てて心に響くわぁ〜。 芯が一本しっかり通ってると、どんなに厳しくしても、付いてきてくれる人は付いてきてくれるんやね。 勉強になるわぁ〜、おいらにはなかなか・・・どころか、かぁ〜んなり難しいことやけどね。 そして、怒髪天!、のご老公。 滅多に人が死なない水戸黄門、やからね。 芯はしっかりした若者の死、ご老公も大怒り、でしたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 23:42
水戸黄門「届け歌声 響け、から桶(高山)」(2009/11/16放送)
さくらまやちゃん、歌、うまぁ〜。 お芝居は、所々棒読みっぽいところもあったけど、でも十分及第点、って感じでしたよ。 最後にね、別れかと思いきや再会、短い時間で二転三転でしたけど、その短い時間で泣かされました〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 00:20
水戸黄門「艶やかお絹の七変化!(富山)」(2009/11/09放送)
立花兄妹、天晴れぇ〜、でした。 城中で殿をいさめる兄妹、めっちゃかっこよかった、です。 その妹茜=木内晶子ちゃん、美人さんです。 そして今回、おいら的には仙吉っつぁん〜! 彼の男意気、しびれましたわ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 01:10
JIN − 仁 − 第八話(2009/11/29放送)
いやぁ、毎週毎週、泣かずにおれんよね。 鼻詰まってます。 橘恭太郎=小出恵介君と、初音=水沢エレナちゃんの関係は、これ、今でも普通に通じる話やし。 恭太郎からするとね、ホントに好きで。 そんな相手=初音ががうわ言で呼んだ名前は田之助。 いやぁ、ツライよぉ〜、そのツラさ、わかるよぉ〜 ~\(ToT)/~ でもそのツラさにまけず行動する恭太郎、すんごいよ、素晴らしいよぉ〜。 龍馬が言うとおりだよ、あんた、偉いよ。全然卑下すること無いよぉ〜 そして、仁、龍馬、咲、野風、恭太郎、みんな、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/23 22:58
JIN − 仁 − 第七話(2009/11/22放送)
今週もまた、泣いたよ、泣かされたぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/19 23:32
天地人「愛を掲げよ」(2009/11/22放送)
さぁ、最終回でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 20:56
JIN − 仁 − 第六話(2009/11/15放送)
今週はね、龍馬=ウッチー、野風、そして咲=綾瀬はるかちゃんが、よかったねぇ〜。 とくに龍馬・咲のおかげ(?)で、「生への執着心」を自覚できた仁=大沢たかお君、ね。 やぁ〜、やっぱまた、泣いたよ、大泣きっすよぉ〜。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/16 22:46
天地人「大坂城炎上」(2009/11/15放送)
大河って、九月頃がクライマックスですよね。 今回の「天地人」も、九月に関ヶ原があって、やっぱりそこがクライマックスなんやと思います。 しかぁ〜し、おいら的には、あと最終回の一話を残してますが、今回がクライマックスやないか、って思います。 今回の大河、謙信・景勝、三成、等々主役兼継よりも周りの人物の方が印象に残るお話になってるって感じてるんですよね、おいら的に。 「天地人」、直江兼継〜上杉家、よりも、織田・豊臣・徳川、と。 授業で習う日本史的にも一番面白いと思われるこの3傑を、上杉目線で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/14 22:01
JIN − 仁 − 第五話(2009/11/08放送)
なんやろもう、兎に角、いいですね。 視聴率もいいらしいけど、わかるわかる〜、って感じ。 緒方洪庵やウッチー龍馬といった、周りの人たちもええ感じやし。 「みんな一生懸命」なのと、「人と人とのつながり」っての? 「人が人を思う気持ち」、これがいいです、大好きです。 そして、器具が揃ってない時代での医療ってことで、他の医者モノとは違う緊迫感と面白さがあるよね。 ほんと、いいわぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 21:28
天地人「大坂の陣へ」(2009/11/08放送)
今週は、アッキー=中川晃教君の秀忠、深キョン=深田恭子ちゃんの淀姫、こども店長=加藤清史郎君、仙桃院様がよかった〜。 アッキーね、感じいいわぁ〜。歌が無いのは残念やけど、まぁしゃあないよね。 でも、すごく感じのいい秀忠です。 深キョンはね、おいらの中の淀姫像を変えました。 カワイイのは兎も角として、なんか「エゴ」的な感じはあんまり無くって、「いや、それこそ、正しいよ」って思わせてくれます。 加藤清史郎君はねぇ、「紅葉の家臣」、いやぁ、これも最高ですね。 しっかりしてるし、清史郎君もし... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/12 22:52
柳生武芸帳(2010/01/02放送)
他の、昨年時代劇視終わってへんけど、先に視ちゃいました〜、面白かった〜。 最近ね、主役よりも脇役にどうも目がいきがちなんやけど今回、又十郎=速水もこみち君。 彼がよかったですわぁ〜。 十兵衛=反町隆史さんとの兄弟コンビ、最強タッグ(プロレスで言うなら、ドリー・ファンクJr. & テリー・ファンク、です)。 桔梗=菊川怜ちゃんとの恋物語。 ラストねぇ、ちゃんと生きて戻ってきて、このお話の中で唯一のHappy End 、ですよね〜。 その菊川怜ちゃんもよかったし、あざみ=青山倫子ちゃんも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 21:03
JIN − 仁 − 第四話(2009/11/01放送)
先週までは三話連続でひとつの流れになってたんで、今週から新章、って感じですね。 で、今週も泣くんかなぁ、と思って視たら、案の定泣かされました。 野風の回想シーンと、ラストの咲が野風を見て驚くシーン。 いや、いい〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/09 22:54
天地人「哀しみの花嫁」(2009/11/01放送)
よかったぁ〜、今週。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/07 22:11
水戸黄門「藩主の嫁も楽じゃない(鶴岡)」(2009/10/26放送)
立ちまわりで、密姫=黒川智花ちゃんがそっと叔父上=ご老公に、満願の笑みで近づいたところ、よかったですわ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/04 21:49
JIN − 仁 − 第三話(2009/10/25放送)
週末大阪に帰って、やっと続きを東京に持ってきましたよ、で、続き、視ましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/02 23:14
天地人「実頼追放」(2009/10/25放送)
とうとう追いつきませんでしたよ、昨日最終回やったみたいで。 早くない? 去年は一話延長した、って噂を聞いたけど・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/23 21:06
水戸黄門「悪を一喝 世話焼き美人(象潟)」(2009/10/19放送)
最後の最後、おちかの半泣き顔で助さんを見送る姿に、「ホロッ」ときてしまいました。 もう、そこにつきるねっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 21:33
JIN − 仁 − 第二話(2009/10/18放送)
いやぁ、泣かされます。 ただの時代劇と違って、やっぱり「ドラマ」枠なんでしょうね。 かんなりいいです。 「東京DOGS 」もそうやけど、久しぶりにドラマ視ると、ハマるね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/19 22:58
天地人「将軍誕生」(2009/10/18放送)
今回は「菊姫」の回! もう、菊姫の一言、一挙一動に感動で涙でしたよ。 最後に景勝の胸に抱かれてるときの菊姫は、ホントにキレイで可愛かった。 また菊姫に会うため江戸から伏見へ向かった景勝もまたGOOD! いやぁ、今回はよかった、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/18 22:22
水戸黄門「赤い恐怖!心の叫び(久保田)」(2009/10/12放送)
今週は、「少年探偵団」って感じでしたわ。 子供たち大活躍、が面白い面白い。 おさとちゃんとカッパの三人組ともう一人の女の子。 で、そのカッパの三人組が「少年探偵団」やったね。 子役・おさと=吉田里琴ちゃん、彼女将来きっと美人さんやね〜、なんてなこと思いながら視てましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/17 22:03
JIN − 仁- 第一話(2009/10/11放送)
さてこれを「時代劇」と捉えるかどうか、ってのはありますが・・・ 録画したままでまだ視て無いときに、おいらの知人が「戦国自衛隊みたいなもんや」って言うてはりました。 視て、「なるほど」って思いましたよ。 まぁ、「時代劇」の定義はどうあれ、おいら的には一応「時代劇」ですね、これは。 普段視てる「時代劇」とはひと味もふた味も違うので、これは楽しみです。 で、この第一話。 いやぁ、面白いです。 ぶっちゃけ、この第一話だけで「スペシャルドラマ」として完結しててもエエくらいでしたよ。 出演者... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/16 21:54
天地人「上杉の生きる道」(2009/10/11放送)
今週って、今回の大河で一番泣かされたかも。 まずは「北斗の七星」、あそこから号泣が始まりました。 で、子供店長=加藤清史郎君。 彼ねぇ、ほんと、いいわぁ〜、名子役、ですね。 そして父と子=父と子、そこに、最後弟も加わっての大騒ぎへ繋がって、めちゃめちゃ良かったよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/12 20:30
天地人「上杉転落」(2009/10/04放送)
先週は今週の前振りやったんですね。 福島と小早川、二週に渡って描かれることで、良さが出てましたわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 22:49
天地人「三成の遺言」(2009/09/27放送)
今週は、三成が福島政則・小早川秀明へ託した遺言シーンが印象に残りましたよ。 特に、政則が進めた酒を飲むシーン。 なんにしても、小栗君の笑顔がいいよ〜 あと、上地君のお芝居も好きですわぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/04 21:42
水戸黄門「はぐれ老公お宝探し(弘前)」(2009/09/21放送)
先週に続いて今週も、ご老公の悪い癖、いたずら心が出てきました。 「雷の三右衛門」ですよ。 しかも、ご老公とはぐれた助さん・格さん、虫の居所が悪い。 その虫の居所が悪い助さん・格さんに絡んだ輩は、そらぁ〜、災難やね。 そしてご老公こと雷の三右衛門の手下となった太助と又三には、ちょっと泣かされたましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/28 22:25
天地人「ふたつの関ヶ原」(2009/09/20放送)
これまでオープニング前に前説(?)あったのに今回は、いきなりのオープニング。 クライマックス、「関ヶ原」です。 関ヶ原合戦、時間をかけて、多分金もかかってますよねぇ〜。 今までおいらが視た大河の中では一番時間かけて描かれてた気がします。 ・・・ でも、何故? 「天地人」、ここがクライマックスなのが、おいら的には「?」です。 その上、「関ヶ原」映像的には凄く面白かったのに反して、ストーリーがちょっと稚拙、っていうか、「何を描きたいの?」か分からんかった。 クライマックスやのに、勿体... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/26 22:13
水戸黄門「ニセ黄門の大芝居!(盛岡)」(2009/09/14放送)
ご老公の悪い癖、いたずら心が出てきましたよ。 名前は同じ、光右衛門=笹野さん、流れに乗って「ニセご老公」になって、ご老公は「ニセ光右衛門になるし。 ご老公がニセ者に扮し始めたときの、助さん格さんの顔がまたいいね。 「また始まった」的な。 にしても、ご老公、ノリ良すぎ〜 ラストの立ち廻り前のお芝居、ご老公と助さん格さん、隈取りまでして、遊びすぎ〜 (^o^) そんな感じで全編コメディやけど、でもホロッともさせる、水戸黄門王道ストーリーでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/25 21:56
天地人「家康への挑戦状」(2009/09/13放送)
いよいよクライマックスです。 世に名高い「直江状」、あそこのシーンは、見事ですわ。 特に家康=松方弘樹さん、素晴らしいね。 それと、秀頼に直江状を読み聞かす淀君=深キョンのお母さんっぷりもGOOD です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/10 23:42
水戸黄門「引き裂かれた娘の友情(平泉)」(2009/09/07放送)
号泣続きでした。 お花ちゃんとお美代ちゃん。 この二人に最初っから最後まで、泣かされっぱなし、な今回は、 ホント、よかった〜 ~\(ToT)/~ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/08 21:09
天地人「史上最大の密約」(2009/09/06放送)
先週に引き続き、面白いです。 やっぱり「大河」は、9月が盛り上がりますね。 まずは伏見城。 家康=松方弘樹さん、最初の頃は「何で松方さん」って思ってたけど、今回の大河での家康の描き方からすると、ええキャスティングですわ。 あの「とぼけた」感じと、その一方鋭いといいますか、「切れる」感じ。 ま、「ヒール」家康に、わりと「いい人」松方さん、ってのは違和感あるけど、そこはやっぱり、素晴らしい役者さんですね、上手いわぁ〜。 またその場でのね、景勝=北村一輝さんがね、以前言った通り兼続の「楯」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/04 10:10
水戸黄門「肝っ玉母さん猛烈告白(松島)」(2009/08/31放送)
やっぱり屋外の殺陣はイイですねぇ〜、セットの殺陣とはまた違う、大きさを感じます。 で、今週、あの預かり息子娘の四人が紀代=水前寺清子さんに「漁場を捨てて、息子宗太郎を助けよう」って所、ここがもう、大泣きの泣き所でした。 でね、四兄弟姉妹がエンディングで五兄弟姉妹になってたのも、良かったよねぇ〜。 さて、ゲスト。 紀代=水前寺清子さん。 たまぁ〜に時代劇で(水戸黄門かな、やっぱり)で視るんやけど、正直、「下手」やなぁ〜、って感じるんやけど、でもええ味出されてね。 上手い下手よりも、なん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/02 22:22
天地人「家康の陰謀」(2009/08/30放送)
いやぁ、今週は、めっちゃ面白かったよ。 まずは大阪城での淀=深キョン、幸村=城田優君、秀秋=上地雄輔君も。 三成屋敷での三成=小栗旬君、兼続=妻夫木聡君。 そして、利家屋敷での利家=宇津井健さん。 ここでの家康と利家の絡みはほんま、メチャクチャ面白かったでしょ〜 それからやっぱり、家康=松方弘樹さん。 家康のね〜、裏と表。 飄々とした面と狡猾な面。 視応えあったぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/28 21:27
水戸黄門「美人剣士の婿選び(山形)」(2009/08/24放送)
縦糸横糸絡み合って、楽しみです、奥の細道。 曽良と弥七・お絹の屋根上の殺陣は、時間短かったけど、面白かったです。 それから今回、平作=宮川一朗太さんのキャラクターが絶妙でしたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/26 22:58
天地人「さらば越後」(2009/08/23放送)
国替えです。 石高は120万を超え、まさに大大名、やけど、ね。 愛着のある土地を離れる、離れなならんのは、ツラいことです。 まぁ、徳川も三河を離れて関東に入ったんやから、上杉だけ例外、ってわけにもいかんのでしょうけど。 これで、上杉は会津に入って、さぁ、関ヶ原前の布陣が整った、って感じでしょうか。 来週予告の深キョンが印象的です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/25 23:13
水戸黄門「赤と青 風車の秘密!(米沢)」(2009/08/17放送)
馬淵英俚可ちゃんがカワイそう〜 (ToT) でした、途中まで。 (馬淵っちゃん、下の名前、漢字変えたのね。) そこに”青”臥雲坊(高知東生さん)と”赤”弥七が、ってところはもう、涙涙、ですよぉ〜。 いやいやほんとに、泣かされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/24 21:53
天地人「五人の兼続」(2009/08/16放送)
冒頭のね、景勝。 いやぁ、素晴らしいです、あんなご主君様、「わしが楯になってやる」って。 家老が何でもできるからひねくれる、ってのと違って、「なんでもやりたいようにやれ、わしが責任取る、わしが最後は守ったる」って。 幼い頃からの、単なる主従関係でない二人の関係って、素晴らしいです。 それから、先週から続く、三成と兼続の関係。 これまた素晴らしい友情です。 好っきゃわぁ〜、こういう話。 おかげでね、久しぶりに三成の笑顔が視れたし。 天守閣での二人の大笑いは、ホント良かった。 視て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/23 23:11
水戸黄門「会津剣士、男の生きざま(会津)」(2009/08/10放送)
芳坊、泣かすねぇ〜。 今週はほんま芳坊に泣かされたよ〜。 いわれのない(っていうか、ねじ曲げられた真実)があるとは言え、「藩士」って肩書きで菅谷(=坂上忍さん)を冒涜する輩には、憤りを感じましたね。 どっちが・・・って。でもこれって、今の政治にも似たようなところがある気がする(こないだの自民大敗後の自民へのインタビューに答える・・・いや、答えてへんね、あの対応する自民視て思ったよ・・・) で、まだ第三話ですけど、もうお千代ちゃん(=三津谷葉子ちゃん)はお終いですね。 前回の磯山さやかち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/18 21:58
天地人「世継ぎの運命(さだめ)」(2009/08/09放送)
サブタイトルに「運命(さだめ)」って入ってますけど、「世継ぎの」ってより、三成と兼続、お涼と兼続のほうに「運命」を感じました。 とくに三成と兼続、あの伏見の広間で大の字になって、言葉少なに語り合う二人、いい〜、かなりいいですわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/16 20:42
水戸黄門「好色強欲の悪党ども!(日光)」(2009/08/03放送)
周りの人に「水戸黄門、第40部始まってるんですよ〜」的話をしたら、「今風に言うたら『シーズン40』ですね」って言われた (^o^;) 今回原田龍二さん、一人二役?って思いましたよ。 で、wikiで調べたら、本宮泰風さんって、原田龍二さんの弟さんなんですね。 いやぁ、似てるなぁ〜、と思いながら、でもちょっと違うと思ってたら。 でも、やっぱり兄弟、よく似てる〜。 で今回、兄弟ならぬ、兄妹。 ・・・と、その前に、公家役の村野武範さん。 京訛りがちょっとなぁ〜。 やっぱり、関西弁や京言葉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/15 21:33
天地人「愛の花戦」(2009/08/02放送)
秀吉と関係のないところで、豊臣と上杉の縁が強くなっていきますね。 淀と菊。 菊が淀を励ましたシーンは、よかったです。 それと菊が殿景勝に再会するシーン。 共にほのぼの感満載で、よかった。 それから今回の大河では、上杉主役で上杉〜豊臣がベビーフェースで描かれてるんで、徳川や北の政所様が若干ヒールに描かれてるのが、おいらの好きな歴史観と違うのが、面白いですわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/12 21:47
水戸黄門「陰謀暴き、いざ北へ!終わりなき世直しの旅(水戸・江戸)」(2009/07/27放送)
シリーズ第40部は、2時間スペシャルでスタート! スペシャルならでは、と言ったところにもってきて、キャストがみんな魅力的で、こんな楽しい第一話はなかなか無いですね。 まずは、「久しぶり」の”うっかり八兵衛”と「新顔」の”ちゃっかり”八兵衛、のW八兵衛(「こいつはうっかりだ」の台詞は、もう懐かしかったぁ〜)。 水戸藩主・水戸綱條、辰巳芸者・鶴次、津軽藩士・深田左馬之助、等々。 そしてこれからレギュラーとなるお千代=三津谷葉子ちゃん。 何よりも、松尾芭蕉=堺正章さん、ですわ。 松尾芭蕉の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/09 22:21
天地人「女たちの上洛」(2009/07/26放送)
天下も統一なって、歴史的には「次は・・・」ってとこですね。 今週分を視るだけでは分かりませんが、秀吉が今後どう描かれてるのか、三成は?って所書きになります。 ま、それはさておいとて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/08 20:37
天地人「天下統一」(2009/07/19放送)
今後の布石打ちまくり、です。 家康(徳川)と兼続(上杉)、政宗(伊達)と兼続(上杉)、家康(徳川)と三成(豊臣)。 全て関ヶ原への布石ですね。 でもって、最後の最後のナレーションで「関ヶ原」って単語が出てきて。 おいら的今回の見所は、政宗の小田原参陣。 それから石垣山一夜城。 「石垣山一夜城」のシーンはねぇ〜、ちょっと音楽が残念でした。 全般的にこの「天地人」、音楽の使い方、悪くは無いねんけど、去年の「篤姫」での音楽の使い方が素晴らしく良かったんで、ちょっと見劣りしてしまいますね。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/07 22:13
天地人「北の独眼竜」(2009/07/12放送)
閑話休題、って感じでした。 兼続に子が産まれ、ほのぼのした空気が流れてます。 その一方で、予告編にもあったように、天下統一を控えた国内最後の戦が迫ってます。 しかしこの天地人、家康を悪く描いてるなぁ〜。 ま、この時代の上杉が主役やからしゃぁないっか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/02 22:02
天地人「与六と与七」(2009/07/05放送)
泣いたぁ〜 与七がお涼に茶の手ほどきを頼んだあたりからもう、めっちゃ泣かされました。 それと、与七が官位と新しい苗字をもらったことに対する景勝の裁量、これは格好良かったです。 最後にね、あれだけかわいがっていた与七が身近な所から離れたけど、新しい命、我が子が、ってのも、良かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/02 22:00
天地人「関白を叱る」(2009/06/28放送)
上洛編が終わりました、一気視。 今回は冒頭からいきなりのクライマックス。 この「天地人」第一話の再現です・・・っていうか、再現して欲しかったなぁ〜、景勝と兼続の下城シーンを。 で、越後に戻った上杉と入れ替わりで上洛したのが、家康。 遂に家康が動きました、あ、「遂に」って言い方はまだ早い、か。 狸と猿の化かし合い、それを見る三成、の構図。 その前に兼続から三成への忠告シーンがあったから、この化かし合いを見る三成をしっかり描いてるのが、面白かったです。 後の天下分け目への布石、ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/31 22:45
天地人「天下人の誘惑」(2009/06/21放送)
景勝〜兼続の主従、秀吉〜三成の主従、兼続〜三成の友情、兼続〜幸村の師弟、と色んな関係が入り交じった所に、初音っていう一本の糸が絡んで、今回はとても面白かったですわ。 単に兼続の名代としての活躍を描くだけでなく、秀吉が張り巡らした蜘蛛の糸、ね。 いやぁ、なかなか、見所満載で、面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/31 22:44
天地人「戸惑いの上洛」(2009/06/14放送)
殿景勝の苦悩を視て、忠臣蔵の浅野内匠頭を思い出しました。 精神的な苦痛、今でいうストレスの積み重なりでしょうね。 自分を抑えて、周りに合わせていかなあかん、っていう、「政治的」な駆け引き。 無骨の人景勝にとってはほんと、しんどいよねぇ。 でも最後の最後まで「行かねばならん」って言ってた景勝、これまでの越後に居た時と比べて一回りも二回りも大きくなってる。 やっぱり前回の上田の庄での決心が大きいようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/31 22:43
天地人「愛の兜」(2009/06/07放送)
随分録り貯まってしまったので、これから一気に追いつこうと思います。 で、やっと約3ヶ月前放送分です。 幼少時代の上田の庄に戻って、いつになく饒舌な殿、景勝。 上洛出発の宣言のシーンが凄く良かったです、ちょい涙モノ、でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/31 22:43
天地人「真田幸村参上」(2009/05/31放送)
面白かった、ほんと、面白かったよ、今回。 「真田幸村」ってのもよかったし、途中の兼継と惣右衛門親子の会話もよかったし。 先週の三成から続いて、ちょっとええ話っていうか、面白いよ、うんうん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/15 00:42
天地人「三成の涙」(2009/05/24放送)
前回視てから随分間があいてしまってます。 こないに大事な回をねぇ、こない遅れて視るやなんて。 いやいやホント、今回は大事やし、よかったよぉ。 兼継と三成、ここから始まったんやね。 ここから関ヶ原に繋がるんやと思うと、ちょい感無量よ。 それから三成役の小栗旬君、いい、すごくいいわ。 前回まで正直、あのシュッとした小栗旬君にあのヅラは・・・、って思ってたんやけど今週・途中からはもう、すっかりあのヅラ、全く気にならんほど、よかったです。 今週ね、ストーリーもよく(っていうか、ホンマ重要)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/10 23:38
必殺仕事人2009 最終話(2009/06/26放送)
いやぁ、仕事人らしい最終回でしたわ。 江戸で大仕事をして、江戸をずらかる。 (でも匳は江戸に残ってましたね) 涼次と小五郎の意外な信頼関係が良かったですわ。 まぁあれだけ表面上ぶつかってても、信頼関係が無いとやっぱり、仕事はでけへん、っちゅうことですな。 意外と言えば、偽仕事人の正体。 伝七、って・・でも突飛すぎひん? 前々回の片想いから何か思うところあって、ってなストーリーがあってもよかったんちゃうかなぁ〜、ただ単に大老の手先になってたん? ちょっとそのへんが分かりづらかった、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/03 06:58
必殺仕事人2009 第二十一話(2009/06/19放送)
最終話まで一気に視ようって思ってたんやけど、今週の終わりが面白かったんで、あえて分けて視よ、最終回をもったいぶって残しとこ、って思いましたよ。 いやほんと今回、面白かったぁ〜。 まさに仕事人スペシャルでよくあるパターンやん? 偽仕事人。 的は幕府の超大物。 ゲストはおいらが大好きな若村真由美さん。 涼次の大立ち回りもよかったよ。 さ、もともと3月終わりやった仕事人が放送延長になってね。 それもいよいよ次回最終回! 楽しみっ〜! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/01 22:01
必殺仕事人2009 第二十話(2009/06/12放送)
貴恵と津田兵馬、仇同士が恋仲ってのはよくある設定やし、山百合のところでその設定も分かったけど、やっぱええよねぇ〜、こういうお話。 そこに小五郎の相方(?)大河原さんの片想いが絡んで。 貴恵と津田兵馬が手を握りあって、その手がほどけへん、あぁ、涙やわぁ〜。 そして依頼人、お母さんのぬいさんの最期。 またまたここでも涙〜でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/30 23:13
必殺仕事人2009 第十九話(2009/06/05放送)
いつからやろなぁ、こういう話にはすっかり弱くなってしまいましたわ。 今回は、2組の兄弟。姉妹と兄妹(ま、涼次と如月は兄妹とは違うんやけどね)。 途中から泣きでした。 それと、仕事に向かう前に小五郎が涼次に言うた一言、「しくじるんじゃねぇぞ」って。 あれがねぇ、パッと見、仲間思いの言葉。 でも、この必殺通して見たら、常に冷静で冷酷な、「足引きずるんじゃねぇぞ」的な言葉。 そんな経緯を踏まえて、それでも敢えての仕事仲間への言葉に感じた、のはおいらだけ? いや、良かったわぁ、あそこのシー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/24 22:02
必殺仕事人2009 第十八話(2009/05/29放送)
殺しの的は渡辺小五郎。 てっきり小五郎を名乗る別人が居るんやと思ってた。 小五郎がお春を抱きしめて「恨みを晴らしてやる」ってところは、グッと来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/23 23:53
必殺仕事人2009 第十七話(2009/05/22放送)
録画した分をDVD-Rに焼いてホテルに持ってきてるんですけどねぇ、まだ一ヶ月遅れです。 今回はゲストがいい! 加賀まりこさん、綿引勝彦さん。 ストーリーは「ゴミ屋敷」と「姥捨て山」。 あのゴミ屋敷の火事時の年寄りたちの表情がすごいよかったですわ。 それから、匳、いいっすねぇ〜。 仕事人2009では一番キャラとしていいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/23 00:13
天地人「秀吉の罠」(2009/05/17放送)
一気に三年が経過、天下は秀吉のものになりつつあります。 そんな中での、秀吉〜景勝、三成〜兼継会談。 ここで改めて、景勝・兼継主従の素晴らしい結びつきが描かれてて、うん、いいですねぇ〜。 また、三成=小栗旬君がいい。 いやぁ、嫌味十分な三成を演じてますね、お見事、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/17 00:28
必殺仕事人2009 第十六話(2009/05/15放送)
これまた一ヶ月ぶりです。 で、一ヶ月遅れで視た今回、偶然やねぇ〜、って最後の最後、小五郎が役宅帰ってのショートコントで思うたんが、ちょうど一ヶ月前のこの直後に、「新インフルエンザ」の話題が日本中を駆けめぐったんやったなぁ〜、って。 そのまま放送時に視てたらなんとも感じひんかったかもしれんけど、って思うと、不思議な感じがするわぁ〜。 あ、さてさて本編。 志乃=貫地谷しほりちゃんを巡る三角関係。 でもこれ、二人の男がどっちもええ男なんよねぇ〜。 見かけやのうてね。 それからやぁ〜っぱり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/15 23:14
天地人「本能寺の変」(2009/05/10放送)
やっぱり大河は毎週視んとあかんね。 めっちゃ盛り上がってたはずやのに、すっかり忘れてました、一ヶ月遅れです。 しかも「本能寺の変」ですよ〜。 おいら的日本の歴史重大ニュースbP、な本能寺です。 でも今回はあくまでサイドストーリー扱いでしたわ、そりゃそうです、上杉中心のお話やもん。 それでもサブタイトルが「本能寺の変」って付く位、やっぱり日本にとって大きな事件やったんですよ。 ま、そんな今回ですけど、おいら的には魚津城の陥落と安部政吉の最期が涙でした〜 それと、最後の兼続とお船のやり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/11 00:02
必殺仕事人2009 第十五話(2009/05/08放送)
今週も面白かったですよ。 メイン感想ではないですけど、新メンバー匳もテーマ曲有り、なんですね、よかったよかった。 それから、小五郎! 「能ある鷹は爪を隠す」ですねぇ〜、と思いながらも、「爪」は滅多なことで見せたらあかんでぇ〜、とも思ったよ。 「何で籠呼ばなかった」の台詞はね、完全に「爪」見せてしもうてるよ〜、ま、ドラマ的にはそれが面白いんやけどね。 で、本編感想的には、経師屋涼次。 これで経師屋は仕事人としてレベルアップするね。 経師屋にとっては、っていうか、男にとってはツラい仕事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/09 01:05
天地人「義の戦士達」(2009/05/03放送)
安部政吉のね、「殿を頼む、『与六』」って、「兼続」と違うて「与六」ってのに、泣かされました〜 ・・・ って感じで、所々でやっぱり泣かされるようなええエピソードがあって面白い今回の大河「天地人」ですけど、その一方で、ちょくちょくガッカリさせられる今回の大河、です、ハッキリ言うて。(全般的には面白いんですけどね)。 今週は、おいら的には珍しく、ちょっと辛口です・・・っていうか、ここまでの不満爆発です、来週以降に引きずらんために、まずは今週一気に爆発させときます(とは書きながら、予告編視る限り来... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 21:53
必殺仕事人2009 第十四話(2009/05/01放送)
おゆう(=井上和香ちゃん)のお母さん、おかね(=烏丸せつこさん)が仕事を頼むシーンが、涙誘いましたよ。 あのシーン、よかったわぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 00:24
天地人「直江兼続誕生」(2009/04/26放送)
今週は慌ただしい展開やったけど、その慌ただしさ故に、めっちゃ面白かった。 まずは、安部政吉と兼続の前半の会話。 あれは、来たねぇ〜。 「上に立つ者が最もやってはいけないこと、私情を挟むこと」 的な台詞。 応えますわぁ〜、古今問わず、そうなんやなぁ〜、って。 で今週は久しぶりの三成登場。 三成と初音は、どういう関係? 先に興味を持たせますわ。 それから与七。 「姉上に文を書かれては?」って、もう〜、いい、おいら的ツボ。 その後の武田へ援兵出す所も、なかなかGODDです。 ただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/02 23:21
幻十郎必殺剣スペシャル「死神復活」(2009/04/10放送)
スペシャルです、放送から随分経ってしまいましたが。 誰が一番悲しい思いをしてるか、って、仁平さんやと思います。 たった一人の孫娘を失ってね、そらあの世で身分を越えて、和馬と夫婦になれたかもしれんけど、残された仁平さんがかわいそうで、涙が出ました。 しかしまぁ今回、本田博太郎さん、大滝秀治さん、内藤剛志さん、っと、豪華なゲストでした。 お話も、志乃さんが誘拐〜記憶喪失〜織絵さんのお墓の前で記憶を取り戻す、って前半の流れは面白かったし、期待通りではなかった楽翁=松平定信(権力への執着、で、幻... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/01 22:58
天地人「信玄の娘」(2009/04/19放送)
上杉が漸く落ち着きましたね。 で、兼続が家老に。 途中、今回のサブタイトル通り「信玄の娘」菊姫の輿入れもあったけど、やっぱり今回は、景勝、ですわ。 景勝と兼続の、杯やりとりしてるシーン、凄くよかったですよ。 じんわぁ〜り、と、きます。 で、今回の大河「天地人」始まって、初めて落ち着いて視れたと思ったら、最後の最後で、「!」な展開、です。 いやぁ、退屈させませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/01 00:36
必殺仕事人2009 第十三話(2009/04/24放送)
そうですかぁ、新メンバー加入、と来ましたかぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/26 21:40
天地人「御館落城」(2009/04/12放送)
前半と後半で、同じ回とは思えんくらい、後半よかったです (っていうか、逆に言うなら前半はちょっと・・・お船や仙桃院様の涙といい、どこやったっけ、兼続を撮ってるカメラがぶるぶる震えてるところといい・・・かなりできがひどかったきがする・・・) 特に、景虎と華姫、に尽きます。 あの舞台での景虎と華姫の抱擁、華姫=相武紗季ちゃんの涙、景虎=玉山鉄二君の涙! 最後の最後、景虎が華姫を抱いて消えていくシーンは、すごくキレイで良かったぁ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/21 01:45
天地人「黄金の盟約」(2009/04/05放送)
2週遅れです、出張でおうちを空けてると、どうも視るのが貯まってしまいます。 さてさて、勝頼に言った兼続の台詞が、かんなり心に響きましたわ。 「金は使い方次第で、賤しくも尊くもなる」 でしたっけ?なんか、そんなニュアンス。 それから最後、景勝と兼続が、景勝婚儀の件で話をしてる時のね、「時」に関しての(あぁ〜、台詞忘れたぁ〜)台詞。 今週はホントに、「ここ」って台詞が良かったです。 それと、勝頼=笑也さん、ですね。 笑也さんと言えば女形のイメージが強い(っていうか、女形のイメージしかな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/19 21:26
必殺仕事人2009 第十二話(2009/04/17放送)
出張が続くと、録画が貯まる一方です、まずは「仕事人」を片付けていきましょう〜、ってことで、今週は、本田博太郎さん、です。 やっぱり、キャラがいいですよね、博太郎さんわ。 それから、源太が居なくなって初めての仕事で、最後は不可解でしたわぁ〜。 あの、首筋の締め跡。 来週の予告といい。。。まさかなぁ〜、とは思うんやけど、でも先週の火葬のシーンでもちょっと、気にはなるシーンが。 あぁ、気になるぞっ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/19 01:02
必殺仕事人2009 第十一話(2009/04/10放送)
気がついたら一週間、ブログをサボってました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/11 01:04
天地人「潜入!武田の陣」(2009/03/29放送)
兼続と景勝、兼続とお船。 武田では、兼続と高坂弾正。 今更ながらぁ〜「天地人」面白い、ねっ! でもまぁ今回一番の見所は、兼続と景勝の言い争い、っていいますか、なにより景勝が「起った」感満載名ところが良かったですよ。 うん、ええ感じ、これからますます面白くなっていくんやろなぁ〜、期待大ですっ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/30 21:57
水戸黄門「濡れ衣晴らし春満開(江戸)」(2008/03/23放送)
シリーズ最終回。 格さんが珍しく、刀を持ちましたよっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 20:37
天地人「命がけの使者」(2009/03/22放送)
感動したっ! もう、感動したっ! 笑也さんが出てきたり、お船の話もあったけど・・・ 何よりももう、桑取衆が景勝の屋敷にやってきたところはもう、感動したっ! 涙、ちょちょぎれたよぉ〜 ~\(ToT)/~ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/23 21:47
必殺仕事人2009 第十話(2009/03/20放送)
今週は視応えたっぷり。 まずは、荒川良々さんと池上池上季実子の母子。 黒頭巾、やってることは「無差別殺人」なんで、分かったらあかんのやけど、少しは分かる・・・ 儀助はね、若いんやけど、もう、疲れてたんやね。 風呂場で喜平と会話た後に、自分の身代わりで喜平が殺されて、それも誰に殺されたかは分かってしまってるし。 まぁ、母親の気持ちも分かるけど、その想いが深い・・・深すぎるだけにそれが、儀平の重荷になってしまってたんやろうなぁ。 悲しいお話です。 それと、やっぱりずっと気になってた、仕... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/20 23:05
水戸黄門「狙え一攫千金(境)」(2008/03/16放送)
「富籤」まぁ今やったら「ジャンボ宝くじ」か「ロト6 」か。 庶民の楽しみ、ささやかな夢。 ま、そういうおいらもジャンボは買い続けてますが・・・ そんな富籤騒ぎに巻き込まれ、色々あって賭場で遊ぶご老公。 どうもね、最初と最後はちゃんと賭場に来た目的覚えてたけど途中、勝ち続けてる時は、おそらく目的忘れて没頭してたんちゃうかなぁ〜、ご老公のことやから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/20 19:55
水戸黄門「踊り子の想いを繋ぐ天橋立(宮津)」(2008/03/09放送)
さぁ今日中に貯まってる番組、視きらんと〜。 ということで、朝からまずは先週分の水戸黄門を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/20 11:55
幻十郎必殺剣「梅の花の約束」(2009/03/16放送)
最終回。 楽翁=松平定信、やっぱり、権力の人やったね。 しかも、昔追い落とされた恨み妬みの固まりやん。。。 ま、幻の旦那も、きっとそれを分かった上で、でも力のない人達のために、楽翁を利用してたんや、って思いたい、です。 最終回らしく、一区切り付いたけど、続編シリーズは考えにくいよね、楽翁があれやと。 せやけど、4/10にスペシャル、ってことは、最後の的(敵)は・・・? おいらの期待通りやと、面白いんやけどなぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/18 21:04
幻十郎必殺剣「皆殺しの銃弾」(2009/03/02放送)
志乃さんの想い。 今と違って当時って、「恋」恋愛結婚って無かったらしいですね。 それこそ、祝言まで相手の顔を見ることも無いってのが一般的やったとか。 それを考えると志乃さんも、もちろん結婚してから亭主を愛してたんやろけど、亭主を亡くして幻の旦那と会って初めて、「恋」をしたんやろね。 そんな志乃さん=戸田菜穂ちゃん、う〜ん、切ないっす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/17 21:38
天地人「御館の乱」(2009/03/15放送)
いやぁ・・・悲しいね。 先週と同じ書き出しやけど、悲しいです。 仙桃院様、お船、華姫含め、女たちの覚悟も描かれて。 もう、涙無しには視れませんわぁ〜。 景勝もね、覚悟を決めたというか。 そういう意味で、「合戦」が描かれたから、ってのとは違うて、ほんま今回面白かったですわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/16 21:12
必殺仕事人2009 第九話(2009/03/13放送)
毎週毎週、やっぱり面白い。 やっぱりねぇ、「晴らせぬ恨みを晴らしてくれる」。 たんなる「殺し屋、ヒットマン」とは違うところが、いいね、今更やけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/13 22:38
天地人「二人の養子」(2009/03/08放送)
いやぁ・・・悲しいね。 一枚岩が割れた、ってこともあるんやけど、なんか全てにおいて悲しいです。 権謀術数、詐術。 そこに本人の意志とは無関係なところでの動き。 景勝・景虎。 共に謙信の養子やのに、二人はええ兄弟やのに、周りのね、なんやろ、悲しいわぁ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/10 20:58
幻十郎必殺剣「消えた逃亡者」(2009/02/23放送)
「幻十郎」か「広田栄三郎」か、どっち? ってなるとおいらはきっと、「広田栄三郎」タイプやろうなぁ。 自分より優れた、というて上司とか大先輩とかやのうて、同輩で、で、でも同輩やけど目標、みたいな幻十郎。 それにね、「憧れる」とはちゃうねん、「負けへんぞ」的な気持ちなんよね。 広田栄三郎=平泉成さん、いいわぁ〜、ええ味です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 21:20
必殺仕事人2009 第八話(2009/03/06放送)
よかったわぁ〜、今週の仕事人。 なんか、「これこれ、これやがなぁ〜」って思いました。 「2009 」になって、いっちゃん面白かったですわぁ〜。 深いっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/06 22:01
水戸黄門「酔いどれ侍奮い立て(松江)」(2008/03/02放送)
おいらが一番弱いネタです、兄弟もん。 源一郎=比留間由哲さん。 比留間由哲といえばおいらの中では「慶次郎縁側日記」の晃之助。 せやから、ただの放蕩息子やないはず、って思うてました。 そしたら・・・いやぁ、いいね、大好きですわ、こういう人。 ・・・ って感じで、凄い面白かったのに、ちょっと残念なのが今週の立ち回り。 あの音楽を立ち回りで使うかなぁ〜? 立ち回りはやっぱり立ち回りの曲使わな・・・ あの曲使うんやったら、そこに至るまでのそれなりの、もっとシンミリストーリーで持ってきて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/05 22:44
幻十郎必殺剣「白い数珠の殺人者」(2009/02/09放送)
西尾まりちゃんを久しぶりに視ました、懐かしい〜 その西尾まりちゃん演じるお京と清四郎、う〜ん、切ないねぇ〜、涙もんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/04 22:54
天地人「謙信死す」(2009/03/01放送)
しかしまぁ、謙信も享年四十九歳やったんですね。 翌年同い年で信長は、病気やなく亡くなるわけですね。 歴史って、深いし、不謹慎かもしれんけど面白い。 これで謙信役阿部寛さんの出番は最後なんかな? 二年前の「風林火山」のGackt さんしかり、おいら的には「いいキャスティング」やったな、って思います。 そんな感じでいよいよ謙信後の時代になりますけど、ラストは衝撃の結末です。 一枚岩やった上杉に綻びが、って感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/01 22:09
必殺仕事人2009 第七話(2009/02/27放送)
涼次がねぇ、クールに見せてて実は熱い男やねんなぁ〜。 ゲストの藤戸又兵衛=渡渡辺いっけいさんに、ね。 憎まれ口たたいてるんやけど、ほんとはああいうつきあい、好きなん。 源太はこれまでにもね、わりとしょっちゅう「情」の強いとこ垣間見れたけど、涼次はかくしてるんね。 でも最初の頃から涼次・源太ともに「情」が深いのがおいら的には気になってます。 「若い」 かも・・・「情」が強いと、いつか仕事をしくじりそうで、心配やし、危なっかしいなぁ〜って。 でもまぁ今回の「必殺仕事人2009 」、そこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/28 23:06
幻十郎必殺剣「ふたつの顔の女」(2009/02/02放送)
亡き妻織絵とうり二つの女、お須磨の方様。 幻十郎が動くのは尤も。 なんでって言わへんあたりが幻十郎っぽいね。 世の中に似た人間が三人は居る、っていうけど、亡くした妻にそっくりやったらそら〜、ねぇ。 今週はゲストに梶原善さん出てましたね。 TVで初めて視た、ええ感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/26 21:07
幻十郎必殺剣「大奥から消えた女」(2009/01/26放送)
不思議な宿縁ですね、幻十郎と志乃。 女房を亡くした男と、亭主を亡くした女と。 しかも亭主を殺した男と殺された女ですからね。 あのお酌のシーンでそんな風に感じましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/25 20:58
水戸黄門「金では買えぬ母の愛!(岩国)」(2008/02/23放送)
泣いたよ ~\(ToT)/~ ゲストの酒井彩名ちゃん、ええ娘の役で、最後の方の崖のシーンで若旦那を助けようと動いたところ、最後に母親と再会したところなんかもう、涙無しでは視られませんでしたわ〜。 あんな娘やからこそ、お絹も放っとけへんよね、あれだけ憎まれ口叩かれても〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/24 20:57
幻十郎必殺剣「赤馬が飛んだ夜」(2009/01/19放送)
幻十郎、カッコえぇ〜。 おうた=星野真里ちゃんに最後、亭主の敵を討たすとこなんかもう、サイッコウに格好良かったです。 星野真里ちゃんは、ずっと前に何やったっけ?視てた時と比べると、格段に上手になった気がするなぁ〜。 ってのが、一見幸薄そうな役、カワイいっていうよりどっちかっていうと美人さん(顔立ちもきれいやしね〜)、かと思うとカワイい役もこなしたり、ってのでね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/23 23:45
天地人「謙信の遺言」(2009/02/22放送)
「第六天魔王」信長、って紹介されたけど、歴史の見方は人それぞれで。 「叡山焼き討ち・北陸一向宗殲滅」って聞くとね、「仏門にまで容赦ない」って思われるでしょうし。 もう片一方の見方としては、そういった政治に守られてた宗教が政治に口出ししたり、あるいは「破戒僧」とかもいて、で「仏門って『看板』だけ」なもんを特別視する必要なんか無い、って合理性もある。 で、信長って「合理性」を取った人、ってのがおいらのイメージ。 せやかってねぇ、あの時代にキリスト教とか西洋の文化を取り入れようとした根底には、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/23 22:12
必殺仕事人2009 第六話(2009/02/20放送)
6月まで放送延長が決定したそうです ~\(^o^)/~ 先週も書いたけど、それだけ視聴率取ってるんやろなぁ〜、って思います。 ま、それだけ面白いし、やぁ〜っぱり単純やけどスッキリする、コレ、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/20 22:45
幻十郎必殺剣「死神誕生」(2009/01/05放送)
始まったんは年明け、随分前になるんですけど、やぁ〜っと、視ました。 北大路欣也さんですよ〜っ! 元々好きやったところに、去年の「五右衛門ロック」でより「好き」度合いが増してしまいましたからねぇ〜、おいら。 やぁ、やっぱり、カッコええ〜、です。 それから、伊佐次・・・なぁ〜んか、やっぱり「うさ忠」です、おいら的には。 スペシャルの第一話視ただけではまだなんとも判断しづらいですけど、録り貯めてます、ドンドン続きを視ていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/18 21:56
水戸黄門「闇夜に消えた?女たち(防人)」(2008/02/16放送)
小田茜ちゃんがいい、凄くいいですわぁ〜。 なんちゅうても、すっごくおいらの好きな顔。 もう、美人さん、色っぽいし。でもって、今回の途中で酒呑んでくだまいてるとこなんか、めっちゃカワイいし。 惚れますよ、伝八郎やのうても。 その伝八郎ね、途中ひさごでの抱擁 (*^_^*) しかり、最後であんな思いきった決断するとこしかり、いやぁ、ええ男やし、相手が小田茜ちゃんだけに、羨ましい〜、です。 ・・・ う〜ん、かなり私情入りすぎ? でもねぇ、今まで何度か時代劇で小田茜ちゃん視て来た(「華岡青... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/18 21:55
天地人「母の願い」(2009/02/15放送)
今週も色々感じさせられたことと同時に、思い出したことがありましたよ。 まずは、母お藤の危篤を聞いた時の雲洞庵での北高全祝和尚の一言。 「己の真を見つめ、それに従え」ね、この言葉でかつて喜平次景勝は与六兼続を迎えに行ったもんね。 このシーンの直前、上杉が北条を攻めるか七尾織田を攻めるかの閣議の後の、景勝の寂しそうな背中は、そんな兼続が側におらん寂しさやってんろなぁ〜 それから、母お藤の亡くなる直前のシーン。 おいら自身の父方のお婆ちゃんを亡くすちょっと前の病室を思い出しました。 今回み... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/16 22:13
必殺仕事人2009 第五話(2009/02/13放送)
オープニングコントとエンディングコントでの、ふく=中越典子ちゃんの笑顔がカワイいね。 今週の依頼人は、子供・・・う〜ん、ツラいし切ないよね。 しかしまぁ、仕事人は昔から、世相を反映したって言うんでしょうか、ネタの拾い方が、興味持たせるね。 「商い税」、多分消費税で、税率アップ、のことかな? あと、役人に悪い奴がいて、っていうのは「水戸黄門」も一緒やけど、世の中ぶっちゃけ、なかなかあんなご老公のような人、居てへんからねぇ〜。 「晴らせぬ恨みを晴らしてくれる」仕事人、ってやっぱり、視てて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/14 23:57
水戸黄門「母と名乗れぬ過去悲し(臼杵)」(2008/02/09放送)
途中までサブタイトルの意味が分からんかったけど、分かったら余計に、ツラいなぁ、苦しいなぁ〜って感じました。 で今回、ホント結論としては暖かい話で、ご老公の目にも涙が浮かんでました、よね? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/14 22:50
天地人「いざ、初陣」(2009/02/08放送)
今週は色々感じさせられたことがありましたよ。 まずは、織田軍、北国の備え。 北国上杉の抑え役、織田渦家中としては、任ぜられたら栄誉やねんけど、ずる賢い秀吉は、見事な猿芝居を打って。 で、信長はちゃぁんとそれ、分かってて。 あそこの描き方がね、ちょっとツボかな、おいら的には。 知ってたからわかるあの、信長=吉川晃司さんのあの笑顔。 それから、撮り方。特に初音と兼嗣のシーン。 あんな撮り方、ここ数年の大河でもおいら的には記憶にないです。 なんか珍しい撮り方してたなぁ〜、って。 初音... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/10 00:04
必殺仕事人2009 第四話(2009/02/06放送)
ゲストは亀ちゃん、市川亀治郎さん。 殺される時の表情も、殺された後の姿も、カッコええわぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/06 23:27
水戸黄門「ホラ吹き娘の親孝行(高千穂)」(2008/02/02放送)
子役の子がしっかりしてると、やっぱりお話が面白いよね。 今回の子役、ホラ吹き少女・千種を演じた森迫永依ちゃん。 おいらは多分初めて視たと思うんやけど、なかなかよかったです。 泣いてまいました、それも「ポロ」っと。 寛恕の最後のホラ、これがやっぱりよかったね。 最後のホラは、真実になって、天から舞い降りてきたよ。 ほんま、よかったぁ〜、って感じのお話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/06 21:47
水戸黄門「悪事をあばく今昔の恋(宮崎)」(2008/01/26放送)
カッコいぃ〜! 若村麻由美さん、というと、おいら的にはいまだに「蔦吉姉さん」です。 で今回の役が、もと深川芸者、で、なによりあの啖呵きるシーンはもう、ゾクゾクしました。 ぶっちゃけ最初の方でね、「綺麗・・・やけど、やっぱり歳取りはったなぁ〜」と感じたのは確か m(_ _)m なんですけど、でもぉ〜、まだまだ綺麗。それも、そんじょそこらの「綺麗」とはレベルが違うし。 そして、こないだの闇猫のお吉もそやったけど、気っ風いい感じを演じはったらもう、最高ですわ。 なんやかや言うても、兎に角今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/05 22:06
水戸黄門「強い女房に弓ひくな!(都城)」(2008/01/19放送)
まだ、先々週分です。 今回は、たまぁ〜にある、格さんの女絡み、とはいえ、ま、そんな色っぽい話までにはならず、どっちかちゅうと、格さんの「男前っぷり」が発揮されたって感じかなぁ。 ゲストのおみね=小林綾子ちゃん(う〜ん。やっぱり何年経っても「おしん」なんで、どうしても「ちゃん」って書いてしまうけどぉ〜、やっぱ「さん」かなぁ)、やっぱ、いいね、安心して視られる。 「剣客商売」の小兵の女房役同様かわいい面と、しっかりものの奥さんの面と、そして心優しく奥ゆかしい面を兼ね合わせた、いい役を見事にこな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/04 21:34
天地人「信長は鬼か」(2009/02/01放送)
前半の信長との対面も。 途中のお船の「嫁に行く」発言の下りも。 おいら的には、あのシーンで全部、飛んでしまいました。 景勝がお館様(謙信)=父上に語りかけ、それを見ている兼嗣。 いやぁ、最高っ! そら、あんなん見せられたら、一生付いて行くよ、景勝様にぃ〜っ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/02 21:34
水戸黄門「愛と復讐の桜島(鹿児島)」(2008/01/12放送)
やっと2009年放送分に辿り着きましたよ、まだ3週遅れやけど。 今回は早月=磯山さやかちゃん大活躍。 レギュラーでこういったアイドル出演すると、話が広がるなぁ。 若い娘の恋愛モノ、まぁお絹よりは。。。 お絹でもピッタリの恋愛モンもあるねんけど、バリエーション的に広がるね。 最後のご老公のお言葉、「不仕合わせを取り戻す」的な。 うんうん、きっと「不幸せ」やのうて「不仕合わせ」なんよね。 せやからこそ、取り戻せるんよねぇ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/01 22:12
水戸黄門「若妻の言えない秘密?(天草)」(2008/12/22放送)
公儀お庭番の、ねぇ。 悲しい定め、それで最後に去って行こうとしてたところを、ご老公、見事な計らい。 お姑さんもね、涙でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/31 23:04
水戸黄門「江戸の陰謀を長崎で討て(長崎)」(2008/12/15放送)
やっと目的地、長崎に着いたご老公・・・一ヶ月以上の遅れで視ました。 今回は早月=磯山さやかちゃんが、このシリーズ中一番カワイかった気がしました。 で、やっぱり目的地でのお話は、面白いわぁ〜、いつもの事ながら、ね。 で、目的の抜け荷を見事暴いたご老公、さてさてこの先は、どこへ? 足の向くまま気の向くまま、ですかぁ〜、またっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/28 21:03
天地人「年上の女(ひと)」(2009/01/25放送)
年上の女(ひと)が常盤貴子ちゃんやったら、いうことないやん〜 (*^_^*) って思うのは、おいらだけ? お船=常盤貴子ちゃん、かわいいわぁ、この先楽しみぃ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/26 22:58
必殺仕事人2009 第三話(2009/01/23放送)
えぇ、では今回は音楽で。 昔からの音楽がね、いいです。 今週も平吉とお静が用心棒に殺される所、あそこで流れる音楽は昔から変わってへんよねぇ〜、ええ音楽やわぁ〜 でから、今回主題歌、ですわ。 昔はね、加代(加世?う〜ん、字忘れた)=鮎川いずみさんがね、主題歌で、勇次=中条きよしさんが挿入歌、ってパターンやったなぁ〜。 今回は、小五郎=ヒガシ、涼次=松岡君、源太=大倉君の「SHIGOTONIN 」、で今週(1/30 )のMステ出演なそうな。 Mステはちょうど特番で、仕事人お休み、せやから... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/25 21:11
忠臣蔵 音無しの剣(2008/12/14放送)
正和様、 格好ぇ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/24 23:59
天地人「殿の初恋」(2009/01/18放送)
僅か三話にして、おいらの心鷲掴み、です、「天地人」。 景勝・与六の関係がね、ツボです、おいら的、たまりません・・・が、この先もぉ〜っと、やねんろなぁ。 その景勝役の北村一輝さん、正直「クール」なイメージがあって、「今回の、与六との関係を描く上では、あのクールさは、どうなんやろ?」って思てました。 菅野美穂ちゃんが出てた、最初の「大奥」でね、印象は凄くええんやけど、今回はどうやろ?って思てました。 ところがどっこい、要らん心配でした、もぅ〜。 与六の尻を叩こうとしてる感じとか、お船に恋し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/23 00:12
必殺仕事人2009 第二話(2009/01/16放送)
第二話です、もう、すっかりハマってます。 昔中村家、今渡辺家。 いや、渡辺家の方がキッツィよぉ〜。 でも、うまく躱して生きている、小五郎は、ええ味だしてるわぁ〜。 ・・・ってな部分もありぃの、仕事に絡む話は、昔ながらに相変わらずの面白さで。 なんやろぉ〜、ほんま、面白い。 今回何かね、仕事のシーンで主水さんが端やもんね。 いいわぁ〜、面白いっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/20 23:45
天地人「泣き虫、与六」(2009/01/11放送)
今回はもう、喜平次・与六の子役時代最後のシーンに尽きますね。 涙無しには視れへんかったわぁ〜 ~\(ToT)/~ いやぁ、こんなことがあったら、生涯ついて行くよ、って思いました。 それに、こんなお話、おいら弱いんよねぇ〜 もう、かんなりグッときました。 しかもまた、子役の二人、メッチャ表情ええもん (*^_^*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/20 00:12
必殺仕事人2009 第一話(2009/01/09放送)
スペシャルと今回で、必殺の魅力たっぷり解説、って感じですねぇ〜 とか書いてるおいらも、「必殺シリーズ」っちゅうても、「仕事人」位しか視てへんのでね、あんまりエラそうには書けへんけど。 ま、それでも、スペシャル・今回と、まぁ、仕事人再現ですわ、楽しい・面白い。 涼次・源太って若い仕事人。 ご存じ主水さん、とせんさん・りつさん。 新主役、ヒガシ演じる渡辺小五郎とこう・ふく・・・しかしまぁ、ここの母上は、せんさんより厳しいよぉ〜 それからね、如月、多分シリーズ通してのマスコットキャラクター... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 23:06
天地人「五歳の家臣」(2009/01/04放送)
ようやく視ました、初回特別75分バージョン。 与六やってる子役の子に泣かされますねぇ〜、泣かされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 01:32
必殺仕事人2009(2009/01/04放送)
帰ってきました「仕事人」。 2週間遅れやし、もうレギュラー放送始まってんねんけど、やっと正月特番視ました。 久しぶりの仕事に、面白いわぁ〜、それにスペシャルは昔から、じっくりでいい、ね。 ヒガシも松岡くんも大倉君も、そして主水さん、みんないい。 兎に角もう、仕事人〜、ですわ。 それにね、こないだの「冬の絵空」で惚れちゃった中越典子ちゃんも出てるし。 以外やったんは、水川あさみちゃん。てっきりレギュラーやと思うてたんで、思いもよらん結末でしたわ。 しかしまぁ、なんやろ、古いけど新しい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/17 02:05
暴れん坊将軍(2008/12/29放送)
メッチャ久しぶりに、「暴れん坊将軍」が戻ってきました。 上様吉宗公=新さん=松平健さんと、お由利の方様=中村玉緒さんを除いて、キャスト総入れ替え。 最終回はいつやったかなぁ〜って調べたら、2003年4月。 ってことは、ほぼ6年振りなんやね。 いやぁ、やっぱ、ええなぁ〜、暴れん坊将軍。 またレギュラー放送にならへんかなぁ〜、「必殺」もレギュラーになるくらいやねんから。 せめて、年に数回・・・一回でもええ、定期的に特番で放送して欲しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/03 23:41
篤姫「一本の道」(2008/12/14放送)
やっと視ました最終回、もう〜、いやぁ、感動です。 最終回も面白かったし、この一年も面白かったな、って。 最後なんでやっぱり書きますけどやっぱり、おいら的には音楽が最高でした。 音楽よくて、いいタイミングで使われてて、ね。 そしてこの最終回、かつて大奥に仕えてたみんなが、久方ぶりに集まって一枚の写真に収まったところがピークで、その後西郷さん、大久保さん、と。 その前にも帯刀、静観院と。 そういうね、悲しい別れも描かれてて、ホント、なんか凄く切なかったし、時代の流れも、これまた短時間で上... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/23 01:51
水戸黄門「猫だけが知っていた(伊万里)」(2008/12/08放送)
今週は恒例の立ち回りのカメラワークが凄く面白かったように感じました。 勘違いかもしれんけど、すごく新鮮やったなぁ〜、斬られる(ほんまは斬られてへんねんけど)側目線な感じで。 お話はよくあるお家騒動・・・やねんけど、世継ぎ候補が実は・・・って設定、あんまり無かった気がする、ちょっと時代劇的にはなかなか無いんちゃうん? でもそれが面白かったです、結果的には季節外れな怪談でしたけどねっ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/10 22:37
徳川風雲録外伝 主水之助七番勝負「其ノ七」(2008/12/08放送)
信太郎はやっぱり、助かってはなかったんですね。 で、七番勝負、其ノ七=最終回。 善鬼との決着戦でした。 で、その後・・・余韻を残すというか、引きずるというかぁ〜。 続編作れそうな終わり方でしたね。 いや実際、ちょっとたまらん設定のお話やから、これは是非、続編を、って思います。 柴田錬三郎さんの短編は、まだまだたくさんあるからね〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/09 00:48
篤姫「明治前夜の再会」(2008/12/07放送)
今週はもう、エピローグですね。 おいらが今回大好きやったBGM、感動の音楽のオンパレード。 そして、滝山、静観院、重野と別れ、帯刀との再会。 そんな中で感じたのは・・・ 天璋院様、強い。 本当に、お強いお方ですねぇ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/07 23:02
水戸黄門「唄を土産に里帰り!(博多)」(2008/12/01放送)
千次郎=香田晋さん、格好良かった〜。 幼なじみ、というにはちょっと年齢行きすぎてる年頃の男二人と女一人。 でも、その時は「カッ」となったかもしれんけど、いい関係やってんね。 でまた今、戻ってきた千次郎、気付いたよね、大事な関係を。 せやからこそ、最後、旅に出てんもんなぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/07 23:01
徳川風雲録外伝 主水之助七番勝負「其ノ六」(2008/12/01放送)
魔剣、薬研藤四郎。 この魔剣に関わってこれまで、何人もの人の命が絶たれ今また(今回また)、新たに命が絶たれる、ってお話でしたけど、ちょっとねぇ〜、これまでの過去5回になく、グッときました、ウルっときましたよ。 ラストねぇ、気になる、新太郎は、助かったの?助かるの? 次週いよいよ最終回。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/06 22:08
水戸黄門「沸騰父娘と冷や水亭主(道後)」(2008/11/24放送)
1週遅れです。 笑った泣いた、面白かった、って感じです。 矢崎滋さん、徳井優さん、そして長山洋子ちゃん。 みんないいわぁ〜、みんなええ味出してるし。 先週予告の早月=磯山さやかちゃんの入浴シーンというおまけもあるモンの、兎に角お話が面白かったわぁ〜、泣かされたぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/03 21:40
篤姫「無血開城」(2008/11/30放送)
予想通りにね、クライマックスです。 大奥の女たちを集めての宣言。 いやぁ〜、いいっ、凄くいいっ! やっぱりね、改めて音楽とその使い方の良さが、お話を、そらもぅ、盛り上げてます、大好きですわぁ〜、今回の音楽。 後、残り二話、です。 再来週の最終回はなんと、75分拡大放送のようですね。 今まで最終回は60分やったのに、ね。 それだけ、評判いい、ってことかな? でも、もうすぐ終わりかと思うと、少し寂しい気もしてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 00:51
篤姫「大奥の使者」(2008/11/23放送)
先週の予告を視た時点で「ボロボロボロ〜ってなってまう〜」って思ってた、その通りでした。 人には表の顔と裏の顔があって、でも「裏の顔」って言うても、「悪」やのうてね。 弱い部分、それを隠す強がってる部分が「表の顔」・・・西郷さん、本寿院様視て感じました。 そして・・・幾島ですよっ! 幾島が、このラストになって戻ってきたのはまるで、ウルトラの母みたい。 切り札投入、ですよ。 でも、その切り札も通用せんかった・・・ように見えて、でも一縷の望み、光を天璋院は見つけたようですね。 せやから来... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/23 23:14
水戸黄門「スッたもんだの初手柄(倉敷)」(2008/11/17放送)
高松愛がね、やぁ〜っぱり、カワイかった (*^o^*) 若旦那に扮した新代官のため、命を張った大活躍〜 そしてその愛ちゃんに対しての、新代官の名裁き! いや、いい、これぞ水戸黄門! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/22 00:11
徳川風雲録外伝 主水之助七番勝負「其ノ五」(2008/11/17放送)
今週も元ネタは分かりませんでした。 途中でね、主水之助がおみねに刺されるシーン・・・刺された直後に主水之助が「気は、済んだか」って言うたらどないしょう〜って思いましたよ(from 髑髏城の七人)。 そのおみねにね、最後の最後で泣かされましたわぁ。 おみねのね「死なせて」って言葉、分かるわぁ〜、沁みるわぁ、思いわぁ〜。 主水之助はね、この先「生きろ」って言うけど、ツラいよ、この先生き続けるのも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/17 20:34
篤姫「慶喜救出」(2008/11/16放送)
先週に続き・・・っていうかもう、思いのほか篤姫にハマってます、今週も大泣きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/16 21:18
水戸黄門「ゴリ押し父子の悪企み(赤穂)」(2008/11/10放送)
昼行灯=大石内蔵助と越後の縮緬問屋の隠居=ご老公の会話が、まるで狸の化かし合い、って書くとイメージ悪いんやけど、面白かったよ。 それからゲストの山川恵梨香ちゃん、カワイらしさは漫画的やねぇ〜、人妻やのに。 それから、あのアホぼん、これも漫画的〜。 しかしまぁ、あの赤穂にあないな悪い奴ら、しかも藩士でねぇ、とんでもないです。 いつもの立ち回り後の、大石内蔵助がご老公に申し上げた言葉、殿の責任やのうて自分の〜、ってところが、忠臣振りMAX!、です。 最後の鈴木史朗さんの藩札のナレーション、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/15 22:54
徳川風雲録外伝 主水之助七番勝負「其ノ四」(2008/11/10放送)
今週の元ネタは分かりませんでした。 「蔦吉」って芸妓は、やっぱりカッコええなぁ〜、って思うのは、斬九郎ファンやから? なんとも言えん、気持ちで終わった今回でした。 でも・・・うん、面白いっていうか、好きやわぁ、この「主水之助七番勝負」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/13 22:13
水戸黄門「天誅!紫頭巾参上(近江八幡)」(2008/11/03放送)
えぇ〜、一週間遅れです、はい。 「紫頭巾」って (^o^;) いやぁ、「水戸黄門」らしいと言いましょうか。 まさに勧善懲悪、でそこに「善」の偽もんが出て来る、ね。 紫頭巾とお父つぁん、いい組み合わせです。 ホンマに、悪い人を放っておけない、めっちゃええ親娘、でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/11 21:46
篤姫「母からの文」(2008/11/09放送)
「主水の助七番勝負」「水戸黄門」が一週遅れで録ったままなんやけど、この「篤姫」を先に視ることにしましたよ。 それ位今回の大河、おいら大好きです(と書きながら、何度か放送遅れやったけどね)。 今週も大泣きです、「母からの文」。 まぁ、あの下り、涙無しには視れませんっ。 そして唐橋=高橋由美子ちゃんがゴッツよかったわぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/10 21:43
篤姫「龍馬死すとも」(2008/11/02放送)
相変わらず、大河いいわぁ〜。 毎回毎回ね、最後にクライマックス持って行くだけやのうて、たった一話に三回は盛り上がるシーンが続いてるし。 まずは大政奉還での帯刀。 ここで使われてたBGM、また新しいんちゃうん?曲も使うタイミングもいいっ! そして、サブタイトルの「龍馬の死」でしょ。 おいらね、あんまり坂本龍馬知らんのよ。 せやからかもしれんけど、龍馬役の玉木宏さんが爽やかで感じ良くてね。 でも今回、ここは、「龍馬の死」そのものよりも、「龍馬の死」に絶叫する帯刀に(ToT) そして、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/09 00:28
徳川風雲録外伝 主水之助七番勝負「其ノ二」(2008/10/27放送)
今週は、「人斬り斑平」をベースに、いやぁ、なんともいえんなぁ、悲しいよぉ〜。 おいらのお気に入り、竹本聡子ちゃんが相変わらずカワイくて、カワイいからこそ斑平との関係がね、ほんと、悲しい結果やったわぁ〜。 その竹本聡子ちゃんの子供の頃の回想役やった伊藤綺夏ちゃんって子、前にも何かで視たことがある気がする。 子役やのにメッチャカワイいなぁ、って思った覚えがあるなぁ・・・と思って探したら、やっぱり視てたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/07 22:21
今日の「主水の助七番勝負」、録画忘れてたぁ〜 (ToT)
で、あわててチャンネルあわせて視た、ラスト10分。 う〜ん、やっぱり、視逃せへんよね(録画し損ねたけど)、柴田錬三郎さんの短編から、今回はあれ、主君の名を受け継いだ中原が仇討ちする話・・・最近読んだ覚えがあるわ。 ぎりぎり気がついて、ちょっとでも視れてよかったよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/03 22:11
徳川風雲録外伝 主水之助七番勝負「其乃一」(2008/10/20放送)
今年のお正月のテレ東12時間スペシャルを視てへんので、今回の主水之助七番勝負、録画しときながら放っといてました。 う〜ん、なんで放っといた、おいら! 面白いやん〜、おいら好みやん〜。 「外伝」なだけに「本筋」があって、本筋は「徳川風雲録外伝」やけど、要するに「徳川太平記、吉宗と天一坊」・・・柴田錬三郎さん。 その外伝。外伝なんやけどぉ〜、ってか、外伝やからこそかもしれんけど〜っ! 「外伝」ってよりは、「柴田錬三郎」さん作品のオリジナル化、って感じ? 最初はね、「大峰の善鬼」が出てきた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/02 00:02
水戸黄門「いずれが正義?侍の魂(岡崎)」(2008/10/27放送)
今週は、う〜ん・・・何なんやろ?このモヤモヤ感は。 本(ストーリー)はねぇ、面白かったんですよ。 せやねんけど、全体としてなんかモノ足らんっていうか・・・ 作りが雑なんかなぁ。 殿様の下手さは目に余るもんがあったけど、それだけやないよなぁ、折角おもしろい話が活かせてへん気がするなぁ、演出?監督?何かがおかしいよ、勿体ない〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/27 22:23
篤姫「嫁の決心」(2008/10/26放送)
今日は一日愚痴ばっかり書いてきたけど、「篤姫」だけは違うわぁ。 勘違いかもしれんけど、このラスト2ヶ月無い時点で、更に新しいBGMが使われてるし。 それもねぇ、効果良く。 先週も書いたけどやっぱ、面白い、いい、よ。 たった一話で何度も泣かせ所があるし・・・で、泣いてまうし。 そんなこんなの今週ですら、こない泣かされてんねんから、来週は、どうなる〜? 予告視る限りでは、坂本龍馬の話もせやけど、なにより大奥、いよいよ一枚岩っぽい〜! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/26 21:04
水戸黄門「母の一念 関所を破る!(箱根)」(2008/10/20放送)
強い爺様です、歴代最強のご老公です。 いつもの立ち回りでね、「兵庫、さがっておれ」・・・って! どっちが主君やら? その兵庫ですけど、長門裕之さん、ってことは・・・シリーズに必ず出て来る、ご老公と頑固比べする爺さんは、今回からどうなるん〜? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 21:38
篤姫「息子の死」(2008/10/19放送)
「息子の死」ってサブタイトルやけど、そんな単語だけやないよねぇ〜、もう、まぁ号泣 ~\(:o;)/~ ですよ。 1866年やって、もう。 途中ね、薩摩での龍馬・お龍と帯刀・おちかのところがね、凄く面白かったしもぅ、それだけで安い軽いドラマやったら一話のピークにもってこれそうやねんけど、もう、それだけで終わらさへんのが、ホンマ今回の大河、面白いわぁ〜。 でねぇ〜、音楽がイイのは散々書いてるんやけど、使い方もいいしね。 んでもって、最後のほう。 大阪城の家茂・勝と大奥の天璋院・和宮のシーン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 20:55
鬼平犯科帳スペシャル「引き込み女」(2008/10/17放送)
金曜日のこの時間帯はノーチェックなんで、ついつい視逃しがち・・・っていうか、フジTV系での時代劇はほんま、レギュラーがなくなってしもうて、視逃しがちです。 これまでも、鬼平、剣客商売、と、おうち帰ってから気がついたってのが何度も何度も。 せやから今回、視逃さんですんで、よかったですわ。 おいら的にはこの「鬼平」、めっちゃ久しぶり。 「鬼平」、間違いなくおいらが時代劇を好きになるきっかけになった作品の一つですわ。 その昔ね、好きやった子に「面白いよ」って薦められて・・・感謝ですわ。 そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/18 22:50
水戸黄門「青空、恋空、江戸の空 いざ旅立ち!(水戸・江戸)」(2008/10/13放送)
第39部、始まり始まり〜、です。 この10月に松下電工がPanasonic になった関係でしょう、「パナソニック ドラマシアター」に生まれ変わっての新シリーズ。 まず、配役変わりましたね。 上様(中村繁之さん)、吉保(石橋蓮司さん)、兵庫(長門裕之さん)。 それから主題歌も、助さん格さんのデュオに変わったねぇ〜。 そして前シリーズの志保(小沢真珠ちゃん)にかわり、早月(磯山さやかちゃん)、と。 しかも早月、兵庫の孫娘って設定やとは思わんかった、面白い。 そんな初回は特番二時間スペシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/16 22:22
篤姫「薩長同盟」(2008/10/12放送)
やっとね、ほんまに追いついたよ。 追いついた時にはもう・・・早い早い。 ここ数週ね、たった一話の中での盛り上がりが3回あってんけど、今週はそれ以上。 観行院様=若村麻由美さん、ね。今週で最後なんやぁ〜、ってのがおいら個人的には残念なんやけど、それはさておいて。 ドラマ「大奥」でも描かれてたけど、家茂と和宮、関係がいいわぁ〜。 おいらが視めた大河の中ではBESTカップル〜、って感じで仕上がってるなぁ。 家茂=松田翔太君、和宮=堀北真希ちゃん、台詞の無い、無言で表情だけでの演技シーンは、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 21:36
篤姫「息子の出陣」(2008/10/05放送)
やっと追いつきました・・・とは言え、このあとすぐまた次週分が放送されますけど。 で、10月です、第40回です、いよいよ物語も佳境に入ってきてます。 そんな中、ね。 側室騒ぎ、誤懐妊騒ぎを通して、天璋院と和宮の仲、京から来た人達と多くの人達の仲が近づいてきて、徐々に大奥が一体化してきつつありますね。 音楽もまぁ、ほんと、いいところでいい音楽、ほんま好っきゃわぁ〜、今回の音楽。 今週は平穏で平和な大奥やったけど、最後に家茂の出陣話が出てきて・・・しまいました、って感じやなぁ。 なんか、寂... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 21:31
篤姫「薩摩燃ゆ」(2008/09/28放送)
今週中に追いつく予定やってんけど、ジャイアンツ戦が気になってなかなな視れませんでした。 で、先々週分になりますけど、よかったわぁ〜、ほんま。 ここ数回ずっとね、たった一話の中に山場っていうか、泣かされ所が2,3ヵ所あるんやけど、今回もそうでした。 ただ今回は、ここ数回よりもずっと泣かされたし、なによりも、よすぎてねぇ〜、視てて入り込みすぎてます、もうハッキリ言うて。 今週もね、もう、和宮=堀北真希ちゃんがかわいい (*^o^*)、に尽きますっ!、なんやけど、観行院様=若村麻由美さんが和宮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 22:10
篤姫「姑の心 嫁の心」(2008/09/21放送)
今週は、もう、和宮=堀北真希ちゃんがかわいい (*^o^*)、に尽きますっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/07 22:21
篤姫「友情と決別」(2008/09/14放送)
「友情と決別」まさにサブタイトル通りの今回のお話。 天璋院と帯刀の再会はグッとくるもんありました。 それから、なんか、とうとう血が流れた、って感じがしました。 これまでにもね、桜田門外や近いところでは有馬新七など、何人かの血が流れたけど、今回の大河ってあんまり「戦」とか「血が流れた」って印象が薄かったんですよね。 でも、「生麦事件」。 もう、いよいよ待ったなし、って感じがしてきてます。 次週予告視ただけで、ちょっとグッときてますもん〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 22:58
篤姫「薩摩か徳川か」(2008/09/07放送)
なぁ〜んかね、全編大泣きでした(;o;) 一週一週、面白さが増していってます。 有馬新七の最期、小松帯刀の愚痴〜立ち直り、なによりも天璋院様が薩摩の思い出の品々を焼くシーン、ね。 本寿院様、和宮様も見てたあの光景、滝山・重野の涙、で家茂、ね。 ほんまにまぁ、面白いよっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/02 20:18
篤姫「疑惑の懐剣」(2008/08/31放送)
和宮(堀北真希ちゃん)が笑いましたっ! 疑惑の懐剣が、実は手鏡やったってのが、カワイイ設定ですね。 その「疑惑」のおかげ、ってのも変な言い方やけど、天璋院と滝山の関係もよくなって、ね。 ただその一方で、薩摩では。 今泉島津家の養子の話・・・雨の中木刀を樹に打ち込む岡田君が涙モンです。 そして小松家では、覚悟の上洛をねぇ〜、「這ってでも戻って来る」って、これまた涙モンです。 そんな今回、江戸表は一丸、というとまだまだなんやけど、一つ一つの壁が取り払われていってる感じなんよねぇ〜。 で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/01 00:19
柳生一族の陰謀(2008/09/28放送)
昨日新聞のラテ欄の「今日の見所」読んでへんかった、視逃すところでした。 が・・・おいらにしたら珍しく辛口になってしまいますが、正直面白くなかった、です。 なので、「面白かった〜」って人は、この先読まない方がいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/29 22:07
逃亡者おりん 烈火の巻(2008/09/26放送)
おりんスペシャル第二弾、です。 先週以上に面白かったっ! いいわぁ、「逃亡者 おりん」はっ! 今回はねぇ、娘お咲の代わり、と言うたらなんですが、すみれちゃん。 やっぱり、子役がいい芝居すると、かわいいし、たまりませんね。 それに、ゲストも豪華で、遠藤憲一さん、田村亮さん。 それと先週から引き続きの、石倉三郎さん、むっちゃえぇ〜。 あの「狂気」のお芝居は、久しぶりに、本田伝博郎さんを思わされた。 昔、レオナルド熊さんとお笑いやってたとは思えへん、凄さがありましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/28 21:40
篤姫「公家と武家」(2008/08/24放送)
やっと、約1ヶ月遅れまで追いつきました。 先週分もそうやけど、どんどん面白くなってきてるなぁ、って感じ。 元々ね、ずっと前の菅野美穂ちゃんの「大奥」を視てたんで、なぁ〜んとなくこのお話の流れは知ってるんやけど、微妙に違ったりしてるところとか、大河だけにじっくり描けるところが面白いですね。 役者さん達もね、将軍の代替わりと共に、随分かわってきて、それもまた楽しみかなぁ。 若村麻由美さんや竹本聡子ちゃんといった、おいらの好きな女優さんが出てきたのも、おいら的には楽しみ。 う〜ん、ほんと、面... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 18:21
篤姫「皇女和宮」(2008/08/17放送)
先週分があんまりにも面白かったんで、今週は一段落な感じかなぁ〜、って思うてたら、どっこいどっこい。 薩摩の話もそう、京の話もそう、なんかメッチャ面白いやん。 で、江戸では、重野(中島朋子ちゃん)がね、幾島の代わりに頑張ってるんやけど、滝山(稲森いずみちゃん)と、そして天璋院とで、なんかええ感じなところが、いいわぁ〜 回が進むにつれて、面白くなってきてるなぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 00:25
篤姫「桜田門外の変」(2008/08/10放送)
幾島が去って行きました。 で、勝海舟の登場・・・北大路欣也様の登場です。 高橋英樹さんも消えていき、大御所交代でしょうか? で、大御所交代と言えば・・・今回の最後、「桜田門外の変」。 いやぁ、正直泣かされるとは思ってませんでした。 せやかってね、梅雀さん、ほんまにここまで「完全ヒール」を演じて来られてましたから。 それが最後の直前の、天璋院様との茶の湯のエピソードのシーンだけで、こんなにまぁ視てる人の気持ちを切り替えさせますかぁ〜 梅雀さんもいいし、本もいいし、これまで何度も何度も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/25 23:28
篤姫「さらば幾島」(2008/08/03放送)
いやぁ、泣きました泣きました、幾島との別れに。 それにね、前半もすごい面白かったし、もう、この先どう変わっていくんかわからんけど、おいら的には今までおいらが視た大河で一番面白いかもぉ〜! 特に今回は、この「篤姫」で一番お話が面白かったから。 前半はね、これまでに書いたことがあるけど、チャンチャンバラバラは無いけど「戦」。 「女の戦」でしたし。 後半はね、幾島との別れが、ね ~\(ToT)/~ うん、面白い、ほんと、面白ぃ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/25 01:39
逃亡者おりん 紅蓮の巻(2008/09/19放送)
一年半ぶりに「おりん」が帰ってきましたっ! いいですねぇ〜、こういうパターン。来週とで、2時間SP2連発ですよ。 もうね、それだけこの「おりん」、人気があったってことでしょうね。 テレビ東京の金曜時代劇は、いままで続いてるんわ、この「おりん」の成功があって、のようなもんですからねぇ。 主役おりんの青山倫子さんは、「おりん」以降視てへんかったんですけど、相変わらず綺麗やしスタイルええし、まぁ、ほんと、もっともっと視たいですわぁ。 で、もう、ひっさしぶりの「おりん」、シリーズ時の話って、覚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/23 22:40
篤姫「将軍の母」(2008/07/27放送)
前回、「来週からは、時代が動き始める、っていったところでしょうか。」って書いてから約2ヶ月間、録りっぱなしでした〜。 また今日から頑張って追いつくぞぉ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/17 20:38
刺客請負人 最終話「明るい方へ」(2008/09/12放送)
一気視しました、「刺客請負人」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/15 21:24
刺客請負人 第一話(2008/07/18放送)
【本文】 半月遅れですけど、視ましたよぉ〜。 面白い、けど残念なところもぉ〜 何が面白いって、おいら的には、キャストが好み過ぎですわ。 何が残念かって、去年視てへんかったこと、この「刺客請負人」って、去年もやってたんやってね、で、そん時のエピソードが今回も残ってて。 そのエピソードを知らんかっても、今回面白かったけど、知ってたらもっと、おもしろかったんやろぉなぁ〜 ま、なんにしても、録画しっぱなしやったけど、楽しいですよ、これ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 21:56
篤姫「ふたつの遺言」(2008/07/13放送)
1週遅れです。 家定公が碁石の御台からの白石を受け取った時に流れた音楽、あれ、初めてやよね。 いい、今週もまたまた、相変わらず音楽がいいですわぁ〜。 そして、井伊直弼台頭共に完全に潰えた一橋派。 さらには、後半は怒濤の出来事。 う〜ん、たまらんよねぇ、義父と夫、同時に失った悲しみは・・・ 義父斉彬からの遺言にキーワードがありましたね、薩摩と幕府が敵味方。 やっぱり、あんまり知らなんだ幕末やけど、面白いし、何よりも音楽が、おいらを虜にしてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/21 23:37
篤姫「徳川の妻」(2008/07/06放送)
もう今週も、相変わらず音楽がいいですわぁ〜。 ここまでドラマで音楽でハマったんは、久しぶりやなぁ。 それと今週は、幾島・松阪慶子さんがこれまでで一番よかった。 さて、来週からは〜・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/08 20:22
篤姫「嵐の建白書」(2008/06/29放送)
やぁぁぁぁぁ〜っと、追いつきましたよ、「篤姫」! ってことで、まずは半年振り返ってのおいら的感想を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 21:54
水戸黄門「禁断の園!大奥の謎(江戸)」(2008/06/30放送)
あぁ・・・もう、久しぶりに、酷かった・・・ ★今回の感想は、ハッキリ言って、キツイです、なんで読みたくない人は読まないでね★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/01 22:28
水戸黄門「まぶたの母はおえん!?(鎌倉)」(2008/06/23放送)
先週予告編を視た時から「あぁ、いつもの」って思ってました。 おえん(由美かおる)さんが「お母さんになって」的な話、よくありますから。 ・・・と思って視てたらねぇ〜、予想を越えて、メチャクチャええ話でもう、途中から最後まで泣きっぱなし ~\(ToT)/~ 久しぶりに鼻詰まるほど泣いた。 子役のね、あかね=伊藤綺夏ちゃんがね、メチャクチャいい。 ネットで探したら、ちびまる子ちゃん演ったり、結構でてるんですね。 彼女、カワイいし、正直メッチャ上手いって思ったし、このまま何年か後に、すごい女... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/28 22:27
水戸黄門「俺の姉に手を出すな(小田原)」(2008/06/16放送)
大路恵美ちゃんが演じた旅籠、奉公人の女中の多さと女将さんを慕う女中を視てて、「かわせみ」が頭に浮かびました。 ええ旅籠。それにええ姉弟。最後のご隠居のお節介、絶妙のタイミングで、その心遣いには、涙ポロポロ〜、でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/17 22:08
水戸黄門「父帰る!ここは下田の湊町(下田)」(2008/06/09放送)
助さん格さんが飲み屋で大暴れして、助さんは逃げだし格さんは牢へ。 で牢内での一悶着(?)、は大笑いでした。 オモロー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/09 22:31
水戸黄門「温泉芸者が結ぶ仲(修善寺)」(2008/06/02放送)
今回のシリーズ、最大の見せ場? ゴシップ週刊誌的に書くとしたら、「志保が脱いだ?」、ってところでしょうか? 志保(小沢真珠)とお絹(由美かおる)の、入浴シーン ~\(*^o^*)/~ 由美かおるさんの入浴シーンは瞬間視聴率がアップするらしいですが、ほな、それやったら、ほんの30秒程度やったけど、今週は余計に視聴率、上がったことでしょ。 (You Tube にあっぷされてたりして!) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/02 21:33
水戸黄門「わははオヨヨの珍道中(三島)」(2008/05/26放送)
タイトル視ててっきり、桂三枝師匠がゲストと思いました。 「オヨヨ」と言うたら、三枝師匠でしょっ! と思いながら視た今回、最後のね、御老公の名裁きに涙でしたね。 はっきり言うて、御老公がそう言いはるんはわかってたけど、それでもやっぱり、涙モンですよ。 さっすが、御老公! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/26 21:05
水戸黄門「駆け落ち妻の目に涙(駿府)」(2008/05/19放送)
今回のシリーズは、これまでおいらが視たシリーズと比べて、人の死ぬのが多い気がします。 今回は勘六。 勘六にね、すこし感情移入してて視てたんで、余計に残念〜。 なんか、なにやってもうまいこといかない、生き方が不器用な勘六。 お嬢さんと駆け落ちするにあたっても、脅して、やし。 でもね、駿府に戻ってきたお嬢さん=おしのは、辛いながらも幸せそうやったし、ホント勘六を好いてたように思ったんで、なんかあんな感じやったけど勘六が羨ましく思えましたよ。 じぃ〜んわり、いいお話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/19 21:32
水戸黄門「娘の涙は金の粒(甲府)」(2008/05/12放送)
今回のシリーズの柱やった、志保と伊之助、涙の再会です。 いやぁ、探し探して約半年、漸くの再会は、やぁ〜っぱり、涙モンですよ。 そんな今回は、なんと、甲州金、信玄公が残されたという、武田甲金埋蔵金のお話でした、これっ! これだけでスペシャルできるやん、って程のネタですよ。 よくね(今もやってるんかな?)「徳川埋蔵金スペシャル」ってやってます、視たこと無いからわからんけど、多分「徳川埋蔵金」なんか無いって思うなぁ〜、もし有ったら幕末は兎も角、享保以降もっと歴史が変わってたはずやもん。 ちょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/12 21:37
水戸黄門「太鼓叩きゃ出るホコリ(諏訪)」(2008/05/05放送)
今週は、高松愛ちゃんが出てました。 以前にも確か出演されてたことがあるはず、おいら的には時代劇では竹本聡子ちゃんとならんでお好み。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/08 20:48
水戸黄門「気弱亭主と気丈女房(飯田)」(2008/04/28放送)
今週は面白かったですねぇ、笑いあり・涙あり、こういうのが大好きですっ! ひょんな誤解から、健気に立ち上がった街の女子衆。 それに力を貸す・・・っていうか、積極的に一緒になる、尼さん、奉行のお内儀。 悪い女なんかなぁ、って思ってた太夫まで。 それに、格さんの一言で小さく「ムッ」と来た志保も、尼寺のみんなと同行。 一人一人は弱いけど、小さな力で悪を討つ! その過程は面白くって笑いあり、でしたけど、途中問屋場女将おたかに声をかけて励ますシーンやら、最後の立ち回り前後のシーンやらは、涙あり。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 21:50
水戸黄門「盗人最後の恩返し(浜松)」(2008/04/21放送)
今週は面白い、ってか、お茶目な弥七天狗! それからねぇ、最初は珍しく、「悪いのは盗賊だけ?」って思ってたら、案の定いましたね、頭の黒いネズミども。 しかもねぇ、郡奉行、アホ過ぎるぅ〜。 家宝の茶碗盗んで、家老の座に・・・就けるわけ無いやん、将軍家から賜った茶碗やで、お家取り潰しになるやん、家老どころやないでぇ〜、さっさとどっか逃げたらよかったのに〜、アホやわぁ。 そして、儀十。水戸黄門で人が死ぬの。 天狗弥七の怒りだけでなく、御老公一行は、いつにも増して、怒髪天!かな、と思ったんですけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/21 23:43
水戸黄門「弥七に恋した陰の女(尾張)」(2008/04/14放送)
久しぶり、約10ヶ月ぶりの時代劇ネタですっ! 弥七の恋物語に、裏柳生・風魔・伊賀入り乱れての立ち回り。 強敵風魔三郎には助さん・格さん・柳生兵庫の助、と! 今週は視見応え十分でしたよ。 ちょっとねぇ、時代劇好き・伝奇好きにはたまらん展開〜、なんかじっくり、2時間スペシャルでやってほしい位でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/14 21:54
水戸黄門「死ぬな!風の鬼若!!(能代)」(2007/06/11放送)
タイトル通り、「死ぬな!鬼若」ですよね。 鬼若は、きっと生きてます、生きてますよっ! ラストの10分、思ったよりもあっさりしてたんですけど、でもねぇ、アキちゃんの気持ちを考えると、辛いよねぇ・・・ でもアキちゃん、見事ですわ。 ちゃんと、ご老公の共に、ね。 ほんと、信じたいです、鬼若は生きてます! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/12 21:12
水戸黄門「異国の娘が抱いた謎(男鹿)」(2007/06/04放送)
ダッシュしてます、兎に角「水戸黄門」だけは、追いつこう、と! ・・・追いつきました、ぎりぎり間に合いました(って、これは最後に) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 00:21
水戸黄門「嘘泣き父子の二人旅(久保田)」(2007/05/28放送)
大泣きでしたわぁ〜。 正吉ね、憎たらしい子供のくせに、でももう、かわいいんですよ。 父親のね、秀次(=うじきつよしさん)も、お豊(=大場久美子さん)も、大黒屋夫婦も、みぃ〜んな、ええ人ばっかり。 しっかしまぁ、正吉・秀次父子、ね。 ホントの父子やのうて、でもって騙り商いしてて、まさに「嘘」。 せやねんけど、「嘘の中の真実」。 ですよねぇ〜。 いやぁ、よかった、ホントによかったぁ〜! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/08 23:03
水戸黄門「家族を捨てた母の愛(鶴岡)」(2007/05/21放送)
今週は、母子よりもね、兄妹の方に泣かされましたよ。 妹おはながね(お芝居は正直、あんまり上手って思えへんかったけど)、深夜に水垢離、もうね、一途な姿は泣かされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/05 21:32
風林火山「呪いの笛」(2007/05/13放送)
5/6放送分、録画失敗してました・・・ なんで、1週飛んでます。 しかも、前回分を視たのが、ちょうど今回視た5/13・・・ずいぶん久しぶりな気がする。 いやぁ、この「風林火山」だけやなし、貯まってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/05 00:38
水戸黄門「家族涙の隠し金山(佐渡)」(2007/05/14放送)
「佐渡金山」といえば、時代劇では定番の「隠し金山」ネタ、です。 佐川満男さん、人のええおとっつあんです、ほのぼのさせられます。 娘役の水橋貴巳ちゃん、北大路欣也さん版「大岡越前」での娘役、今年頭の忠臣蔵での千葉三郎右衛門の娘役、といい、なかなか時代劇にマッチしてます。 最後のCM前は、まさに「危機一髪」、もうどうなる事やら、って思いましたよ。 今週は、なかなか見応え十分、でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/03 23:29
柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い「緋の剣」(2006/05/10放送)
ずいぶん空いた気がします。 そんな今週ですけど、いやぁ、やっぱり今回の「最後の闘い」は、シリーズ中いっちゃん面白いです。 今回ゲストのね、美紀ちん=水野美紀ちゃん、よかった、ほんとよかった・・・し、もう、(ToT)でしたよ。 るいの、ね、「抱いてやってください」って台詞に、こらえてた涙がどっと流れてきましたよ。 あと、ちょっとマニアック的には、兵庫vs十兵衛。 これはねぇ、今回シリーズ最初に感じたけど、まさに「魔界転生」、ですわ。 (兵庫の方が若いのが「?」ですけどね) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/30 00:04
八州廻り桑山十兵衛〜捕物控ぶらり旅(2007/05/08放送)
う〜ん、捕物帖はやっぱり、面白いね。 寺島進さん、河合我聞君は、さしずめ「助さん・格さん」なんでしょうけど、寺島さんはがちがちの「剛」やし、我聞君は思いっきり「柔」なところが、ちと違う、って感じかな。 そんでもって、先週も書きましたけど、八重ちゃんがかわいい、今回は特に、エンディングが、ねっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 22:31
水戸黄門「陰謀砕いた美人姫(越後高田)」(2007/05/30放送)
大感動〜、これやから「時代劇」は!「水戸黄門」は、やめられません。 今回の旅の目的、越後高田藩に早くも到着、な今回。 シリーズ第一話同様ね、2時間スペシャルにしたらええ位、中身が濃くって. ゲストもね、林与一さん、石丸謙二郎さん、って豪華。 まぁ、林与一さん、石丸謙二郎さんって時点で、この二人が「悪」って分かってたんですけど、今回はそんなことよりも! もう、「水戸黄門」ありがちな、姫・・・お転婆姫。 見事に馬を乗り回して〜、って思ってたら、単なる「お転婆姫」やなかった、です。 サブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/27 21:31
よろずや平四郎活人剣「道楽息子」(2006/05/04放送)
一週抜けました、その上忙しゅうて、間が空いてしまいました。 でもね、この「よろずや平四郎活人剣」、面白いわぁ〜、和む! 今週のゲストは、「八州廻り」につづいて星野真里ちゃん。 来週のゲストは石橋蓮司さん。 何、京都で録り貯め? ま、そんな話はさておいといて。 ほんと、和みますわ。 田山涼成さんのおとっつぁんも、ねぇ〜。 おもん(星野真里ちゃん)をね、嫁に認めたとこなんてまぁ、ええ話やわ。 そんな和みの後で、派手な立ち回りもありぃの、益岡徹さんに笑わされぇの、内藤剛志さんと中村俊... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/25 01:14
八州廻り桑山十兵衛〜捕物控ぶらり旅(2007/05/01放送)
タイトル長っ! 北大路欣也さんの「子連れ狼」「大岡越前」に続く三部作、 「八州廻り桑山十兵衛〜捕物控ぶらり旅」 です。 なんかね、メジャーな作品と違うことから、「隠密奉行朝比奈」を思い出します。 さてさて、「八州廻り」と「博打打ち」に絡むお話っぽいのですが、それはこれからおいおい視ていくとして、今回は。 星野真里ちゃん。 おいら的に初めて彼女を視たのは、「大奥〜第一章」。 あの頃と比べると、上手になりましたね。秋の「太閤記」でもそうでしたけど、だんだんよくなってきてる気がします。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/23 00:26
水戸黄門「頑固一徹職人魂(松本)」(2007/04/30放送)
いやぁ、3週遅れですよ。 貯まって貯まって、困ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/21 22:54
風林火山「姫の涙」(2007/04/29放送)
ゴールデンウィーク突入です・・・(^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/05/13 22:54
柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い「悔恨の剣」(2006/04/26放送)
じわぁ〜っときました。 石橋蓮司さんはねぇ、おいらの大好きな役者さんの一人。 今回もねぇ〜、いやぁ、ええ味出してはりますわぁ。 最後のね、「丹波へ帰るぞ」がね、たまらん、ええ台詞、ええ言い方。 それにね、重なって差し込まれる柳生のるいの映像。 エンドでナレーションが入ったけど、「父と子(倅)」、母と妻、そして・・・十兵衛。 最終シリーズも、早くも折り返しです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 00:07
風林火山「運命の出会い」(2007/04/22放送)
先週もそうでしたし、次週予告もそうなんですけど、由布姫=柴本幸ちゃんがいい。 今週のね、自刃せずに笑い出して、で、「生きてたい、たとえ生き地獄でも」的台詞? いやぁ、ぞくぞくしましたよ。 次週以降も、柴本幸ちゃんから目が離せません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/11 01:35
水戸黄門「亭主参った嫁姑対決(松井田)」(2007/04/23放送)
昨日見たんですけど、昨日は疲れてて、アップできませんでしたわいな。 途中まではね、嫁姑対決が面白かったんですけど、亭主のために覚悟を決めた嫁。 その嫁に初めて意気投合する姑。 いやぁ、このあたりから、泣けましたね。 また、それだけ好かれもし、自慢でもある亭主兼息子。 そりゃ、ご老公だけでなく、助さん格さん、お絹にアキちゃんに鬼若もほっときません! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/10 23:57
よろずや平四郎活人剣(2006/04/20放送)
よろずや=「万屋」ですね。 「逃亡者おりん」に続く、TV大阪(TV東京)、時代劇新番組は、中村俊介君の登板です。 旗本四男坊、辛い立場の平四郎が、「!」と、道場立ち上げ・・・で、いきなり挫折あり・。 でもね、お家を出て、長屋暮らしって、これはねぇ、今時の「一人暮らし始めます」に通じるところがあったりして、(*^_^*) ストーリーは、また初回なんでわかりませんが、なかなか面白そうですよ。 レギュラー陣も、内藤剛志さん、本田博太郎さん、山田純大君。 大路恵美ちゃんも、レギュラーなんかな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 00:04
柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い「孝養の剣」(2006/04/19放送)
悲しい、悲しすぎます。 ボロボロボロボロ〜 (ToT) もう、めちゃくちゃ泣きましたよ。 正雪の実家でね。 母(吉行和子さん)がね。 「正雪様は・・・」ってとこ。 それを受けた兄。 そして、正雪。 もう、もう、たまらん、のに! 十兵衛、今回の第二番は、あまりにも悲しすぎる(今までね、時代劇視始めて、好きなって長いけど、こんなに悲しいお話は、滅多にないですよ)、母・兄・弟。 そしてね、この二番勝負はきっと、正雪に十兵衛への恨みを募らせる結果となるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/04 00:24
水戸黄門「赤城の山はカカア天下(前橋)」(2007/04/16放送)
今週ゲスト、時代劇では大活躍の左とん平さん(ついこないだまでも、「おりん」で大活躍)もよかったんですけど今週は! 「水戸黄門」では珍しく「女の週」でしたわ。 レギュラーのお絹、アキちゃんに加えて、ゲストの赤木春恵さん、孫娘お民の渡辺けあきちゃん。・・・ まずはね、お絹・・・由美かおるさん、若っ!いつもの入浴シーンと違って、野良娘やねんえどまぁ、ほんと、おかしいよ、若すぎ。あの若さの秘訣は・・・きっと、女性のあこがれでしょうねぇ〜、って、今回改めて思いましたよ。 で、アキちゃん。目立ってへ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/02 00:36
風林火山「諏訪攻め」(2007/04/15放送)
由布姫! 今週は、勘助の策士ぶりが初めて本格的に発揮されたこんかいですけど、おいら的には、由布姫様!です。 これまでね、ほんの数回しか「武田信玄」「風林火山」視てへんのですけど、由布姫の印象がね、今回の柴本幸ちゃん、ぴったりですわ。 ここまで4ヶ月、今ひとつ「?」やったんですけれども今回! あの「意志の強さ」、ね。 柴本幸ちゃんっておいら初めてドラマで視るんですけど、かんなりいいですねぇ〜。 次週予告視ても、よさそうやし。 なんかね、「凜」とした感じ、よいです、凄いこれからの「風林... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/01 00:03
柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い「恩義の剣」(2006/04/12放送)
第二話。 今回、いよいよ十兵衛が、最後の旅に出ましたよ。 因縁深い正雪とも会い、「友」的な、将軍家光とも会い、「ご政道」ってことでどこか親父とダブル、伊豆守とも会い。 そして、江戸を出る時に、七番勝負最初の刺客、矢口新八との闘い。 これがねぇ、涙無しに視れへんよ。 んでもって、妻女るいもね、初めて十兵衛の真剣勝負を目の当たりにして。 これまでのシリーズでの小沢真珠ちゃんとは、また役所がちがうもんね。 そして最後に、紀州で・・・母君りんと、十兵衛の別れた真の理由は? 十兵衛の弟って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 22:54
水戸黄門(2007/04/09放送)
新シリーズです、オープニングがこれまでと違います! シリーズ初回ということで、助さんの許嫁、美加(瀬戸早紀ちゃん)、お母上静枝様も登場。 しかしまぁ、今回はね、オープニング直後からもう、殺陣が盛りだくさん。 初回2時間特番でもよかったんちゃう?って位、ほんと見所満載でしたよ。 そして、上州館林、代官浅井新兵衛(風間トオル)。 そりゃぁね、風間トオルさんやからカッコええのは当然としても、浅井新兵衛がね〜。 代官所の面々に慕われている、これがね、今回おいら的ツボでした。 (それは、おい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 22:53
柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い「母恋の剣」(2006/04/05放送)
柳生十兵衛七番勝負、最終章です! 十兵衛対由比正雪、長い長い戦いの最終決着戦は、あの有名な「由比正雪の乱」。 前シリーズの「島原の乱」がね、徳川泰平の最後の戦いやと思ってるんですけど、「由比正雪の乱」がまだ残ってました。 と書きながらもおいら、「由比正雪の乱」というのは、昔歴史の教科書で聞いただけで、よう知らんのです。 でもね、今回、知れそうで、楽しみです。 そして、この「十兵衛」シリーズ、もう、3シリーズ目。 でもね、マンネリやなしに、期待できそう・・・ってか、初回視た限りでは、面... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/25 00:23
風林火山「招かれざる男」(2007/04/01放送)
一ヶ月ぶりに視ました、「勘助君!」 面白くなってきましたねぇ〜。 勘助君=内野聖陽さんも、晴信=亀次郎君も、いいですよ。 前回あたりから俄然、おもしろさが増してきて、視るのが楽しみになってきました。 が・・・しっかし〜! 毎週視てへんから、翌週の放送時間変更はぁ〜・・・一回飛ばしになってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/23 21:53
風林火山「勘助仕官」(2007/03/25放送)
ようやく、「風林火山」が始まった、って感じですね。 ここまで約3ヶ月、プロローグ、ですな。 先週触れた、青木大膳。 見事に勘助に利用され・・・と思いきや、ですわ。 ドラマ的には、勘助の「策士ぶり」を描いてましたけど、その後の晴信の台詞とか含めて、なぁ〜んか、難しいよぉ〜・・・ってのがおいらの素朴な感想。 今回の大河、ここ数年に比べて評判がいい、ってことをよく聞いたり読んだりします。 確かに面白いんやけど、まだ今、難しいよぉ〜 単純明快なのが好きなおいらが、今回の「風林火山」にハマる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/25 20:52
逃亡者おりん「江戸城大乱!明かされる陰謀」(2007/03/23放送)
おりん、最終回です! そんな最終回は、涙々、だけやなく、最後の最後まで、先が読めませんでした(というのは、おいらがアホなだけ?) この「逃亡者おりん」、ずっと娘お咲に会う旅で、おりん=母やったんですけど、最終回になって今度は、母妙(=梶芽衣子さん、いいわぁ、ドラマを締めますねっ!)に会うため、おりん=子(娘)で、まぁ、見事ですわ。 でね、道悦、田安・森川、大岡、そして上様。 めちゃくちゃ入り組んだ善悪設定・・・いやいや、善も悪も、単純に色分けでけへんよね。 「敵の敵は、味方」みたいな、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/25 01:05
風林火山「信虎追放」(2007/03/18放送)
無血革命、ですけどっ! 「信虎追放」よりも、前半の信繁・晴信の、なんていうの、兄弟? おいら的には、これに尽きました。 「これに尽きました」って書きながらも、他にもね「ミツ」との回想シーンとか、勘助・信虎一騎打ちとか、おもしろかったです。 ただ、ね・・・青木大膳 「このドラマが」、ってのやなし、あの青木大膳は、余計なことしてますよねぇ〜 この余計さが、次回以降に繋がっていきそうな、予告編でしたね。 勘助が青木大膳をうまく利用するっての、なんかやっと、幻作に近づいてきましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/18 20:53
逃亡者おりん「運命の対決 根来後篇」(2007/03/16放送)
いよいよクライマックス、です。 今週もおもしろかったんですけど、もう、とまりません、最終回に向けてまっしぐらですよ。 やっと会えた我が子お咲は、いとこの桔梗に預け、おりんと宇吉が江戸へ向かいました。 その江戸では、上様が、忠光が、田安が、お妙が・・・ 弥十郎も、道悦も、みぃ〜んな、最後は江戸が決戦場です! もう、超楽しみですっ! いよいよ来週最終回は、2時間スペシャル! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/17 00:32
風林火山「晴信謀反」(2007/03/11放送)
おいらが知りたかった、「信玄(晴信)」の「父、信虎追放」が、今週・来週に渡って描かれます。 「無血革命」やったんでしょうか? いやぁ、気になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/11 20:52
逃亡者おりん「母と呼べぬ子 根来前篇」(2007/03/09放送)
「おっかちゃ〜ん!」 とうとう、おりんは娘お咲と巡り会えました。 で、紆余曲折あったけど、お咲はおりんを 「おっかちゃ〜ん!」 って呼びました〜〜〜〜〜! これ視て、涙せずにはおれんでしょー Happy、Happy、ハッピーエンド〜! ・・・ かと思いきやぁ〜っ! まだまだ続きますよ、この「逃亡者おりん」はっ! とうとう今週、暗愚と呼ばれた九代将軍「徳川家重」の裏の顔が見えました。 田安や土佐守、いやいや、大岡よりも上手かも。 てっきり、来週で最終回かと思いきやっ! こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/10 02:57
遠山の金さん(2007/03/06放送)
きれいな、かわいい子やなぁ〜、って思ってたら、大路恵美ちゃんでした、今週のゲスト。 彼女ねぇ〜、懸隔商売の三冬が凄くよかったイメージが強くって。 (その前は、おいら的には忠臣蔵、大工の娘) 最後はよかったと思うよ。 せやかてねぇ、あの若旦那・・・セクハラ旦那、アホ旦那やもん〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/07 02:15
風林火山「勘助討たれる」(2007/03/04放送)
今週は、サブタイトル「勘助討たれる」やけど、晴信が主役でしたね。 そして、由布姫も登場です。 いやぁ、信虎は、わからん、です。 信虎と晴信、確執の原因が。 ま、それはさておき。 晴信=亀次郎さん、いいですねぇ〜。そして、その脇を固める筆頭、千葉真一さんも! そして、いよいよ晴信が信虎を討つ覚悟を決めて、来週が最初の山場です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/04 22:11
逃亡者おりん「争奪!姉様人形」(2007/03/02放送)
ちょっと前の特番でやってましたけど、大江アナの登場回でした。 ま。そんな話はさておき。 佳境です、「敵の敵は味方」。 弥十郎とおりん視てると、「馬場・猪木」を感じました。 ま、ちゃうけど、ね (^^;) でも、弥十郎の「おりんに娘と会わせたい」って気持ちは、ホントですよね。 そして、おりん。 宇吉からもらった「姉様人形」、おりんにとっては宝です。 なんというても、娘お咲への土産なんですからぁ〜 姉様人形を巡る戦い、弥十郎の立ち位置、そして、江戸表も騒がしくなってきたっ! いや... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/03 23:15
新・はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜「おかえり菊さん」(2007/03/01放送)
サブタイトル通り、「おかえり菊さん」でした。 福本清三さん、かっこええ〜、役でしたね。 いつもは「チラッ」としか出番が無いので、今回はよかったです。 最後にね、見せた「笑顔」がなんとも言えへん、ええ顔でしたわぁ〜 お凜=星野真里ちゃん、「大奥〜第一章」の頃から比べると、よくなりましたね。 こないだの「太閤記」でもなかなかよくなってるなぁ、って思ったんですけど、今回はまたよくなってます。 彼女、長い目で見続けたいですね。 菊太郎と鉄蔵(「てつ」の字が出てきません〜)の兄弟も、よかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/02 02:29
遠山の金さん(2007/02/27放送)
母子のお話なんですけど、おいら的にはやっぱり、お姉ちゃん!でした。 おねえちゃん、おしず=寺田千穂ちゃん、めちゃくちゃべっぴんさんや〜ん。 おかんが「ええところに嫁いでくれたら・・・」的なこというてたけど、最後卯之吉とおかんと、一緒に家族で暮らせるようになったんやから、この先は幸せになってほしいです。 ・・・ってか、嫁に欲しい〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/01 00:39
新・はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜「大黒様飛んだ」(2007/02/22放送)
NHKの時代劇のよさですよねぇ〜。 剣戟無うても、泣かせますわ。 今回なんか、ほんま、人情話ですよね。 おりんが菊太郎の生家を訪れたのも。 お多佳も、お信・おりんの間で、迷うよね〜。 ゲストの遠藤憲一さんも、ほんと、いい役者さんですよね。 今回も、どう考えても、ホントに悪い奴やない、ってずっと思わせといて。 でも、ホントは悪かったんやけど、でも最後改心するやなんて、正直「ややこしい」やくですよっ! でも、見事な演じきりかたでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/28 00:12
風林火山「奇襲!海ノ口」(2007/02/25放送)
やぁ〜、おもしろくなってきましたねぇ〜。 今週は、勘助の軍師っぷりと、晴信(信玄)の軍師っぷりの対決。 勘助=内野聖陽さんと晴信=市川亀次郎さん、ともにかっこよいっ、ですよ。 正直、やっとおもしろくなってきた、そんな気がします。 そして、千葉真一さん、いいねぇ〜 ま、こんな勘助と晴信が組むんやもん、武田軍は強かったはずやわ。 で、途中のテロップで気がついたんやけど、この時期って、まだ信長も生まれてへん時代なんやね。 う〜ん、おいらの知らない時代の時代劇で、今までわからんことだらけや... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/25 22:11
逃亡者おりん「母娘哀しき大和路」(2007/02/23放送)
近頃珍しい、2クールに渡るドラマの「逃亡者おりん」、今回で2月放送も最後、いよいよラストへ一直線、って感じです。 で、根来衆登場。更に、年末特番以来の妙様(おりんの母君)も、宇吉も。 予告編を視ても、盛り上がって参りましたよ。 そんな、「さぁ、あとはクライマックスへ一直線」となる直前の今週も、おりんの怒りは爆発でしたね。 おいら的命名「アーマードモード(=おりんレオタード)」は、ここんとこ続いてます。 おいら的には、「おりん怒りMAX 」で、「アーマードモード」になる、って思ってますの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/24 02:47
遠山の金さん(2007/02/20放送)
いやぁ、またまたおいらの泣き所。 お仙、おさとの姉妹。 姉妹再会シーンは、再開した瞬間に、ボロボロ〜って、涙がこぼれました。 それとは対照的、って言うといいすぎかな、おまき・おいとの親娘は、おもしろいわぁ、毎回。 でもきっと、シリーズ中に、「ただただおもしろいだけの親娘と違う」って話がありそうな、そんな気もしますよ。 それから、八太夫=森本レオさん、ええキャラすぎ! 今週の聞き込み調査での、「堅物、ええひと」ぶり。 彼、八太夫にも、スポット当てたお話が視たいですな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/22 23:56
風林火山「晴信初陣」(2007/02/18放送)
やっと、ね。 お話が動き始めた感じがします、おいら的には。 前半、北条氏康の元から真田幸隆の元に勘助が動いたあたりは、「禅問答」的なお話になってましたけど、それはそれで、結構おもしろかったですよ。 で、幸隆の元で平蔵=佐藤隆太君と出会って。 平蔵、ええキャラです。 「コミックリリーフ」やないですけど、なんかお話に、「和み」をもたらせてくれますよ。 それと、晴信=亀次郎さん・・・亀ちゃんええわぁ〜 それにしても、晴信→信虎は今回視ててもわかるんですけど、信虎→晴信は、わからんです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/20 02:55
逃亡者おりん「闇を裂く柳生の剣」(2007/02/16放送)
今週は、お駒の回、です。 第一話で消えたお駒、いつか出てくるやろうと思ってたら、やっと出てきました。 んでもって、幸せになってました・・・なんやけど! 恩人二人、おりんと亭主・坂本平八(遠藤憲一さん)の間で揺れる思いもあって、でも「命の恩人」であり、「今の自分があるのは、おりんのおかげ」って気持ちが、お駒をして平八に刃を向けさせましたけ、けど! 平八がお駒を想う気持ちで、そこは円満解決、いやぁ、よかった、・・・ここまでは。 その後がね、もう、たまらん悲しいお話になってしまいましたよぉ〜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/18 20:51
新・はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜「秘密」(2007/02/15放送)
途中までは「淡々」と進めて視てたんですけど、途中からは、泣きましたねぇ〜 もう、姉妹やもん。 たまらんね、ほんと。 なんかねぇ、言葉にならん位、正直よかったぁ〜、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/17 23:50
風林火山「仕官への道」(2007/02/11放送)
う〜ん、やっぱり、よう知らん時代な上に、人間関係・大名同士の裏の裏とかあって、難しい〜、っす。 晴信(信玄)=市川亀次郎君と、三条の方=池脇千鶴ちゃんの婚儀。 ここはよかったです〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/17 00:44
逃亡者おりん「涙の姉弟酒場」(2007/02/09放送)
おせん=有森也美ちゃんがよかったです。 もう、しょっちゅう書いてますが、おいらの弱い、好きなパターンのお話です。 「もう、どうしようもない、ろくでもない弟」なんやけど、でも「弟」は「宝」なんですね。(おいらの場合は、「どうしようもない」の真逆で「ようでけた弟」なんですけど) 最期の最期まで、弟を褒めてたおせん。 そんな姉・弟がね、目の前で殺された・・・おりんの怒り、MAXです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/16 00:44
新・はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜「怪談・冬の蛍」(2007/02/08放送)
冬の蛍がね、めちゃくちゃきれいでしたよ。 今回、地味ぃ〜なお話でしたけど、あのシーンの直前から、泣けましたね。 蛍のきれいさ、儚さが、涙を誘います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/15 02:08
遠山の金さん(2007/02/06放送)
金さん、やっぱりおもしろいねぇ。 越前といい、金さんといい、暴れん坊将軍といい、「市中見廻り」って名目で、うまいこと出回るのが、やっぱりこの手の時代劇の「ツボ」ですな。 森本レオさん演じる「八太夫」、おもしろいっす。 おまき(萬田久子さん)・おいと(芳賀優里亜ちゃん)親娘も! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/13 01:37
風林火山「駿河大乱」(2007/02/04放送)
パソコン切り替えしてたんで、1週遅れです。 1週遅れ、なんで、間に丸々2週間空いてるところに、やっぱりおいら的にあまり詳しくない時代、かつ武田・今川。 「う〜ん、わからん」って思いながら、淡々と話が進んでいってるように思ったんですが、途中から! あかん、ボロ泣きです。 山本兄弟〜 (T_T) 回想シーンがもう、どうしようもなく、おいらを泣かせます。 そんな回想シーンを経て、最後に・・・なんで、兄弟で刃交えなあかんの?って。 もちろん、時代が時代やし、来週(あ、もう放送済んでる?)の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 00:22
新・はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜「黒猫の婆」(2007/02/01放送)
黒猫の婆さん、原作読んでたけど忘れてました。 「嫌みな婆さん」って印象が強すぎて、「(そんな嫌みなことばっかり言うから)義理の娘にも追い出されるんやで」って、途中までは思ってしまいましたけど、結末は、涙、涙でしたね〜 お凜も、このシリーズ始まったときは「?」やったんですけど、先週あたりから、なんかええ感じになってきてます、こないだの橋之助さんの「太閤記」での「寧々」役同様、星野真里ちゃん、だんだんよくなってきる、って感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/05 22:34
逃亡者おりん「弥十郎哀しき再会」(2007/02/02放送)
面白い。今回が面白いんやのうて、シリーズ通して、どんどん面白くなっていってます。 今週は、倉沢弥十郎とおりんが、「初めて」一緒に戦いました。 今までは弥十郎が一方的に(ってか、ある目的=密書)おりんを助けてたんですけど、今週は違いましたね。 そら、弥十郎の目的はありながらも、今週はそんなん抜きに、共闘ですよ。 それにしても、「三者三様」といいますか、「四者四様」と言いますか・・・ 上様?意次? う〜ん、わからん、わからんからこそ、面白いし、最後まで気になります。 そして、改めて。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/03 03:10
遠山の金さん(2007/01/30放送)
金さんが諸肌、桜吹雪を見せて大暴れ、その時の又平には、視ててビックリしました。 う〜ん、そういう展開は全く思ってへんかったぁ〜。 金さんも、かな?金さんの怒りは沸点に達してましたね。 そして、メインゲスト、小田茜ちゃん。 う〜ん、彼女、「カワイい」ってより、「キレイ」になってきてますね。 (どことなく、昔の知人に似てて、好きなんですわ、おいら。) そして、お裁き! 敢えて「江戸所払い」、っですよぉ〜。 お見事! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/31 01:51
新・はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜「凄い男」(2007/01/25放送)
いいですねぇ〜、途中からはもう、涙ボロボロでしたよっ! このお話ね、「奈良の大工」ってんで、原作を思い出しました。 (まぁ、思い出したんは「そんな話があった」ってことだけなんやけど。) で、その「奈良の大工」を伊吹吾郎さん。 あの「格さん」やし、今回の役所も、最初固い役やったから余計に「格さん」って感じがしてしゃぁなかったんですけど、話が進むにつれて「格さん」イメージよりも、お話にハマっていきましたよ。 そして、新喜劇座長小藪さんも地味やけど(ってか、新喜劇でも地味なワルやもんなぁ〜)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/30 01:38
風林火山「復讐の鬼」(2007/01/28放送)
先週からの引っ張り方が、今週オープニングを終わるまで引っ張られたんで、オープニング直後は、絶句でした〜、あぁ、「風林火山」入り込んどるね、おいら。 いやぁ、見事に惹きこれましたよ。 それに、ね。 前にも書いたけど、詳しくないんよ、この時代、そして武田家。 なんで、ほとんど全てが新鮮で、「綿に水」位、しみこみますわぁ〜・・・名前は覚えられへんけど・・・ ウッチー(内野聖陽)さん、「METAL MACBETH 」を観てへんかったらここまで肩入れしてへんかったかもしれんけど、ほんま、ええわぁ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/28 20:51
逃亡者おりん「伊賀・道悦の野望」(2007/01/27放送)
「逃亡者おりん」、以外なところで、すごく近い(職場)の人が視てました。 おいらが時代劇好きなの知ってて「おりん視てる」話題を振ってくれたんですが、いやぁ、いいタイミングでしたよ。 「これまで」と「これから」を繋ぐ、重要な回でしたから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/28 19:53
遠山の金さん(2007/01/23放送)
いいですねぇ、今宵も遠山桜が咲き乱れ、ですっ! 今週みたいに、子役の子が可愛いと、たまりませんね。 「大岡裁き」「遠山裁き」、いやぁ、面白い。 金さん=松平健さん、昔の「新さん」と違って、お庭番はおらへんけど、強い強い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/23 22:10
風林火山「摩利支天の妻」(2007/01/21放送)
たった1週間やのに、先週の話をすっかり忘れてましたぁ〜。 視てるうちに、だんだん思い出してきたけど。 勘助を囲む周りの人々が百姓衆ってのが、いいですわ。 なかなか時代劇で、百姓衆って出て来うへんもんね。 ミツ、貫地谷しほりちゃんも、いいっ!です。 (原作は読んだんですけど、覚えてへん・・・ってか、原作は量少ないから、かなりアレンジされてるはずなんですけど) 勘助がね、最初つれない態度やったのに、最後の方で「守るべき城」って、ねっ! そんな、和やかに進みつつあったのに、最後・・・っち... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/21 20:53
逃亡者おりん「母子、涙の仇討ち」(2007/01/20放送)
母子の仇討ち、狙った仇が実は自分父親・・・ま、正直、よくある展開です。 仇討ちの原因も、幼なじみの男・男・女の、「ゲス」な考え方すれば、「三角関係」ですよね。 でも今回は、そんな「三角関係」やのうて、結末としては、男同士の友情もありぃの、幼い頃からの想いもありぃの、でした。 とはいえ、結局また、人が死ぬ・・・この「逃亡者おりん」、もう、毎回「哀しいですよねぇ。 最後の最後、エンディングでね、新之助・お民の後日談が映ってたのが、哀しい中での救いですっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/20 22:55
金曜ロードショー「SHINOBI 」
面白かったぁ〜。 最近時代劇続き(?)の仲間由紀恵ちゃん。 それに・・・ おいらの大好きな「山田風太郎」さん、その「甲賀忍法帖」が原作。 原作もすごく面白いんですけど、この映画もすごく面白かったです。 原作そのまんまやのうてね、原作を下敷きに、上手く料理してるなぁ〜。 きっとね、原作そのまんまでも面白いんですけど、「映画」にするには、万人受けしにくいかもしれんもんね。 そこんところを、上手く料理してたなぁ〜、ってのがおいらの感想です。 それと・・・あの、ねぇ^、山田風太郎さんの世... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/19 22:59
遠山の金さん(2007/01/16放送)
松平健さんで、遠山の金さんですよ! (おいらね、「金さん」は、松方秀樹さんの「金さん vs 女ねずみ」なんですね。杉良太郎さんは知らないんです。) つい数年前までは、「世の顔を見忘れたか!」が、「この遠山桜、見覚えが無ぇとは言わせねぇ!」ですよ。 う〜ん、こういうの、視ててスッキリしますねぇ〜 そして、ゲストは、若村麻由美さん。 おいらの大好きな、蔦吉姐さんですよ。 いやぁ、キレイわぁ〜、キレイ! 思う存分楽しめた、第一話でしたっ! あ、エンディングも、松平健さんなのね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/17 21:27
風林火山「さらば故郷」(2007/01/14放送)
おいら的には、やっと始まりました「風林火山」。 (っていうのが第一話、土曜日の再放送で視てたんですが、北海道沖大地震の緊急報道で、途中までしか視れてないんですぅ〜) おいらが好きで、よく視たり読んだりしている「戦国時代〜徳川初期」。 やっぱり「信長・秀吉・家康」関係が中心になってて、「信玄」の話ってよくは知らんのですよ。時代的にも、ほんの少しだけ、「信長」よりも前ですからね。 なので今回の大河「風林火山」は、とても楽しみ・・・な反面、登場人物を理解するのに時間がかかりそう〜、です。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/14 21:40
逃亡者おりん「裏切りに哭いた愛」(2007/01/12放送)
美女二人! 主役おりん=青山倫子ちゃんと、奈津様=小田茜ちゃん。 小田茜ちゃんは、今回みたいな「悲劇のヒロイン」が似合うなぁ〜。 そして、怒りのおりん!、でしたよ。そら、怒るよねぇ〜 (ToT) 更に今回は、倉沢弥十郎、ラストの乗り込み、かっこよかったよ。 いつもいつも、今一歩遅かったけど、今回はかっちょよかった〜 んでもって、ラストからエンディングへの入り方はもう、おいら的に「ブラボー!」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/12 23:23
新・はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜「三年ぶりの京」(2007/01/11放送)
勝手に(と言うても、それなりのしっかりした理由は有ったんですけど)江戸に向かって・・・ 三年ぶりに、菊太郎が、帰ってきましたぁ〜っ! そんな、久しぶりの「はんなり菊太郎」、第一回は「恋、恋、恋」でした。 ほぉ〜んと、「はんなり」話。 帰ってきて早々、菊太郎は一つ事件を片付けて、ラストでは、3年振りのお信!と思いきや・・・って終わり方がまた、面白いですよ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/12 00:18
逃亡者おりん「初恋は刃に散った」(2007/01/05放送)
年明け早々、相変わらず面白いです、「逃亡者おりん」。 今週はね、幼なじみの女(おりん)男(才蔵)女(乙音)。 「初恋」、才蔵はおりんに、乙音は才蔵に。 ま、ドラマではよくある関係やと思うんですけど、「よくある」としても、やっぱり、いいわぁ〜 おりんよりも、才蔵よりも、乙音! 彼女の健気さといいますか、なんといいますか・・・に、涙〜、でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/10 23:43
忠臣蔵・瑶泉院の陰謀(2007/01/02放送)
三日間かけて、ようやく視終わりました、「瑶泉院の陰謀」。 『陰謀』って言葉からね、「悪女瑶泉院」が「吉良に横恋慕された恨み」をうまく「内匠頭の無念を晴らす」って名目の元、「雄々しい内蔵助を初めとする赤穂四十七士を手のひらで踊らせて」「吉良の首を取り、自分の恨みを晴らす」、そんなお話を想像してました。 いやぁ、予想は大外れ。外れて良かったんですけど (^^;) 「瑶泉院=阿久利の、内匠頭長矩に対する愛情の深さ・真摯さを描いたお話」、ラブストーリーでしたね。メチャクチャ面白かったです。 おい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/07 21:49
明智光秀〜神に愛されなかった男〜(2007/01/03放送)
凄い、面白かったですよぉ〜。 「明智光秀」ですよ、日本史上の「裏切りの者」の代名詞、「三日天下」と言われた、あの男ですよ。 しかもおいら、信長好きやしね。 せやねんけど、ほんと、この「明智光秀〜神に愛されなかった男〜」は、面白かった。 光秀役の唐沢さんも、秀吉役の柳葉さんも、信長役の上川さんも、みんなよかったんやけど、やっぱり、お話が凄くよかった。 台詞もね、後で活きてくる台詞が多くて、後の場面で効いてくるし。 おいらが時代劇を視初めてから今まで、こんな光秀の描き方って、無かったです... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/03 23:50
正月時代劇「堀部安兵衛」(2007/01/01放送)
「堀部安兵衛」。言わずと知れた、「赤穂浪士」、中でも一番の剣の使い手、です。 その、「堀部」姓を名乗る前、「中山安兵衛」時代で、有名な「高田馬場」までが描かれてました。 おいらが「時代劇好き」になったきっかけは、「忠臣蔵」。 で、当時「本」は、まだまだ読み始めたばっかりやったんですが、池宮彰一郎さんの「氏十七人の刺客」の次に読んだのが、今回の池波正太郎さん原作の「堀部安兵衛」やった、そんな気がします。 今回のドラマ視て、久しぶりに読み返したくなりました。 さて、2時間弱のスペシャル、お... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/02 23:56
大奥スペシャル〜もう一つの物語〜(2006/12/29放送)
特別編、映画版「大奥」とリンクしたお話です。 サブタイトル通り、まさに「もう一つの物語」です。 登場人物もそうやし(谷原章介さんなんて、そうですよね)。 でも、ただの「映画宣伝」やのうて、このドラマ単独でも十分楽しめました。 やっぱり、「大奥」は面白い、って再実感しました。 今回の主役は、お万=深田恭子ちゃん、そして大奥総取締、滝川=浅野ゆう子さん。 久しぶりに聞きました、あの名台詞。 「大奥は女の牢獄」 映画版「大奥」同様、TVシリーズと違って、「ラブストーリー」を持ってきてま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/29 23:02
映画「大奥」(2006/12/27)
観てきました、映画版「大奥」! 近頃ね、映画館に足を運んでなかったんですけど、「この『大奥』だけは、観逃せへんっ!」と思ってましたから・・・大奥ファンとして! で、感想は、「面白かった〜!」ですよっ! ホントに、いやぁ、お腹満腹ですよ。 期待は裏切られませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/28 01:41
慶次郎縁側日記3「峠の果て」(2006/12/21放送)
これもまた、シリーズ最終回です。 もう、おぶんに子ができた、それだけでお腹いっぱいですよ。 もう、やっぱりねぇ、おぶんが幸せになっていく姿は、視ててとても (ToT)ウルウル、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/26 23:14
水戸黄門「祇園の夜の大騒動(京)」(2006/12/18放送)
シリーズ最終回です。 ご老公がこっそり(?)祇園遊び。 ご老公もね、若い頃は「暴れん坊」やったそうですから。 シリーズ最終回としては、こぢんまりしてますし、今回のシリーズは短かったなぁ〜、ってのがちょっと物足りない所もあるんですけど、「このシリーズ最終回」らしく、シリーズ最初のエピソードも交え、面白いお話でした。 そういえば先日の報道で、次のシリーズ途中で鬼若(照英)さんが「卒業」やとか。 それを知ってるからかも知れませんが、アキちゃんが大活躍に思えましたよ。 ご老公曰くの「京人形の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 20:57
逃亡者おりん「激闘!御三家の陰謀」(2006/12/22放送)
「水戸黄門」も、「慶次郎縁側日記3」も、最終回が録り貯めされてるんですけども、今日は昨日に続いて「おりん」です。 2時間スペシャルやもんねぇ、明日・明後日と「クリスマス特番」が続くんで、今日さっさと視ることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 00:14
逃亡者おりん「裏切り者の掟」(2006/12/15放送)
鬼丸も、おりんも、! 悲しすぎる結末でしたね。 もう、相変わらず、倉沢弥十郎、駆けつけるんが一歩遅いよぉ〜 (ToT) もう、ただただラストのねっ! 鬼丸の子が、お花のお腹の中にいる! そのあと、おりんに石を投げる子供達・・・! なんて、なんて、たまらんのでしょっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/21 23:27
慶次郎縁側日記3「大つごもり」(2006/12/14放送)
「大つごもり」って、「大晦」なんですね。 (一度、「おおつごもり」で漢字変換してみてください。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/20 22:54
水戸黄門「浪花娘 情けの恩返し(高野山)」(2006/12/11放送)
何年かに一度の吉本勢が大活躍。 花ちゃん(山田花子ちゃん)、正直お芝居「下手ぁ〜」やし、正直「可愛い」とはかけ離れてる(?)けど、今回のお花は、可愛かったですわ。 おいら的には、べたべたな大阪弁が、滅茶苦茶GOOD! 「正直一途」、大立ち回り後のご老公、いやいや、涙でしたわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/14 23:50
逃亡者おりん「忍び草」(2006/12/08放送)
「忍び草」、この「逃亡者おりん」最初の頃のサブタイトルを借りるなら、「哀しみの忍び草」、ですよね。 尾張の忍び、お土居下組(字、合うてたかな?)、息子村上和馬。 和馬とおりんのね、対峙シーンは涙モノ〜でした。 おりんも和馬もね、共に「裏」、せやねんけど、二人とも「心」を持ってるんですよぉ〜 (ToT) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/13 23:06
慶次郎縁側日記3「蝮の恋」(2006/12/07放送)
どこかの荒れ寺の境内、もう、紅葉が滅茶苦茶キレイ。 あの紅葉のね、「紅」は、映像的に滅茶苦茶キレイでしたよ・・・いや、キレイというより、「強烈」な印象でした。 それにね、蝮=吉次こと、奥田英二さんの演技は、鳥肌モノっ! お話はね、正直「暗い」んですけど、なぁ〜んか、心に「ズッシリ」きますよ。 サブタイトル「蝮の恋」、ね。 おいらはそこまで読み解く力がないんで、正直よう分からんかったんですけど、やっぱり「蝮の恋」なんでしょうか・・・吉次にも「未練」が、「まだ」あるんでしょうか? 吉次ほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/11 23:59
功名が辻「永遠の夫婦」(2006/12/10放送)
最終回っ!です。 「武蔵」「義経」と、歴史上の「超」有名人を主役に持ってきたここ数年と違って、正直「マイナー」な、「山内一豊」を取り扱った今回の大河。 (始まった当初まで、「山内」を「やまうち」やのうて「やまのうち」って読んでたもんね。それに、「山内一豊」って誰?「山内一豊の妻」の方が有名やったもんね。) 今回、最終回のタイトル「永遠の夫婦」からもわかるように、今回の大河のテーマは「理想の夫婦像」やったんやないでしょうか? 時代時代、また、人によって「理想の夫婦像」って違うと思うんですけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/10 21:16
水戸黄門「若君救った女将の秘密(三木)」(2006/12/04放送)
いやぁ、水戸黄門はやっぱりええなぁ〜。 寒い冬になったけど、心温まります (*^_^*) ラストの母子対面はもう、涙涙。 その前のね、ご老公様の思い出話もまた、心にジ〜ンときましたし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/06 23:32
慶次郎縁側日記3「意地」(2006/11/30放送)
今回も含めて、このTV化されてる「慶次郎縁側日記」、どうなんでしょ? おいらは、というと・・・ 凄く好きです。おいら的には、凄く上手く原作を料理してるなぁ、って思います。 今回なんかもそうですわ。 最初の方で、「あぁ、あの話かぁ」って分かったんですけど、原作読んではいるもんの、正直結構忘れてるんですよね。 でも途中でね、おちせが鏡を見たシーンで、このお話の結末を思い出しました。 途端に、ね・・・もう、悲しくて悲しくて。 でも、今回のお話は、そんなおちせの話と、晃之助・皐月を上手くリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/05 00:15
功名が辻「功名の果て」(2006/12/03放送)
昨日、視た後すぐに手元にこれ書いてたのに、アップするの忘れてましたぁ〜 一豊は映像で歳取っていってんの気付いてたけど、それに比較して「千代は歳とらんなぁ〜」って思ってたら・・・ 今週久しぶりに昔のシーンが流れて、千代もやっぱり、若いんやけど、歳は重ねてんねんなぁ〜、って思いました。 先週から、悲しいことがあったけど、拾も再登場で、いよいよ来週は最終回、です。 予告でちょっと、ウルッと来てしまいましたよ。 今までおいらが本で読んでたイメージとはちょっと違って描かれてた、そして永作ちゃんが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/05 00:15
逃亡者おりん「雨の親子情話」(2006/12/01放送)
ちょっと感想薄いかも。 っていうのがね、今回、先週に続いて良かったんやけど、これ書く前に「笑える恋はしたくない」視てもうたもんで。 で、ちょっと視終わってから時間が空いて書いてるもんで。 でも、今週は先週に続いて、ほんとよかった。 なんかね、回が進むにつれて、面白さが増していってます。 先週は母息子、今週は父息子、そして息子が惚れて父が助けた娘。 ラストね、ここは先週と違って、新八はじめみんな、死なんでよかった (ToT) またまたお涙、でした。 もう、おりんは、「手鎖人」でなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/01 23:20
太閤記「金ヶ崎の退き口〜浅井攻め・お市の救出〜羽柴秀吉へ…」(2006/11/28放送)
前回録画失敗した上に、先週は放送がなかったんで、なんか随分空いてしまった気がします。 そこへ持ってきて、やっぱり「秀吉」描くにしては、展開速い速い、速すぎっ。 今回の途中で、「このペースやったら、来週はもう、本能寺やん」って思ってたら、予告編はそないなってたし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/29 23:52
水戸黄門「男度胸の鬼退治(岡山)」(2006/11/27放送)
今回はもう、ええ話でしたなぁ〜。 「涙ボロボロ〜」とはまたひと味ちがって、面白おかしく、楽しい、なんともいえん、ええお話でしたよ。 なかなかね、こんな「ホンワカ」した感じのええお話は、ありませんわ。 太吉に指導する助さん、格さん。 そして、クライマックスに向けての「鬼退治」、二段構え。 ホント、面白かったぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/27 23:42
功名が辻「種崎浜の悲劇」(2006/11/26放送)
山内家譜代の家臣、新一郎。そして、新参やけど、ずっと山内家を陰で支えてきた、六平太。 この二人が、逝ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/26 20:58
逃亡者おりん「母が守った花嫁御寮」(2006/11/17放送)
1週遅れです、なんで、約2週間振り、に視た「おりん」こと、青山倫子ちゃん、やっぱり、キレイでカワイイ。 オープニングから哀しいよぉ〜。 メインテーマが哀しさを倍増させるよねぇ〜。 そんな感じで始まった今回です、サブタイトルに「哀」の文字が抜けたんですけど、今週はもう、涙涙・・・ 最初にね、「キレイでカワイイ」って書きましたし、これまでに「クールビューティ」って書いてきましたけど、「クールさ」がだんだん薄くなってきて、それが「おりん」の人間らしさ・人らしさから来てるんですよねぇ。 また、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/23 22:13
水戸黄門「銘酒を守った頑固者(宮島)」(2006/11/20放送)
頑固者が三人寄れば・・・先に「キレたモン勝ち」? 頑固なご老公が「頑固さ」発揮せず、なだめ役に回ってました、面白ぃ〜 しかしまぁ、「水戸黄門」で長門浩之さん、必ずと言っていいほど、「頑固者」ですねぇ。 いつもならここで、ご老公と「意地の張り合い」なんですけど今回は、ご老公の前に光晃公(寺田農さん)が先に「頑固」満載でっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/20 22:48
功名が辻「土佐二十万石」(2006/11/19放送)
「功名が辻」も、いよいよラストに入ってきました。 「功名」、ねぇ〜。 一豊は昔から「功名」を求めてましたし、その結果、最後の最後で「土佐二十万石」を手に入れました。 でも、「功名を手に入れるまで」と「手に入れてから」は、また違うんですよねぇ〜。 それは、戦国の世に限らず、今のサラリーマン社会でも、あります。 「認められて、出世して」、でも、それまでに「認められた能力」と、今後の必要な能力って、必ずしも一致しないんですよねぇ〜・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/19 20:51
日曜洋画劇場特別企画 スペシャルドラマ「信長の棺」(2006/11/05放送)
マジ、面白かったぁ〜! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/11/18 23:00
慶次郎縁側日記3「ふたり」(2006/11/16放送)
いやぁ、中盤以降、泣いた泣いたぁ〜 最初の方はね、おれんもその母親も、「いやな」女に映ってたんですけど、途中からはもう、・・・涙、涙の連続でした。 終盤の「お姉ちゃん」って台詞がもう、たまりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/16 23:45
水戸黄門「お娟が挑んだ女の対決(徳山)」(2006/11/13)放送)
太閤記、録画し損ねました・・・ 来週さてさて、萩→津和野、で今週は徳山、来週は宮島。 ご老公一行、折り返してますね。 今週は、お絹の「ほのかな」恋心? 江藤潤さんが、珍しく(?)頼んない役やのうて、しっかりした殿様でした。 お話自体は、わかりやすくって単純で、楽しめましたぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/15 00:24
太閤記「美濃攻略〜墨俣築城〜竹中半兵衛との出会い」(2006/11/07放送)
小六、かっこえぇ〜! 元々ね、的場浩司君そのものがかっこええのもあって、この「太閤記」の小六は、すっごくかっこえぇです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 01:10
功名が辻「三成死すとも」(2006/11/12放送)
ラスト直前の、千代と一豊が大杯空けるシ〜ン、何とも言えず、涙が出てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/12 20:56
水戸黄門「父子結んだ石州和紙(津和野)」(2006/11/06放送)
先週のごたごたを経て、晴れて新助が一行の仲間入り、です。 今週は・・・ 長山洋子ちゃん、キレイぃ〜 綿引さん、味あるなぁ〜 それと、エンディングのあきちゃん! お絹へのツッコミ、ナイス! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/12 00:58
逃亡者おりん「哀紡ぐ女の里」(2006/11/10放送)
女、女、女〜 ~\(^o^)/~ なぁ〜んて、浮かれててはいけません (^^;) そんな女の里だったから、ってわけではなく、確実におりんは「人の心」取り戻しつつあります・・・ってか、人の心をもう、取り戻してますよね。 手鎖人だったころの、問答無用の殺しをせんようになってるもん、山賊相手でも。 せやのに・・・そんな中、里での戦いは、また殺しをせんならんかった、ちょっと泣けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/10 23:07
慶次郎縁側日記3「可愛い女」(2006/11/08放送)
十五夜の月は、明るすぎ。 何もかも見せてしまったんです。 今回のお話、こないだの「三姉妹」とは違ってまた、たまらん面白かったです。 皐月、おさき。お登世。慶次郎、佐七。晃之助。 いいなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/09 23:30
功名が辻「関ヶ原」(2006/11/05放送)
思ってたよりも面白かったですよ。 ラストの千代の喜びがぶっ飛ぶほど、「関ヶ原の合戦」、面白かった。 そういえば、三成=橋之助さん、光秀=三津五郎さんといい、歌舞伎の名俳優さんが、この「功名が辻」で、敵役になってはるのが、なんけおいら的にはウケます。 今回のおいら的クライマックスは、「六平太と一豊」ですね。 あの対峙、スンゴクよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/09 00:10
太閤記「藤吉郎…信長が愛でた最高の“道具”」(2006/10/31放送)
初回を視た感じでは、コメディっぽいですね。 楽しいですよ、この「太閤記」。 橋之助さんのね、「陽」の部分が凄く強調されてて、凄く楽しい。 「かっこいい」橋之助さんやのうて、「楽しい」橋之助さん。 勘三郎さんといい、橋之助さんといい、凄いわ。 ねね役の星野真里ちゃん、こんなに可愛かったっけ?って思いました。 「大奥」など何度か彼女、TVで視てますけど、正直「う〜ん・・・」やったんです・・・けど、今回のこの、ねね。 カワイイですよ。 あ、あと義元役・・・六平さん?あの白塗りがぁ〜? ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/05 00:04
水戸黄門「お江戸から来た凸凹家族(萩雲)」(2006/10/30放送)
今回は新レギュラー、おけらの新助のお話。 柄にもない新助の、真面目な姿に、心打たれましたね。 また、ご老公一行も、そんな新助を大事に思って、ね。 前回シリーズまでの千太もそうでしたけど、これで新助も、本格的に一行の「供」入り、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/04 00:06
逃亡者おりん「哀しみの乙女恋唄」(2006/11/03放送)
サブタイトルが「哀しみの〜」って続いてましたけど、今回は中でも一番、哀しいお話でしたよ。 おはつもかわいそうやったけど、おはつが最後に吐いた言葉は、おりんの胸に突き刺さるよねぇ〜。 ラストでおはつが茂七を大八車に積んで引いていく姿は、ちょっとたまらない哀しさがありました。 そして、おりんの「母だから」って台詞にも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/04 00:05
慶次郎縁側日記3「蜩」(2006/11/02放送)
おいら的には、大好きなパターンのお話、かな。 今回は、吉次が主役!なんでしょうけど、 おきわ・菊松夫婦、おもと・円次郎の姉弟、そして吉次・おきわの兄妹。 吉次・おきわ兄妹の回想シーンがね、かぁ〜んなり、じ〜んときた。 それと、おきわの旦那が慶次郎に言った台詞。 「兄さんに向けた刃は、みぃ〜んなおきわに返ってくるんです」 もう、いいよねぇ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/02 23:46
功名が辻「決戦へ」(2006/10/29放送)
今回の大河、今日やっと分かりました・・・ってか、気付きました。 一豊と千代の目を通した、「戦国〜徳川の世」を描いてたんですね。 学生時代に学びましたよねぇ、この時代。 「鳴かぬなら」 「殺してしまえ」・・・by信長 「鳴かせみせよ」・・・by秀吉 「鳴くまで待とう」・・・by家康 これ、誰が考えたんか知らんけど、ホントに上手く三者を描いてますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/29 20:58
逃亡者おりん「哀しみの上意討ち」(2006/10/26放送)
面白い、面白いですっ! 先週・今週と、冒頭にちょっとした特撮が組み込まれてるのも面白いんですが、なによりストーリーというか、この「逃亡者おりん」、面白いです。 先週の初回から感じてたんですが、津嘉山正種さんのナレーション、渋くてカッコイイですわぁ〜。 それから、おりんこと青山倫子ちゃん、キレイやし、色っぽいわぁ〜 今週は、タイトル通り「哀しみ」です、ホント・・・ (ToT) 最後ね、四人とも死んじゃった・・・かつては同朋、仲のよい藩士同士やったはずやのに、って思うとホント、哀しいです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/27 22:18
慶次郎縁側日記3「三姉妹」(2006/10/26放送)
「何気ない一言」って、言うた本人は覚えてへんけど、言われた方は「心に『ズシリ』」と、響くんですよねぇ〜。 なんて書きながらも、おいらも「何気ない一言」を誰かに、きっと言うてるんでしょうね〜、反省。 、とまぁ、そんなことも感じながら視た今回の「三姉妹」。(「地獄」で、劇団☆新感線版「吉原御免状」の地獄を思い出してました。) あの「吉原御免状」でも、「地獄」のシーンは、かなり好きなシーンやったんで。 もう、最初から最後まで、けっこう号泣モノのでした。 先週の予告編で、今回は「佐七が主役」っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/26 21:31
水戸黄門「母と呼ばせた大相撲(出雲)」(2006/10/23放送)
「勝ったぁ〜」 「エライっ!」 思わず、叫んでしまいましたよ。 吉野山与兵衛が勝った時。 大立ち回りの後、与兵衛よへえがお抱え力士よりもお時と一緒に子供達の面倒を見るって言ったとき! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/23 22:25
功名が辻「ガラシャの魂」(2006/10/22放送)
なかなか視応えあり、な今回でした。 が、その前に・・・ 前回同様、ちょっと不満、というか、「どう描きたいの?」的な部分が。 三成、ね。結局、この大河「功名が辻」で、どう描きたいんか、ようわからん・・・ 今週視る限りでは、家康よりも悪い、ヒールやん。 これまでの描き方と、なんかずれてへん? ま、その話はここまでとして。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/22 21:24
功名が辻「大乱の予感」(2006/10/15放送)
2つ!、です。 が、その前に・・・ 直江山城守の描き方がかんなり不満です。 ま、上杉であったり、直江山城守であったり、三成であったりのお話やないから、そんなに時間も割けないからしゃぁないのかもしれませんが・・・ あまりに、軽いというか、単純というか、思慮深さが欠けすぎというか・・・三成が、自分の所領半分まで差し出して、上杉からヘッドハンティングしようとした程の人物なんですよ、直江山城守は! もうちょっと、描いて欲しかったなぁ〜 ま、その話はここまでとして。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/22 21:23
逃亡者おりん「哀しみの母子草」(2006/10/20放送)
いやぁ、面白いよ、この「逃亡者おりん」! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 00:52
慶次郎縁側日記3「空蝉」(2006/10/19放送)
おいら男なんで、お登世の女心よりも、刈谷って男の気持ちに同情しながら視てました。 刈谷って男、ね。最初は「嫌な奴」って感じやったんですけど、お話が進むにつれて、なぁ〜んか、ね。 「いい奴」では無いんですけど、でも「分かる」って感じ(ま、独身者のおいらには娘を思う気持ちまでは分かりませんが)。 娘が父を心配した嘘の占いをしたのに、それを告げずに真実を告げたところ。 お登世の前で、思ってることを口走ったところ。 なぁ〜んか、すっごく、気持ち的に分かる部分、共感できる部分があったんです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/19 21:39
水戸黄門「美人壺振り恋の償い(鳥取)」(2006/10/16放送)
終わり方、なんかちょっと悲しいぃ〜 (ToT) 「徳さん」こと徳兵衛の見事な「啖呵」、そしてご老公の、放蕩息子直太郎に対する見事なお裁きまではよかったんですけど、最後のわかれはもう、なんともいえない、切なさ・・・ 似合いますねぇ、こういう役。 池上希実子さん。「水戸黄門」では初めて視るような気がします。 時代劇ではいつも、ええ感じの役がおおいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/16 21:55
慶次郎縁側日記3「峠」(2006/10/12放送)
シリーズ3作目、「慶次郎縁側日記」が戻ってきました。 去年放送時後、原作の文庫化されてる分を全部読みました。 このTV版「慶次郎縁側日記」は、原作そのままではなく、原作を上手く使ってオリジナルに仕上げてますね。 前回シリーズでの最終回(これ・・・非情に残念ながら、視逃したんですけど)、辰吉親分とおぶんの結婚もそう。 今回のシリーズ3作目の今回第一話もそう。 前回のシリーズで、常蔵が死んだことでね、ドラマ的に一つ区切りができてしまってるんですけど、なんか新しい予感がしましたよ。 それと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/15 20:54
水戸黄門「夫婦の絆は河内節(天橋立)」(2006/10/09放送)
秋の特番続きで、久しぶりの「水戸黄門」、新キャラ登場です。 「おけらの新助」?今回視る限りでは、「ぶら下がりの新助」 (^o^) 八兵衛、千太に続いて、のキャラクターですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/13 00:09
功名が辻「三成暗殺」(2006/10/08放送)
面白いなぁ、面白くなってきてます。 小中学校、高校で学ばない、歴史がここにありますね。 有名な三成の、家康の元への駆け込み。 三成の考えるところ・・・豊臣への「義」。 家康の考えるところ・・・徳川の天下。 どっちが正しいのか? 日本人的にはね、「義」って考えてしまいがちですよね。 ま、そんなことも含めて、家康が「狸」って呼ばれてしまうんでしょうけど。 でもね、元々下克上、戦国の時代、豊臣=秀吉も、織田を排除してるんですから。 家康が狸なら、ある意味三成は「豊臣の威を借る狐」かな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/11 23:04
ちいさこべ「明日への夢」(2006/10/05放送)
ちょっとおゆうがかわいそうなんですけど、でも、一応まぁ〜るく収まった、ってとこですかね (*^_^*) 短いシリーズでしたけど、時代劇特有の殺伐としたモノがなく、ほのぼのとした、心和まされる、いいお話でした、この「ちいさこべ」。 うん、めでたし、めでたし、ですねっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/11 00:33
功名が辻「秀吉死す」(2006/10/01放送)
6月頭に信長が逝き、今また秀吉が逝き、いよいよ徳川の世、徳川三百年の世が目の前です。 家康が見たあの朝日が象徴的でしたっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/01 21:26
ちいさこべ「絆」(2006/09/28放送)
鶴〜 ~\(ToT)/~ 途中でね、鶴が「母上〜」って泣いたでしょ。 たまりませんでした、あんな小さいのに、強がって生きてたんですねっ! それに比べて父親は・・・っとも思ったんですけど、茂次と会った時の態度に成っとく、もう、納得過ぎるほど納得。 「覚悟」、ね。 もう、どうにもこうにも、最近凹みがちなおいらにとって、なんとも言えず、・・・ね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/29 23:22
水戸黄門から・・・さようなら、山野辺兵庫
今日、このタイトルでの記事、ってことで、勘のいいひとなら、なんのことか分かりますよね。 水戸黄門、旅立ちや旅の終わり、西山荘で一行に困らされたり、待ってたり、の「山野辺兵庫」・・・を演じてらっしゃった、丹波哲郎さんが、ご他界なされました。 ご冥福をお祈り申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/25 23:07
功名が辻「関白切腹」(2006/09/24放送)
凛々しい! 今週は、今回の大河「功名が辻」の中で、一番面白かったです。 この先どんなお話が続くか分かりませんが、今回が一番面白いって言えそうな、そんな気がします。 正直ね、最初の方は緊迫感があり、盛り上がりもあったんですけど、でもそんな理由やないんです。 ・・・キーワードは「凛々しい笑顔」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/25 23:03
御家人斬九郎
「今さら、なんで?」かもしれませんが、「御家人斬九郎」です。 おいらの一番好きだった時代劇です。 (もう、数年前に終わってしまいましたが・・・ 今でも最終回は、感動 ~\(ToT)/~ です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/22 23:53
ちいさこべ「願い事」(2006/09/21放送)
今週は、子供達が大活躍でしたっ! 鶴を迎え入れるとき、火事場での消火活動。 それ以外にもね、七夕短冊の願い事のシーンとか。 もう、ほんまに、観てるだけで、癒される、そんな「ちいさこべ」ですね。 茂次、りつ、ゆう、みぃ〜んな、いい、いいよねぇ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/21 23:46
水戸黄門「御老公の悪党志願!(小浜)」(2006/09/18放送)
今回は、シリーズに一度はある、爺の悪い虫。 ご老公自分で言うてましたけど、「茶番」。 もう、ほんとに芝居が好きです。 「観る」んやなく、「演る」方を。 ほんとに、もぅ〜 ^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/21 00:04
功名が辻「太閤対関白」(2006/09/17放送)
「魔界転生」を観た直後やからでしょうか? 成宮寛貴君、悲劇のヒーローが似合いますねぇ〜。 今回の秀次しかり、「魔界転生」の天草四郎しかり、おいらが初めてドラマで視た「西遊記」のニワトリ修周しかり。 彼、いいね、いいっすよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/18 23:09
ちいさこべ「大吉」(2006/09/14放送)
先週から始まった、この「ちいさこべ」。 和みますねぇ〜。視ていて、すごくいい気分、いい心地になります。 じ〜んわり、暖かいですよねぇ〜。 出演者も、平泉成さん、益岡徹さんといった、時代劇でも「ホントいい人」達。 (平泉成さんは、おいらの中ではやっぱり、十年近く前の北大路欣也さんが内蔵助を演じた「忠臣蔵」での大工の棟梁。益岡徹さんは、「御家人斬九郎」。) そして、主役始めとした中心となってるのが、小澤征悦さん、上原多香子ちゃん、奥菜恵ちゃんといった若手。 時代劇にも、若い風。 なんか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/14 21:33
水戸黄門「助っ人アキの越後獅子(福井)」(2006/09/11放送)
助さんは、「女」だけでなく、「男」にもモテるんですね (^^;) 「芸能」って、やっぱり、いいね。 しかも、興行、八文ですよっ!江戸で蕎麦が十六文やのに、八文で見せ物みれるやなんて。 今週は、クライマックスの「殺陣」。面白かったですよ。 いつもやったら、その回によって使い分けられるBGMが連続で使われてたし、芸人が悪い奴らを「芸」でこらしめたりもしてたし。 その芸人の用心棒になったご老公一行。 「用心棒」ですよ、ご老公。「歴代最強」のご老公にはぴったり、かも。 そして、なにより今週... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/12 21:10
功名が辻「豊臣の子」(2006/09/10放送)
豊臣政権・・・というか、秀吉政権末期に入ってきました。 鶴松の死、秀吉が髻を切って・・・ところでこの、「髻を切る」シーン、同じ司馬遼太郎さんの「梟の城」の映画でもあったのを思い出しました。 たしか、あの時は、真っ先に家康が続いたか、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 21:45
新・桃太郎(2006/09/05放送)
「この人は大事な預かりモンだ。『惚れた男から預かったんだ』」カァ〜ッ、たまらん!お葉、カッコエェ〜! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/07 23:59
水戸黄門「狙われた百万石の婚礼(金沢)」(2006/09/04放送)
涙ボロボロ〜、でしたぁ〜 ~\(ToT)/~ 母娘の別れのいきさつと再会。 もう、ね! ほんと、これだけで十分ですよ〜〜〜〜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/06 22:35
功名が辻「北条攻め」(2006/09/03放送)
いやぁ、勘違いしてました。 鶴松は「おひろいさま」やなかったんですね。 このへんに、おいらの記憶のええ加減さが出てますわ。 次の子こそが「おひろいさま」、秀頼なんですね。 秀頼は誰の子になるんでしょうかぁ〜? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/04 23:00
功名が辻「聚楽第行幸」(2006/08/27放送)
「聚楽第」、「じゅらくてい」?「じゅらくだい?」 おいらのパソコンでは「じゅらくてい」は変換されません、「じゅらくだい」なら変換されました。 ま、そんな話しはさておき・・・ 先週の捨て子、「ひろい(拾う)」って名付け。 でまた、秀吉・茶々に子が生まれるってタイミング、面白いです・・・(たしか、秀頼ですよね、「おひろいさま」は。) ま、秀吉政権、次代を巡ってのターニングポイントですよね、秀頼が生まれたことは。 茶々=淀殿。ま、おいらの中では、日本史上三大悪女の一人なんですけど、永作ちゃ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/02 21:44
水戸黄門「美人女医は暴れん坊(富山)」(2006/08/21放送)
綾先生の「悲しい恋」。 切ないですなぁ〜、ホント、切ないって、こういうことを言うんですね。 「かなわぬ恋」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/29 00:12
功名が辻「母の遺言」(2006/08/20放送)
いやぁ・・・ 泣かされますよぉ〜、おいら的には。 一豊・康豊「兄弟」。 二人に絡んだ母法秀尼の遺言。 さらに法秀尼は、千代にとってはね、姑=義理の母でもあり、育ての母の一人でもあり、ある意味、ホントの「母親」でしたから。 そしてラスト、この先どうなるのか、おいらも全く知らないんですが、捨て子があって。 もう、泣かずには、涙無しでは視られなかったですわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/22 23:48
功名が辻「家康の花嫁」(2006/08/13放送)
今週は見所満載、感想満載ですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/21 22:06
新・桃太郎(2006/08/13放送)
「天魔不動剣に映りし貴様の姿・・・鬼に、見えたりっ!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/16 21:48
水戸黄門「塩の道は絶体絶命!(糸魚川)」(2006/08/14放送)
今週はね、おいらが視始めた「水戸黄門」の中でも、面白さでは五本の指に入るんちゃうかな、って位、面白かったよぉ〜! 台詞的にもね、いつもの立ち回りなんですけど、その始め、ご隠居。 ともゑ「お代官、このとこは命に代えても、御公儀に知らせます。」 格さん「ともゑさん、御公儀に知らせる必要はありませんよ。」 助さん「御公儀のご意見番は、ここに居られる。」 ご老公「助さん、格さん。『思う存分』やりなさい!』」 って・・・「思う存分」ですよ。「懲らしめてやりなさい」やないんですよ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/15 21:14
新・桃太郎(2006/08/08放送)
「この世に、くだらぬ正義など、ござりませぬ」 今週は、金さんこと、金太郎さんの名台詞。 いい台詞です。 で、その台詞のために、命を賭けた金太郎。 その台詞は、桃太郎と仲直りするためやったんですよ、もぅ〜、たまりませんっ! 今宵の桃さんの剣は、ひと味違いましたよぉ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/12 21:36
水戸黄門「手抜き普請の悪退治(善光寺)」(2006/08/07放送)
今週は、松五郎・おつる・亀吉の親子関係に泣かされましたね。 一度は離縁した夫婦、でも、息子亀吉を中心に・・・子は鎹(かすがい)、です。 松五郎の蛍雪次郎さんがよかったぁ〜。 クライマックスの立ち回り後、ご老公、怒ってましたねぇ〜。 代官に「あやまりなさい」って、かんなり厳しく言うてたもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/09 21:25
功名が辻「この世の悲しみ」(2006/08/06放送)
今回のね、サブタイトル「この世の悲しみ」。 今回始まって序盤の時点で、「え、まさか、そんな悲しいお話はイヤやでぇ〜」って思ってたのに・・・(ToT) この悲しさ・辛さは酷すぎます、 もう、ただただ (ToT)、言葉が見つかりません〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/09 00:22
新・桃太郎(2006/08/01放送)
「母上、斬り捨てたのは皆・・・人の姿をした”鬼”でございます。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/02 21:37
水戸黄門「母子遭わせた達磨さま(高崎)」(2006/07/31放送)
おぃおぃおぃ〜 (ToT) 最初っから最後まで、涙の止まらんお話でしたよぉ〜 (ToT) まずはお千代ちゃん、おっ母さんを探して、探し当てた時のために、旅籠のお客さんから貰った心付けを貯めてるなんて、泣かせるやないですか〜 (ToT) 一件落着の時は、なさぬ仲の倅、喜太郎が「おっ母さん」、ここも (ToT) 高崎藩御殿医のお見立てで、胃の腑のしこりが命に関わるものではないと判明、よかったぁ〜、悲しい結末にはならずに〜 (ToT) で、お千代とおさき、母子の名乗りができて、 (ToT) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/31 21:27
功名が辻「一城の主」(2006/07/30放送)
すっごい、ターニングポイントでしたね、今回。 一見、久しぶりの「女達の話」でしたが、その中身はもう、今後の布石ありありで。 女たちの話の前に、一豊の弟、康豊。その康豊と法秀尼様の再会シーンは、たまらず涙でしたわぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/30 21:29
「水戸黄門「加賀百万石への旅立ち(水戸・日光)」(2006/07/24放送)」について
「水戸黄門「加賀百万石への旅立ち(水戸・日光)」(2006/07/24放送)」について サイキ様(ゲド様)の記事に、トラックバックしてみました。 なにせ、トラックバックの仕方がようわからん (?_?)ので、ちゃんとでけたかどうか・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/30 08:41
功名が辻「家康恐るべし」(2006/07/23放送)
やったぁ〜!一豊が、長浜城の主になりましたぁ〜! おめでとう、一豊っ! 千代だけでなく、視ているおいらも、おめでとうって思いましたよ。 ラストで泣かされましたもん! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/26 20:43
新・桃太郎(2006/07/25放送)
「桃から生まれた桃太郎。天に代わって、 鬼退治 に参上!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/25 21:18
水戸黄門「加賀百万石への旅立ち(水戸・日光)」(2006/07/24放送)
今日から水戸黄門、新シリーズ(第36部)の開始です。 が、スッカリ忘れてました。あらかじめ、ビデオ予約してたからよかったぁ〜。 第一話らしく、ゲスト夜叉王丸も出てきましたね。 オープニング視た後、「どのシーンでとうじょうするんやろ?」って、もう、定番、期待させてくれるキャラクターになってます。 北斗の桔梗は今回出てくるのかな?ゲストとしてなら、なかなかいいので、出てきて欲しいな。 さて。で、この新しい旅立ち。いつものように、理由があるわけでなく、むりから理由を作っての旅立ち。 更に!... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/07/24 23:39
功名が辻「出世脱落」(2006/07/16放送)
一豊の出世脱落。サラリーマンの一面を見るようでしたわ。 なかなか、厳しい〜。 秀吉は「試してる」と言うてましたが、果たしてどこまで本音か・・・いやいや、本音やと思うんですけど、どこまでその「正常な」神経が続くのやら。 これからの楽しみの一つです。 そういった点で、柄本明さんは、怪優ですな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/19 23:56
名奉行!大化越前(2006/07/18放送)
最終回。 長門裕之さん、上手いなぁ〜。 時代劇ではよくね、頑固親父で登場されますけど(ご老公とぶつかることもありましたよね)、今回もそう。 でまた、視てて「憎たらしい」んですよ。 ここまで視てる人に「憎たらしい」と思わせるのは、ほんと、凄いですわ。 そんな憎たらしい役でも、最後のお白州しーんでは、「ホロリ」とさせるんやからもう、ただただ素晴らしい〜の連呼ですっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 21:34
名奉行!大化越前(2006/07/11放送)
お話は面白かったんですけど、設定が気になりすぎて、ちょっとのめり込めませんでした。 息子新五郎が、数え十三才にしては、体格・言動ともにしっかりしすぎてるよ。 あれが、数え十五・六か、もっと幼い役者ならよかったんやけど。 それに、巽の政五郎の上方訛りが・・・正直ダメ。時代劇に限らず、関西弁・大阪弁って、難しいんやね。 言葉はできても、イントネーションまではなかなかでけへんみたい。 そやって考えると、関西出身の役者さんは貴重ですよね・・・なんか今週は、話が横道にそれてしまってますが。 の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/17 22:05
名奉行!大化越前(2006/07/04放送)
今週は、季節的にはちょっと早いかなぁ〜、幽霊もの。 お白州が、越前の遊び心と言いますか、なんと言いますかまぁ、芝居がかってました。 水戸のご老公同様、ある意味困った人、です (^^;) そのお白州の前、笹倉様。なかなかええ味出してましたね。 毅然とした態度と、本音を上手く織り交ぜて、見事な北町の追い払い振り。 でまた、お白州に戻りますが、裁きがついた後の、お京に対する越前、目に涙・・・! う〜ん、いい、いいですよぉ〜。 最後、エンディングの「おもしろいじゃありませんか」って橋爪さん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 22:49
功名が辻「落城の母娘」(2006/07/09放送)
吉兵衛・たきの死、お市の死。 最初と最後で泣かされましたよ。 先週分、最後が視れなかったんですけど、結局吉兵衛は死んでしまったんですね。 で、吉兵衛の死を受けて屋敷を下がったたきも。 う〜ん、悲しすぎました。 そして、お市様。信長の気性の激しさ同様のモノを持ってたけど、最後は一人の女として、勝家とこの世を去ったんですけど、信長の最期に居合わせた濃と同じ、やっぱり、織田の一族なんやなぁ、と、なんとなく思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/11 21:57
功名が辻「功名の旗」(2006/07/02放送)
再放送を録ってたんですが・・・放送が15分遅れで始まったんで、最後15分が録画できてへんかったぁ・・・ いよいよ「功名が辻」の戦に赴くところやったのに。 とはいえ、先週からの続き、「吉兵衛の恋」、とりあえず、吉兵衛がたきの元を訪れて、去るシーン。 いやぁ、面白かった。 何が面白かったって、画面に向かって「吉兵衛、言うことあるやろっ」て、ツッコんでたもん、おいら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/11 21:01
功名が辻「吉兵衛の恋」(2006/06/25放送)
今週、粟根さんが出てましたね。短い時間やったけど。 3週間空きました。久しぶりの「功名が辻」。 そうそう、信長没して、勝家vs秀吉になりつつあるところでした。 そんな中今週、市が勝家に嫁ぎ、勝家の居城に入り、勝家に「秀吉に負けてはなりませぬ」的な事を言うてたとき、長女茶々が一瞬抜かれたんですね。 こういう細かい作り、いやぁ〜、たまりません。 これだけ秀吉を嫌っていたお市なのに・・・ そして、やっぱり信長と同じ血を引く業でしょうか、淀も於江与の方様も、かなりきつい性格で後の世に出てきま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/10 23:18
名奉行!大化越前(2006/06/20放送)
橋本さとしさん、出てましたね。小悪人役で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/30 21:45
名奉行!大化越前(2006/06/13放送)
もう、涙々でした。 佐竹宗次郎。ねぇ〜。ほんと、いい男ですよ。 友を何より大切に思い、そして恋した女に何より大切に思い。 もう、友と恋した女をかばってかばって、かばい続けた宗次郎〜。 そんな宗次郎はね、うすうす感づいていた友の悪行を知ってしまい、あのお白州で、自分が裁きを受ける以上に辛かったんやろうなぁ。 そんな宗次郎をね、 「あきれるほど愚かな男だが、そこまで思われてるそなたは、天下一の幸せ者ではないか」 と言った越前。 お白州最後で、その越前の言葉で、宗次郎も救われたんではな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/14 22:06
功名が辻「本能寺」(2006/06/11放送)
今日は録画でなく、そのまんま視ました。 なんといっても「本能寺」ですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/11 20:59
功名が辻「光秀転落」(2006/06/04放送)
今週は正直、よく分からなかったですわ。 ・・・というか、この大河「功名が辻」での信長・光秀の描き方がよく分からないのです。 千代・一豊を中心としたお話は凄く好きなんですけど、こと「信長」「光秀」となると、正直、作り手が伝えたいことがわかりません。 でも、来週の「本能寺」を視れば、分かるのかも! 来週、いよいよ、戦国一番の大事件、五百年経った現代にも語り継がれる大事件、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/05 21:15
功名が辻「開運の馬」(2006/05/28放送)
名俊を巡っての、そんでもって、不破の叔父・叔母の「遺産」に絡んでの千代と一豊のやりとり。 なんか、ほのぼのとして、微笑ましいし (*^_^*) で、それを垣間見たお濃がね、安土の城に戻っていくのが、なんかもう、たまらんです。 来週・来々週に向けての、ほんの束の間の「ホッ」とする瞬間です。 エンディングのアナウンサーが言ってました、もうみんな知ってる、戦国最大の事件、「本能寺」は、もう目の前です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/30 22:50
功名が辻「迷うが人」(2006/05/21放送)
今週(と言うても1週遅れですけど)は、 「長澤まさみちゃん」と「信長」です! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/29 22:46
柳生十兵衛七番勝負 島原の乱「武士(もののふ)の剣」(2006/05/25放送)
最終回、内容は1時間と思えへんほど、濃縮、視応えたっぷりでした。 巨悪圓城寺に四郎が殺され、その圓城寺は十兵衛に討たれ、この死で片が付く・・・と思いきや・・・っ! 「いと」が「四郎」の生まれ変わりとなって「切支丹」を導き・・・ 「又右衛門」が、全ての牢人を「武士」として戦に赴き・・・ ・・・ 結果、三万七千人の切支丹・牢人が、島原の乱で死んでいってしまい・・・ ほんっと、ほんとに、悲しい話ですよ。 それに、悲しく辛かったのは十兵衛。結局、三万七千人の「命」を救うことはできなかったか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/25 21:59
柳生十兵衛七番勝負 島原の乱「誠の剣」(2006/05/18放送)
十兵衛が負けました! 四郎には、勝てませんでした。 四郎に勝てば、また違う「救いの道」もあったんでしょうけど、四郎が選んだ「救いの道」には、勝てなかった・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/20 21:28
功名が辻「天魔信長」(2006/05/14放送)
玉(ガラシャ)が細川家に嫁ぎ、村重が謀叛を起こし、安土の城が完成し、そして遂に半兵衛が力尽き・・・ 先週から引き続き、時代が動いてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/16 21:04
功名が辻「秀吉謀叛」(2006/05/07放送)
ゴールデンウィーク、野球最優先で視てたんで、2週遅れです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/15 22:03

トップへ | みんなの「時代劇」ブログ

ヤスオウの独り言 時代劇のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる